スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデア

日本酒についてPRしたい!
……という友人と共に、いろいろと考えてはおりますが、まだまだ大規模なことはできません。

でも、地道に、地道に仲間は増えてきておりますのよ。

昨日は、USTREAMを使って、日本酒の豆知識を発信。
そして味見。
その上実験。

んなことをやってきました。

録画する予定だったんですが、録れてなかったみたいで(^^ゞ
次回の配信から、ブログにも貼りつけていきますね。

昨日の「情報」は、「モト」についてです。

このブログでは何度か書いてますが、酒母を作る手法を、「モト」と言い、大きく分けると、「生モト系」と、「菩提モト系」がある……と私は思ってます。

生モト系には、山廃モト、そして速醸モトがあります。

山廃とは、生モトから「山卸」の作業を廃止したもの。
そして、速醸は、山廃モトの「自然の乳酸菌を待つ」という作業を廃止し、人工の乳酸菌を人工的につけるもの。
当然、一番早くできあがります。

そんな中、菩提モトだけは、まったく違う行程で作られるんですよ。
つまり、麹菌の代わりに生米を使うという。
かなり面白い手法です。

ちなみに、菩提モトの「菩提」は、「菩提山正暦寺」からきています。

そう。
ご想像の通り、この「菩提山正暦寺」で編み出されたモト作りなんですよね~これが。

こんな話をするってことは、味見をするのは、菩提モトで作られたお酒だってわかるでしょ?
その通り。

でも昨日は一本だけじゃなく、二本味見しました。

それは、「実験」のためなんですね。


お酒が好きな人以外は、多分あまりご存知ないと思いますが、日本酒の中には、「爆発酒」と呼ばれるものがあります。
うっかり開栓すると、マジでエライことになりますよ。

ほとんど噴水状態。

うちの爆発酒は、天井を汚しましたもん。

なぜ爆発するかというと、その答えは、
「だって、アルコール発酵とはそういうもんだもん」
としか言いようがない(笑)

アルコール発酵というのは、酵母菌の作用により、糖をアルコールと二酸化炭素に分解することを言います。

つまり、アルコールが発生するということは、二酸化炭素も同時に発生せざるを得ないってことなんです。

普通のお酒は、アルコール発酵を止めるため、65度前後のお湯をかけて酵母菌を殺す、もしくは動きを止めます。
だから爆発しませんよね。
このお湯をかける作業を「火入れ」って言います。

また、火入れをしていない生酒でも、清酒は爆発しません。
清酒にももちろん糖分はありますが、爆発するほどの二酸化炭素を発生させるほどは残ってない。
生酒を飲んだとき、プチパチとはじける感覚があるものもあると思います。
あれは、残糖を酵母菌が分解し、二酸化炭素が生まれてるんですね。
うまいっ!!!

ということで、生のにごりは爆発する可能性が大なんですわ。

じわじわと開けていかねば、ほんま、惨状になります。
開栓に30分かかるのは当然。
下手すると1時間かかるんですよね。

そこで、秘密兵器が登場したわけです。
発明されたのは、大阪のアイデアマンですが、特に特許をとるつもりはないとのこと。

そこで私たちのお仲間さんが、そのアイデアをお借りし、自らのアイデアをも盛り込んで、試作機を2つ作ってくれました。

そもそもの原理は簡単なんです。

基本的に、爆発するのは仕方がないと考えます。
吹きだしたお酒を、器の中に誘導できればいいわけですよ、単純に。

原理は、ホースのついた管の先をとがらせた装置。
それだけです。

この装置のホースを器にツッコミ、管を酒びんの蓋に打ち込めば、お酒はホースを伝って器の中に。

簡単でしょ?

でも細かいことはいろいろ工夫が必要になってきます。
それによって完成度をあげたいわけですよね。

そこで実験をしてみようと。

酒屋さんが、爆発酒を二本、一升瓶と四合瓶にして提供してくれはりました。

……こうやって、いろんな人が協力してくれるようになってきたんですよね。
これが嬉しい。

「UST中継やるから見てね~」
と言えば、見てくれる人がいるのも嬉しい。
昨日は常時6~7人ほどの方が見てくださっていたような。

「たった?」
と言われるかもしれませんが……。
一回目は6~7人でも、内容が興味深ければ視聴者は増えるでしょう。
そういう地道なことを今までもやってきたんですよ(笑)

で、実験結果ですが、一升瓶では大成功でした。
ただ、四合瓶の蓋は薄すぎて、丸く穴が開かなかったんですよね。
そうすると、管と穴の隙間からお酒が吹きだしてしまうことになります。

と言っても、テーブル布巾一枚で処理できるほどこぼれただけで、大半は器の中に入ってくれましたが……。

ということで、実験した価値もあり。

少しずつではありますが、私たちの「日本酒をPRしたい」という思いは形になりつつあるのかな、と。
日本酒の魅力をもっと知ってもらえたらいいな。
でもそのおかげで私たちの飲む分が減ったらやだな(笑)

そんなことを思いつつ、頑張ります。
今日は花を見に行ってきま~す♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。