スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育

今日は写真が多いので、ご覚悟を(笑)

一部ではありますが、「飼育」を罪だと考える人たちがおられます。

「やはり野に置け」
とはいえ、「野」って何なのだろうと思うのです。

いつも言いますが、人間だって自然の一部。
人間という、意識と理性をもった動物がこの世に生まれ出たのが自然の意思ならば、人間が、人間なりに、人間の力でこの世の中を、「より良いもの」にしようとあがくこともまた、予定の範囲内ではないのかな、と。

うちのあほ鳥は、オーストラリアでは、広い空を飛んでいました。
オーストラリアでは最速の鳥だとか。
でも彼は、我が家に来たときは飛べない状態でした。
羽根が生えそろった今は、充分に飛べますが、狭い部屋の中をバタバタするだけ。
広い空を知りません。

が、私は彼を不幸にしているとも思ってません。
私の肩の上でピョンピョンダンスを踊っているアホは、楽しそうに見えますから。
誰かを心から信頼し、愛されることを当然と信じているチュリーは、自然にいたら持つことのできなかった宝物を持っていると思うのです。

さて、昨日は天王寺動物園へ。
まず目に入ったのはこれでした↓↓↓
0706suzume_3.jpg

スズメガの幼虫が、スズメに捕まるとは、シャレになりませんよね???
しかし、一目で「スズメガのイモムシ」だとわかってしまう自分がちょっと悲しい(^^ゞ

0706suzume_1.jpg
地面に何度か打ちつけて、弱らせているようです。

0706suzume_2.jpg
雛に与えるんでしょうが、飲み込めるのかなぁ(^^ゞ

さて、その後やってきたのは、いつもの通り。

ゴーゴは楽しそうに泳いでました。

0706gogo_20.jpg
ラッコじゃないよ、シロクマだよ?

0706gogo_19.jpg
左から見ても、男前。

0706gogo_18.jpg
右から見ても、男前。

0706gogo_17.jpg
片足を大きく上げて~♪

0706gogo_14.jpg
カメラ目線!

……とのびのびと泳いでいるところに、姉さん女房登場。
0706gogo_13.jpg

あれ?
バフィンしゃん、プールに来るつもりかな?
0706gogo_11.jpg

そうよ~、私もプールで遊ぶわよ~~~~~。
0706gogo_12.jpg

……仲よく遊べればいいんですけどね(^^ゞ
0706gogo_10.jpg
びびったゴーゴはプールの隅に退却(笑)

でも、バフィンちゃんは、ゴーゴを見つけます。
0706gogo_9.jpg
あら、そこにいたのね?

0706gogo_8.jpg
ジャ~ンプ!!

で、ゴーゴがどうしたかと言いますとですね、こうです↓↓↓
0706gogo_7.jpg
「ひゃ~~~~っ!!」

0706gogo_6.jpg
ここまで来たら、もう追いかけてこないかな??

……なんか情けないぞ、ゴーゴ。

そしてバフィンちゃんは。
0706gogo_4.jpg
「いじめようと思ってたわけじゃないのに、ゴーゴ逃げちゃった」

心なしか寂しそうですね(^^ゞ

写真の通り、ゴーゴは背泳ぎが専門ですが、バフィンちゃんは、犬かきが好きなよう。
0706gogo_5.jpg
美人熊ですね?

昨日はだいたいずっとこんな感じ。
二頭が遊ぶシーンは見られませんでしたが、嫌いあってるというようにも見えません。
ただ、いろいろタイミングが悪いのかな~って。

男と女は難しい(>_<)

さて、先週の土曜日から、おやつタイムが再開されたようです。

が、バフィンちゃんが来る前、ゴーゴがスタンバイしていた「良い場所」には、姉さん女房のバフィンちゃんが踏ん張ってます。
0706gogo_2.jpg
先週の金曜日(木曜日だったかも)に入れ替えたばかりの水は、もう深い緑色。
おやつの鯉がどこを泳いでいるか、さっぱり見えません。

何度かプールに飛びこんだバフィンちゃんですが、鯉を見つけることはできない様子。

一方、上の方でもじもじしているゴーゴ(笑)
0706gogo_3.jpg

なかなかプールに近寄れずにいましたが、一度だけ、勇気を出して、プールに飛びこんでましたよ。
でも、
0706gogo_1.jpg
「おやつ、いたぁ?」
「ん~~ん、見付からない」

野性動物の眼をもってしても、この水の中の魚を見つけるのは至難の業みたいです。

この日、私と一緒に、ず~っとホッキョクグマの前にへばりついていた女性がおられました。
聞いてみると、「くろしお写真blog」というブログを運営されてるとか。

一週間に2~3度、天王寺動物園に来ておられるみたいで、さすがに情報通。
いろいろ教えていただいたんですが、どうやらバフィンちゃんは、ゴーゴを突き落とす「クセ」がついちゃってるみたい。
んなわけで、ゴーゴはバフィンちゃんを警戒中。

……うまくいきませんねぇ(^^ゞ

いろいろお話しを聞きながら、二頭を観察していたのですが、16時より少しだけ早い時間に、雨が降り出しました。
天気予報では、夜から大雨になるとのこと。
そうなる前に帰らねば……ということで、この後二頭がどうなったかはわからないんですが、あのまま鯉の逃げ切り勝ちになってそうな感じですね(笑)


スズメの場合、野生の状態なら、寿命は3年ほどだと言います。
でも、飼育下にいれば、10年ぐらい生きることも。

犬だってそう。
オオカミの寿命はわかりませんが、飼育犬のように15年前後元気でいることはなかろうと思います。

でもそれは、自然の中に天敵がいるからのこと。

北極において、食物連鎖の頂点にいるホッキョクグマにとって、人間に飼育されることが幸せなのかどうかはわかりません。

でもね……。
道具を使って餌をとること。
道具に道具を組み合わせて遊ぶことなどから、
ゴーゴは、普通のホッキョクグマより知能が高いと考えられています。

知能の高さゆえか、感情表現が豊かで、表情もイキイキしているんですよ。

そんなゴーゴにとって、人間とのふれあいは決して悪いものじゃないような気がするんですが……。
人間の勝手な考え方でしょうか(^^ゞ?

でも、また近いうちにゴーゴに会いに行こうと思います!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨日はお疲れ様でした

こんにちは。早々にブログにコメント入れて下さって有難うございました。
それに文中にブログのリンクまで貼って下さって。有難うございますm(_ _)m

私はこの2年半は天王寺以外行ってないので、今はそれぞれの個体や状態を知ったりと色々勉強出来ればと思って通ってます。
スタッフさん方にもあちこちで質問してしまうので迷惑な入園者ですf(^^;) でもスタッフの皆さんすごく優しい方ばかりなのでいっぱい教わってます。
ゴーゴとバフィンの関係は私は同居してからしばらくは行けてなかった為最初の様子は分かりませんが、やはり5月初めにゴーゴがケガをしてしまったことで今はちょっとバフィンに警戒はしてると思います。
でも私は昨日16時まで観てましたが、寝室に入る時間が近づくと若干立場が変わったように思えました。ゴーゴがバフィンの方に行くとバフィンが逃げたので。クマは寝室に入る時はオスが先っていうのがあるみたいなのでそれでかもしれませんが。
私もまだまだ2頭になってからの行動は勉強不足なので今後もっと観察していけたらと思ってます。
でも私の場合あらゆる場所でへばりつきますので、のりちゃんさんと同じ日に行っていてもゴーゴだけに会いに行かれてたらお会い出来ないかもしれません。ゴーゴを観ないで帰る時も結構あるので。でもまたお会い出来た時はどうぞよろしくお願いします。

ありがとうございます

それでは、ゴーゴとバフィンの力関係はある程度流動的だと考えていいんでしょうか?

私は、ゴーゴとバフィンの顔合わせの頃から何度か観に行っていますが、最初のうちは二頭並んで寝ていたり、割合と接近していたんです。
それが怪我の後は、かなりな距離感(^^ゞ

来年の春には二頭の関係が変ってればいいんですけどね(^^ゞ

私はいつもだいたいゴーゴの前に2~3時間ほどへばりついていて、ときどきは鳥の楽園、ゾウ、ライオン、とうろうろするぐらいですから、情報が偏っていますが、また顔を合わせる機会があれば、いろいろ教えてくださいm(__)m
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。