スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避暑を考えてます

基本的にクーラーはつけないんですが、夜はさすがにクーラーなしでは眠れなくなってきました。
蒸し暑いってばさ!!

オーストラリア原産のあほ鳥は暑さに強いらしく、ケロリとしていますが、もうけっこういい年になってるあほ犬の暑さ対策を考えねばなぁ……と。

心臓に持病があるあほ犬の場合、暑さより寒さの方が心配でもありますが、去年購入したトンネル型ベッドはかなり具合が良いらしく、冬の間はその中で充足しきった表情で過ごしてましたです。

6月の初めごろから、ベッドの中では暑いらしい感じがしてきたので、玄関に段ボールを敷きました。
腹も弱いんですよね~、食い意地が張りまくってるくせに(^^ゞ
ちょっとお腹を冷やすとすぐ下痢をするんで、段ボールの中に断熱シートを挟み、床に敷いてます。
んでもってその上にお気に入りの毛布を敷いておくと、嬉しそうにその上で寝てますよ。

ただ、ときどき白目剥いて寝てるのが怖いけど(^^ゞ

暑いんでしょうね……。

ただ、夜はいつ観に行ってもベッドの中にいたりします。
寒いんだろうか?
それとも、単純にベッドがすごく気に入ってるってことか?

そろそろベッドをはずそうかと思ってたんですが、びーこ本人が気に入っている様子なので、どうしようかなぁ……。

で、昨日の昼のことです。
びーこのいる玄関は一階にありますが(そりゃそうだろ)、私の作業部屋は二階。
古い家ですからね~~~~~~。
断熱材なんか使われておりません。

ということはつまり、日中はどんどん温度が上がるってこと。

おとといはバテ気味でしたが、昨日はなぜか平気だった。
なんでだろ?

とはいえ、買い物から帰ってきたらあせだくになってましたけどね。
シャワーを浴びて、Tシャツを水洗いして、そのまま着る……というのが私の真夏の避暑方法なんですけども、昨日はまだ、乾くのに1時間ぐらいかかりました。

真夏になると20分ほどで乾くんですよ、あぁこわい。

で、やるべき作業を終えたので、アイスノン敷きつめた上に寝転んで、漫画読み返してました。
「伊賀野かば丸」

暑くて漫画ぐらいしか読みたくな~~~い……っていう気分もあったんですが、実はちょっと気になってたことがあって。

いや、この漫画、読んだことがある人ならご存知でしょうが、キャンディーズをパロッてるんですよ。

ヒロインのおばあさんであり、伝統ある学園の校長(教養のある美人)が、蘭ばあちゃん。
そして、彼女の乳兄弟で、安食堂の女主人が、スーばあちゃん。
二人の友人でバレリーナ(オシャレで美人)が、ミキさん。

で、スーばあちゃんは、ガラっぱちで、お顔の方も、「骸骨に目をはめ込んだような」と表現されるようなお方なんですよね。

なぜこういう配役だったのかは知りませんが(^^ゞ

亡くなった田中好子さんはこれを知ってたのだろうか?
知ってはったとしたらどう思ってはったんだろうか(^^ゞ

もちろん、スーばあちゃんもとっても良い人で(三の線だけど)、シャレっ気のわかる人なら目くじらたてたりしないだろうし、少なくとも報道されている田中好子さんの人柄は、そんなことに怒ったりなさらなさそうですが。

でも……。
「なんで私がこの人なの?」
ぐらいは思ってはったんじゃなかろうか。

モノマネタレントさんは、自分がモノマネする対象の方に対して、前もってあいさつしに行くこともあれば、逃げ回ってることもある……と聞きます。

嘉門達男は、「替え歌メドレー」を出すとき、元歌の歌手と、また歌の中に登場する有名人に、お許しを得たと言うてはりましたね。

でも、結構ひどい歌詞だったよねぇ、あれ(^^ゞ

「誰も知らない素顔の八代亜紀」(元歌は、井上陽水の『リバーサイドホテル)
をOKした、八代亜紀さんは、多分、良い人なんだと思います(笑)

面白かったのが、「チャコの海岸物語」の替え歌についてのエピソード。
これはむちゃくちゃ面白かったので、脱線するけども、ちょっと書いておこ。

「海岸で若い二人が恋をする物語」

ってのが元の歌詞です。

嘉門達男はこれをいじくって、

「海パンの中井貴一が腰を振る物語」

と歌ってるんですけども、これはなかなか秀逸だと思う。

イメージしちゃうもんね。
んでもって、笑っちゃうもんね。

中井貴一と言えば、真面目そうで清潔感のある俳優さんですが、この当時、DCカードでコミカルな演技をしてはったんですよね。
だから余計におかしかった。

が。
この歌詞について、了承をとるため連絡をしたところ、

「えぇっと、なんで海パンを履いて腰を振るんですか?」
と不思議がられ、
「いや、イメージです、雰囲気です」
と説明するも、
「でも、腰を振るのに海パンを履く必要はないような……」
と、納得してもらうのにすごい時間がかかったって話しでした。

なんか想像しちゃいません(^^ゞ?

……と、話を戻しますが、伊賀野かば丸の作者は、キャンデイーズの面々に了承を得てるのかなぁ……と思ったのでした。
でも読み返したら、ものすごく愛情のある描かれ方をしてたから、別にいいのかなぁ?
そこらへん、よくわかりません。

で、漫画を物置から出すとき、冷風扇も出してきました。
あほ犬がものすごい格好で寝てたんで、少しでも冷やしてやろうかなと思って。

動物を飼っている人はご存知でしょうが、人間のように、体中に汗腺がある動物って、あんまりいません。
犬は汗をかきませんから、ただの扇風機では全然涼しくないはずです。

もちろん、床に水を撒いてから扇風機をあてれば、帰化熱でその一体が涼しくなるとは思うけどさ。
玄関に段ボールを敷いている今、水を撒くわけにゃぁ参りません。

でも、冷風扇なら、問題をすべてクリアしてくれます。
冷風扇ってのは、器械の中に水を入れ、帰化熱を利用して、涼しい空気を送りだしてくれる扇風機のことですから。

ということで、
「だっら~」
とした格好で寝ているあほ犬に向けて、冷風扇起動!

私は二階で漫画を読んでたんですけども、途中で咽喉が渇いて階下に降りていったら、あほ犬、風のあたらないところに移動してました(^^ゞ
寒すぎたのか?

今朝もあんまり気温が下がりませんでしたが、あほはベッドの中で寝てましたし……。

年も年だから冷やさない方がいいのかなぁ?

体温調節が難しいなぁと思うのでありました。
う~~~む。

んでもって私ももういい年ですしねぇ。
熱中症対策はちゃんとせんといけませんわ~。

あぁ、あづ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。