スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が来る

昨日あたりから、積極的に暑くなってきましたね(笑)
今年は7月の最初に
「うげ、すげ~猛暑?」
と思わせる暑さがあった後、かなり過ごしやすぅございました。

しかし、昨日は暑かった。
かなりダレましたでございますよ。

午後3時ごろからずっとゴロゴロして過ごしてしまいました。
アヅイ。

夏生まれは暑さに強いっていうのは迷信ですかねぇ(^^ゞ
確かに夏バテはしづらいかと思うし、熱中症にもなりづらいようには思いますが……。
そろそろだるくなってまいりましたよ~ん、うぉ~ん。

さて。
昨日、別のブログの方で、「女性は清楚な方が良い」というコメントをいただいて、ふと考え込んでしまいました。

「清楚ってなんぞや?」
ってことですね。

検索してみたら、WIKIが真っ先にあがってきました。
お疲れさん。

で、説明を見ると、
「清楚」(せいそ)とは、清らかですっきりとしたさまを指す。 外見上は控えめで清潔感がある容貌に、謙虚なふるまいをし、慎ましい美しい身のこなしの保守的な女性を表すことが多い。

つまり、控え目で保守的ってことですかね。
つまり、私みたいな人間は、女性としてはあかんと否定されてるわけね(^^ゞ
ケンカ売っとんのかというところですが、多分深い意味はなく、自分の嗜好を書かれたんでしょう(笑)

話しの流れ的に、「性的に純潔」という意味のようですしね。

もちろん、「性的な純潔」と言う意味で、言葉通りに「女性『は』清楚な方が良い」というのなら、前時代的な差別野郎だなというところですが、これもまた言葉の綾というやつで、「男性も女性も清楚な方が良い」→「自分は清楚(純潔)だ」→「だから女性にもそれを望む」ということなのだろうと勝手に納得。
相手にだけ求めて、自分は好き勝手やりたいというタイプの方ではないので、多分そうなんでしょう。たぶんね(笑)

ぶっちゃけますと、私自身も、「清楚な女性」はとても好きです。
友達になるのは、どっちかというと柄の悪いタイプが多いですが……。
鑑賞する……っていったら言葉は悪いな、う~ん……
「見ていると、心が洗われるな」
と言うのは清楚なタイプです。

でも、本当に清楚な人って、そうそういないですよね。

私は女子高出身ですが……一応「お嬢様が多い」と言われていた学校です。
お金持ちが多いというわけじゃなく、校風でしょう。
とはいえ、私みたいなんも通ってましたから、全員ってわけではないですよ。
でも、
「うわ、この人は本当に清楚なお嬢様(親が金持ちだとか、家が芦屋にあるとかじゃなく)だ」
と、目をハートにしてしまう子が、クラスに一人ぐらいの割合でいたように思います。

高一のときは、タミちゃんがいたでしょ~。
高二のときは、コウさんでしょう~。
高三のときは、ちずこかな?

うん。クラスに一人はいました。

私が何をもって清楚と感じたかと言いますと、
「心が綺麗だな~」
ってことですか。

彼女たちは一様に、ごくごく自然に、利己より利他を選びとってました。
ほんと、ものすごく自然に、当たり前のように、ニコニコしながら。
そしてそれを喧伝することは決してなく、万事控え目に、そして自分が引き受けた仕事は頭が下がるぐらい熱心に、一生懸命こなしてました。

当然、男性にもモテたと思います。
彼女たちは偶然か必然か、可愛らしい容姿をしてましたが、それは造りがどうだこうだというのではなく、笑顔がすごい可愛かったんですよね。

そういうのを「清楚」と私は呼びたい。


が。
「清楚な女の子がいい」
と言ってた男子が、好みの相手を見つけて結婚した後、さんざグチっているのは、いやんなるほど耳にしたってのも現実でございます。

私はだいたいずっと、「女」とは見られてませんでした。
ということはつまり、女性からは「競争相手にはならない人」とみられ、男からは「話しを聞いてもらうのに抵抗はなく、かつもしかしたら女としての意見も聞けるかも」という都合の良い相手になるわけで。

恋愛相談を、これまたいやというほど聞かされたんですよね~。
当時は「け、めんどくせ~」と思ってましたが、男子の悩みを聞くときは、お酒をおごってもらえたりしたんで、ラッキー。
それに、10年以上経った今では、ネタにできてさらにラッキーです。

で、「清楚な女性」と結婚した男から聞いたグチは大きく分けて二つありました。

一つは、
「結婚してみたら、本当に何もできない人だった」
というパターン。

そしてもう一つは、
「結婚した途端、態度が変った」
というパターンでした。

前者の場合、彼女は「本当に清楚」というのではなく、「結果的に清楚でいるしかなかった」というパターンなんでしょうね。
特に得意なこともなく、話題もなく、できることがないから黙っているしかないので黙っていたら、男性からは清楚に見えたという。
こういう女性は、クラスに2~3人ほどの割合でおられたように思います。

でもね。
こういう人と結婚してグチる男って贅沢だと思う。

教えりゃいいじゃん。
彼女たちはだいたい素直で真面目でしたから。
教えたらきっと、すごく一生懸命勉強しようとすると思う。

それをグチるたぁ、あんたに教えるものがないからでしょと言いたい。
つまり、あんたも奥さんの男版なんじゃん(そして実際、そういうグチを言う男性は、特に誇れる特技もなく、仕事もイマイチだった(笑))。
まずあんたの方からいろいろ学べって話しですよね。

多分、こういう女性と結婚して、
「うちのやつ、何もできないから、俺の言うことをすごく一生懸命やってくれて可愛いんだよ」
と惚気る男性もおられると思います。
あんたは偉い!

ということで、
「教えればええやん」
と答えるわけですが、大概、
「それぐらいは自分で調べてやって欲しい」
とかなんとか、前向きに解決する気のない答えが返ってくるんで、
「結局似たもの夫婦なんやんか(笑)」
なんてことを言ってしまい、
「おまえは優しくない」
だの、
「わかってない」
だの罵倒されるんですよね~(^^ゞ

なんて答えれば満足されるんでしょ?

で、後者のパターン。
「結婚した途端、妻の態度が変った」
という場合ですが、これはもう間違いなく、奥さんは清楚なフリをしてたんでしょう。

清楚が男にウケるということは、女性の多くが知っていますからね。

「結婚したい」
と思う女性が、清楚を装うのは当たり前っちゃぁ当たり前かなと思います。

就職活動でもそうですよね。
「面接ではこう答えろ」みたいな本を読んで対策するんでしょ?
同じじゃん。

だから、「清楚だと思ってたのに、結婚してみたら結構意志のはっきりしたタイプだった」とか言うのは、いいんじゃないかな。
っていうか、そういうのは交際中に気づくと思うから、結婚してからびっくりってことはないと思う。
自分がそうだからって言うわけじゃないですが、意志がはっきりしてる女性の方が、付き合いやすいと思うよ?

問題は、「清楚だと思って結婚したら、性格悪かった」という場合(笑)

こういう女性は、所謂「裏表がある」っていうタイプでしょう。
彼女を良く知っている女友達に評判を聞いてみたらわかると思う。

「あの子、男性の前と、女ばっかりの場所では全然態度違うよ?」

と教えてくれること間違いなし(笑)

女に一番嫌われるタイプですからね~。

結婚してからも、男性……つまり夫の前で清楚で優しくニコニコしてくれてたらいいんですけどね。

「男性の前」「女性の前」は、「よく思われたい人の前」「別によく思ってもらわなくても良い人の前」と言い変えられます。

そして残念ながら、「釣った魚」であることろの夫は、結婚すると「別によく思ってもらわなくても良い人」になっちゃうんですね(^^ゞ

かくして、
「結婚前は、大人しくて優しくて、控え目だったはずの女性」
が、
「結婚した途端、稼ぎが悪いと文句を言うわ、ヒステリーを起こすわ、無駄遣いするわで大変な奥さん」
に変ってしまうというわけですね。

別に不思議でもなんでもない流れだと思う。
結婚前に気づかなかったあんがた悪い。

つぅか……、多分、あなたに良い女友達がいたとしたら、
「あの子、男の子の前と女の子だけの場所では全然態度違うよ?」
と耳打ちしてくれてたはず。

それを無視したなら自業自得だし、良い女友達がいないとしても、多分あんたが悪い(笑)


だいたいね。

「清楚」ってのは、人間的魅力を計る基準にはならんと思うんですね~。
最初に揚げた、「本当に清楚な女の子」ならば、「清楚」というより、「心が綺麗」という印象の方が強いやん?

二番目の「何もできないから清楚」というのは、「何もできない人と一緒に育っていくのが楽しいんだ」という、素敵な男性以外には、「魅力的ではない」と思うんですよね。

ましてや、最後の「清楚を装う裏表女」は、再度言いますが、女性に一番嫌われるタイプです。
魅力的な女性とは思えません。


というわけで。
「清楚な女性が好き」
とか言う男性は、あんまりものごとを深く考えないか、勘違いしてるかで、正直言いまして魅力的な男性ではないように思います。

大体そういうことを言う男性って、自分に自信がない人が多いしね(^^ゞ
よくよく聞いてみると、「清楚」=「自分を傷つけない」っていう意味だったりして……。

もちろん、夫婦だって、なんでも言って良いとは思ってませんよ。
相手を傷つけないように言葉を選んだり、表現を考えたりするのは当然。
「頭が良い」「機転がきく」「自立してる」女性の方がしっかり対策してくれると思います。

そしてまた、男性側も相手の女性に表現に困ることを言わせないよう、迷惑をかけないように気をつけるでしょ?
その逆もまたしかりですが、そういう当然の気づかいをしてたら、そうそう奥さんも旦那が傷つくことを言わないだろうと思うんですよね。

だから、「自分を傷つけない女性が良い」という人は、思いっきり自信がないか、自分は相手がキツイことを言いたくなるような行動をしておいて、相手にはキツイことを言われたくないという自分勝手な男ってことですよ。しょ~もな。
でも、大人しくて何も言えない人は、何も言えない分心の中に溜まってますから、爆発すると怖いでっせ(^^ゞ

とはいえ、ナイナイの岡村君なんかはおもっきしこのタイプだけど魅力的だから、絶対魅力がないともいい切りはしませんけどね。

でも、大概、「女は清楚な人がいい」と口にするのは、つきあいって楽しそうな男性ではなかったです(^^ゞ


さて。
「夏が来る」
という歌があります。

その中に、
「選ばれるのは結局 何にもできないお嬢様」
ってのがあり、「何かできるチャキチャキした女性」はここらへんを苦々しく思ってたりすることも多いようですが……。

「何もできないお嬢様」を選ぶのは、先ほど揚げた「一緒に育っていくのが楽しい」っていう素敵な男性の場合もありますが、これはゴクゴク少数だと思われます。

ほとんどが、女友達がいないか、見る目がないか、「何もできないお坊っちゃま(お金持ちという意味ではなく、世間知らずの仕事ができない男という意味で)」ではないかな~と考える所存。

だから、「何もできないお嬢様」を選ぶ男と結婚しても楽しいわけないって~!
ドンマイドンマイ!!!

……と言いたいのでございます。

ま、熱くならんとさ(笑)
「何もできないお嬢様」よりも「自分の意見がはっきり主張できる女性」を好きな男性を探しましょう!
最近、いろいろとお友達が増えてみると、そういう男性も、思いのほかたくさんいることがわかってきました。

未来は明るいね!!
多分ね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。