FC2ブログ

幸せの色

日曜は、朝から公園に野鳥を見に行きました。
今年は、鴨類も少ないみたいですね。

どんな理由があるのかはわからないし、それを悲しむ理由もないんですが、まぁ寂しいですよね(^^ゞ

アオジやシメ、シロハラなど、普段なら、見つけてもカメラを向けたりしないような鳥さえ見当たりません。

いつも通りに見かけるのは、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラなど。
そしてこの子たち。

0115_uma1.jpg

カワラヒワは、黄色い羽根と、ピルルルと少し哀しげな鳴き声が特徴的な鳥なんですが、夏も冬も見かけるんで、あんましありがたみがないんですよね(^^ゞ

群れでいるので、見つけやすいしね。

でもこの日は、いきなりルリに遭遇しました!!

よく見かける場所へさしかかったとき、何かが羽ばたくのが見えたんです。
雲が多くて色がはっきりわからず、目をこらした途端、飛んだ!!

慌てて旦那に声をかけます。

「おった、おった!!」
って(笑)

二人でルリが飛んだ方に走り、キョロキョロすると、また鳥が飛びます。

無言でカメラを構える私たち夫婦。

私はなかなかピントが合わず苦戦しましたが、旦那はバッチリ撮影してましたよ(#^.^#)
0115_uma2.jpg
暗かったんで、ちと不鮮明なのが残念。

ほんとにね。
ルリビタキという鳥は、色が綺麗な上に、顔つきも可愛いんです。
脇の黄色も鮮やかで。

非の打ちどころがありません。

ルリを見たら、幸せな気持ちになるんですよね~(#^.^#)

でも他にはこれといって野鳥を見つけられず、とりあえず公園を後にしました。
そして、都祁へ。

前回、畑へお邪魔した際、
「ここんとこ、写真撮ってないわ~」
とおっしゃってたんで、プリントアウトして持っていったんです。

喜んでいただけてよかった(#^.^#)

その上、
「大根持って帰る?」
と、思いがけない申し出をしていただきました~!!

いや、だって、今年の大根はもう終わりだと思ってたし。

「でも、大根はもうないんじゃ?」
と聞いたら、
「保存したぁんねん」
とのこと。

畑へ行ってみると、もみがらの山が見つかりました。
その下には黒い布。

「布、めくってみ?」
と言われてめくってみると、大根の頭が!!!

冬場は地面が凍てつくので、畑の大根も凍ってしまいます。
そうなると味も変わるってことで、一旦抜いたあと保存するんですって。

1メートルぐらいの深さに穴を掘り、そこに大根を置きます。
上から軽く土をかけ、保温のために布ともみがらをかけておく。
カラスがほじくらないよう、その上に竹などを乗せる。

こうすると地面が冷え過ぎず、長期間大根を保存できるんだそうです。

勉強になりました!!

畑にあった大根も2本、
「もうあかんかもしらへんけど」
と言いつつ抜いてくださいました。

合計5本。
これは誰にも分けず、私たち夫婦で食べきってしまいます(笑)

だって本当においしいんですもん。
甘くてみずみずしくて。
都祁大根を食べてしまったら、他の大根食べられません(^^ゞ

うちの近所には商店街があり、八百屋があります。
そこでは地元で採れた野菜を扱っており、安くて新鮮。

巷では、野菜高騰と言うてますが、八百屋はさほどではありません。
おとといは、キャベツ二玉150円、白菜一玉120円で購入してきたし。

私が不思議でしょうがないのは、この八百屋から徒歩30秒のスーパーで、キャベツや白菜を買うひとたち。
だって、キャベツ一玉200円もするんですよ?
白菜なんか300円。

八百屋の倍以上じゃないですか!!
多分、鮮度も落ちると思うし。

なぜ??

ほんま、不思議です。

とはいえ、わが家の野菜在庫は充全です。
しばらく健康的な食卓が期待できますよ(#^.^#)

が、しばらく私は取材で家を空ける日が増えます。
ブログも支離滅裂になるかもしれませんが、そこは流してやってくださいませ。

さ、行ってきま~す!!

憧れを見つけに

おとといの晩でしたか。
「昆陽池公園に行ってみぃへんか?」
と旦那に言われ、
「何がおんの~?」
と調べてみた私。

そしたらねっ!!
何がいる公園だと思いますぅ???

ななな、なんと!!!

ミッミッミィ~のミコアイサがいるっていうじゃあ、ありませんか!!!!!!

「もし熱が40度あっても行く!」
ということで、朝から出掛けてきました。

兵庫や大阪の公園は、入場は無料ですが、駐車場代がかかるんですよね。
一時間200円、以降30分ごとに100円。
粘るつもりなら、ちょっとした出費になります。

そんなもんで、自然と速足になるワタクシたち夫婦。

でもね~……。
池についた途端、やっぱり足は止まりました。

初めて見る鴨がいっぱいいたんですもん。

これはキンクロハジロの雄。
0108_koya5.jpg

金色の目に白と黒の羽根。
なんともゴージャスな鳥ですが、目つき悪っ(笑)!!!

口角がキュッと上がっているので笑っているように見えるんですが……。
0108_koya8.jpg
絶対悪役ですよね、この子(^^ゞ

人懐こくて可愛いんだけどねぇ。

0108_koya1.jpg
オナガガモとヒドリガモの夫婦。

……じゃないですよね、多分(笑)

カラスの行水。
0108_koya2.jpg

乙女のようなゆりかもめ。
0108_koya4.jpg
純白の体に灰色のカチューシャ、朱色のくちばし。

ゆりかもめって、本当~に綺麗な鳥だと思います(#^.^#)

そして珍しいコクガン。
0108_koya3.jpg
この鳥は、怪我をしてここで保護され、そのままいついたようですね。

そしてそしてそして。
ミコアイサの雌にはいきなり遭遇しました。
0108_koya7.jpg

結構近くにいてくれたんで嬉しい(#^.^#)

0108_koya6.jpg
雄と雌。

この雄の周囲に、雌が三羽いるように見えましたが、ミコアイサもカモ科ですから、一夫一婦だと思う。
とすると、一羽はエクリプスだったのかもしれません。

距離があったんで、小さいですが……。

それでも美しい(#^.^#)

ミコアイサ、ほんとに綺麗だわぁ。

この後彼らの一群はどんどん遠くへ行ってしまったので、公園を後に。
それからいちもくさんに帰ってきました。

早く写真を確認したくて(笑)

ということで、この冬中に、また何度かこの公園へ出掛けると思いま~す!!
近くで見れたらいいなぁ。

全国規模らしい

今年、公園でウォッチャーさんと話をすると、皆さん異口同音に、
「冬鳥が少ない」
とおっしゃいます。

確かに、シメをまったくみません。
ツグミはようやく一羽みたけれど。
シロハラさえ、ほとんど見かけないという状況。

この公園だけのことかと思って「冬鳥が少ない」で検索してみたら、全国的に少ないみたい。

何があったんでしょうね?
鳥のことですから、影響するとしたら気流だと思うのだけれど……。

んなわけで、昨日撮影できたのは、ピンボケのエナガとピンボケのカワラヒワ。
そして、ピンボケのメジロ(笑)

前者二種は被写体が遠かったのでピンボケ。
後者は暗かったのでのピンボケ。
理由は違えどやっぱりピンボケ(笑)

でも、メジロは可愛いんで、とりあえず載せておきますね。
0107_uma1.jpg

なんとかブレてないのもあるんだけど、二羽が寄りそってないんだよね~(^^ゞ
0107_uma2.jpg

アオサギが餌に喰いついた瞬間。
0107_uma4.jpg

ほんと、これぐらいです。
申し訳ないので、こういうのでも。
0107_uma3.jpg

うわっ!!
可愛いや~ん(#^.^#)

アップ。
0107_uma5.jpg

やっぱり世界一可愛いと思う(笑)

ってことで今日は、初めての公園に行ってきます。
珍しい鳥がみれたらいいな~……。

さぶい日の公園

早朝……とは言えませんが、朝8時を周った頃に電話が鳴りました。

正直、今のわが家では、イレギュラーな時間の電話ってのは、ちと怖い(^^ゞ
しかも、電話に出ると、母でして。

「正月早々、暗い話はナシにしてね」
と思いつつ、話を聞いていたわけですが。

内容は、
「るみこさん(義妹)、無事出産したってさ~!」

なんや。
正月早々めでたいやん(笑)

祖母の調子が悪く……ったって年が年だけにしょうがないんですが……な~んとなく重苦しい雰囲気が続く実家ですが、義妹の出産にともない、弟一家が身を寄せます。
さらに忙しくなるのは間違いないにせよ、兄二人も、周囲の空気を読んで、気を使える程度に大きくなりました。
少なくとも暗い雰囲気は吹き飛ばしてくれるだろうな、と。

まぁ、私もなるべく手伝いに顔をだそうかと思います。

さて、
「お見舞いは15時過ぎるまで受け付けてないみたいやで」
と言われたので、まずは公園に向かいます。

今年、馴染みのジョウ君はどうやら公園には入っていない様子。
でも、自然のやることをいちいち悲しがることもできません。
他の場所へ移動したのなら、そこでみんなに愛されてくれと思うばかり。

とりあえず、どんな野鳥が入っているのか確認するつもりでいたわけですが……。

あのね。
あんな風吹いてたら、鳥だって出てくる気なくしますよ(>_<)
さぶい。

「ゴォオオオオオ!!」
とか言うてるし(T_T)

ヤマガラたちが大好きなエゴの樹にも、気配なし。
ビンズイたちも遊んでな~い。
それどころか、猫もいてまへ~~~~~~~~~ん。

ジョウ雌スポットに行ってみましたが、シーン。

とほほほほ(^^ゞ

とはいえ、カワアイサが入っていると聞いていたので、探してみたら、これは見付かりました。
0104kawaaisa_1.jpg

アイサは「秋沙」と書きますが、本来は「秋去る」で、秋が去ったら飛来するからそう呼ばれると言います。
カモ科の鳥ですが、少し体が大きく、頭が大きいのが特徴でしょうか。

ウミアイサとよく似ているといわれますが、個人的にはこっちのが断然可愛いと想う(笑)

雄だけなんですよね。
寂しくないのかな?

ルリビタキが入っているという情報があったので、去年よく見かけたスポットへ。
一周して見当たらなかったので諦め、帰ろうとすると……。

飛んだ!!
青い!!!!!!!

すぐ追いかけたんですが、ピント合わせているうちに逃げちゃいました(T_T)

でも、いることがわかって良かった。

しばらくそこで張ってたんですが、ふと気付くとまた木の枝に出てきています。

「逆光だなぁ」
と設定いじくっているうちに……。
飛んじゃいました(>_<)

もう少しねばったらまた絶対出てくると思ったんですが、なんせ寒くて(^^ゞ
この日は断念。

でも、姿を見れただけでも良かった。
新年早々縁起がいいぞ(#^.^#)

とりあえずぐるりと周ろうと言うことで、旦那と二手に分かれて移動していると、カラ類の群れに遭遇。
中でも一番可愛いのは、やっぱりエナガだと思う(#^.^#)
0104kawaaisa_3.jpg
ほんと、ピンポン玉みたいです。

パシャパシャとシャッターを押しながら、
「旦那もエナガを見たがってたから、これを見せたら口惜しがるだろうなぁ」
と思ってたんですが、横から別のシャッター音が。

……えぇ。
旦那でした。

全然違う方向に行ったはずなのに。
かぎつけやがったようです(笑)

そしてこの子。
0104kawaaisa_2.jpg

つぐみですね。

つぐみはうちの近所でも見かけますし、決して珍しい鳥ではありませんが、なんとなく好きなんです。
「孤高」という感じがしませんか?

彼らを見ると、ビートルズのblack birdが頭の中を流れます。

You were only waiting for this moment to be free
Blackbird, fly
Into the light of the dark, black night

black birdという通り、ただのつぐみじゃなく、黒つぐみなんですけどね。

そしてすべての野鳥は、この歌詞にあるような強さとたくましさを備えていると感じるのですが。

公園を後にし、義妹の見舞いに。

むっちゃ元気そう(#^.^#)
朝に出産したばかりなのに、もう立って歩いてました。

赤ちゃんの顔を見せてもらい、その足で祖母の見舞い。
偶然にも、向かいの病院なんですよ(^^ゞ

原因が加齢ですから、「よくなる」ということはありません。
でも、手術直後よりは元気になったようです。

年始からいろいろとありましたが、総じておめでたいことが多くて良かった(笑)

今日から旦那は仕事始め。
私は明日が仕事始めですが、まずは掃除です。

4日分の埃がたまってますからね~。
終わった後に、ちょっとしたカタルシスを感じるんですよ。うふふ。

さて、動き始めましょう!

晩秋

久しぶりに野鳥を見に公園へ。

が(^^ゞ

雨模様なんで、暗い。
それにまだ葉っぱが落ちてないので、鳥を見つけづらい……。

ってことで、
「声はすれども姿は見えず」
な野鳥がいっぱいでした(^^ゞ

きりぎりすほど小さくはないけれど、翼を持ってますからね、鳥は。
近くまで寄りづらい分、あるいはキリギリスより見つけづらいかもしれない。

あちらこちらで「ヒッヒッ」という声は聞くんですが、どれほど目をこらしても姿は見えません。

この時期、テリトリーを主張するために、一番高い枝にとまって盛んにさえずる鳥たちも多いんですけどね。
1105_umami1.jpg

キリリリコロロロと、ヒグラシに通じる哀しいトーンのある鳴き声。
心惹かれるさえずりなんですが、なんせカワラヒワは、どこにでもいる(^^ゞ
季節を問わず、見かける鳥なもんですから、せっかく見つけても、あんまり撮影しないんですね。
すまぬ。

この子は、そのあたりでも一番高い樹のてっぺんで盛んにさえずっていました。
なのでぼやけ気味。
改めて、すまぬ。

カワラヒワよりも、「見かけてもカメラを向けない鳥」なのが、ホオジロさんです。

どこにでもいる&年中見かける

という必要十分条件を満たしているからとういのもあるんですがね。
ホオジロの鳴き声って、すごく多彩なんですよ。

聞きなしは、「一筆啓上つかまつり候」なんですが、そんなもんじゃない。
ツィーチョチョチョチョチョ、チュルリラリー
なんてなもんでね。

節廻しもアレンジが効かされていて、
「あれ?聞いたことのない鳴き声だ!!」
って、つい思っちゃう。

んで、
「え?なんの鳥?」
と探しまわってやっと見つけ、慌ててシャッターを切る。

ワクワクしながらファインダーを見たら……。

「な~~~~~~~~んだ、ホオジロじゃん!!」
となると、なんかすごく、振り回された気分になっちゃうんですよね~(^^ゞ

別にホオジロはそんなつもりないと思うんだけどね。
すまぬ。

公園をぐるりと一周しましたが、冬の訪れを予感させる鳥たちと顔を合わせることはできませんでした。
鳴き声は聞こえたんだけどなぁ。

ただ、エゴの樹にはたくさんのヤマガラがいて、
「大好物の季節♪」
とばかりに飛び回ってました。
1105_umami2.jpg

もうちょっと明るければいいんだけど(^^ゞ
私たちが車に戻った途端雨が降ってきましたから、運が良かったと思わなくちゃね(笑)

でもそろそろ冬鳥のシーズン。
遠出が減り、近場の公園に足を運ぶ日々が近づいて参りました(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -