スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人智

私は自分の理屈っぽさについて、小さなころからある種の劣等感を持っておりました。
理論だてて考えられるのはいいんだけど、感情を表現するとき、邪魔になるんですよね。
悲しい場面で素直に泣けない。

忘れもしない、あれは20代前半のころ。
私は、ひどく傷つくことがあって、胸をチクチクさせながら、夜の電車に乗っておりました。

そういうときって不思議なもんで、自分を傷つけた言葉を頭の中で反芻したりしません?

私はそのとき、何度もその言葉を思い出し、胸をキクキク傷ませながら、何気なく窓ガラスを見たんですよ。
夜ですから、当然私が映ってます。

で、気づいたんですよね。
「あれ?私なんか気持良さそうな表情してる」
って。

結局あれですよ。
傷ついて胸が痛むのを、私は楽しんでたわけですよ。
ドMか?????

「結局さぁ、人ってのは悲しい思いをも楽しんじゃってるんじゃないのかねぇ?」
などと考え出すと、傷ついたとか悲しいとか切ないとかそういう思いはどっかへ吹っ飛びまして、その後ずっと、人間の心理の不思議なんてことに思いを馳せてしまいました。

みずみずしき乙女としては失格すよ、んなもん。

子どものころからこういうことが何度かあって、そういう自分を、
「取り扱いやすい」
とも思っていましたが、
「感情が鈍いんじゃないか?」
と思うと、ちょっとした劣等感。

そんなわけで、私が好んでつきあう人の多くが、「理性より感情」なタイプのような気がします。
っていうか、ぶっちゃけ言えば、「あぁこの人は心がすごく綺麗だな」と思う人ですね。

例えば、私は電車の中で席を譲るとき、
「この人は私より疲れているみたいだ。この人が座る方が理にかなうな」
と考えて、席を譲ります。

が、彼らはそうじゃない。
「あ、変らなきゃ」
と反射的に席を立ってるようなタイプです。

……この説明でわかるかな(^^ゞ

あまり意識しないでも、当然のように、当然のことをできる人。

理屈っぽくても、考えた末に、当然のことをできれば問題ないと思うんですけどね(^^ゞ
ただ、「これはこうするべきなのか?」とか考えてる自分のケツの穴が、むちゃくちゃ小さいように感じちゃうんですよね~。
やだやだ。

でも、時には理屈っぽい話をしたいこともあるので、私と同じ、理屈タイプの友人もやっぱりいます。
そして彼らと一緒のときは、思う存分理屈っぽい話をするわけですよ(笑)

高校時代からの友人がその代表。
酒を飲みながら、
「多産で頑健なゴッキーが神格化されないのはなぜか?また神格化させるためにはどうプロデュースすればいいか」
という話題で盛り上がり、喧嘩腰にまでなってしまったりするのが彼女です。

ま、これはこれで楽しいんですよ、私たちにはね(笑)

先日、暗峠を一緒に越えたのが彼女でした。
ってぇわけで、途中歩きながら、やっぱり理屈っぽい話になるわけです。

そのとき私たちは、「動物の不思議」について話していました。
どう考えても恩返しに来たとしか思えない猫の話とか。
そんな話をしながら、理屈っぽい話になるんだから、なんともかんとも食えないでしょ(笑)

「霊感とかスピリチュアルとかそういう安っぽい言葉は嫌いだけど、でも人類の叡智を越えたものはあると思う」
「だいたい『人智』なんてたかが知れてるわな。それを越えるもんなんて山ほどあるっちゅの」
「人間の智恵なんて、自然の摂理のほんの一部……どころちゃうわな」
「例えばさ、UFOって言葉もバカバカしくない?」
「未確認……てなぁ(笑)人間に確認できへんもんなんか、山ほどあるやろっちゅうな」
「あとさ、確認するまでは飛行機もUFOやよな」
「あ、それ、旦那もよく言うわ(^^ゞ」

……と、論点ははてしなくズレていくわけですが(笑)

でもわかってるんですよ、何もこんな、地べたをはいずるような議論がしたいわけじゃないんです。
本当は、もっと飛翔力をもって、この世にある愛やら恵みやらに溢れた不思議について話をしたいんです。

が、理屈が邪魔をする……(>_<)

ということで、ここからが本題です(←ほんまにほんまに前置き長っ!!!)

もちろん、うちのあほ鳥も、あほ犬も、時に人間の想像力を越えた行動をしますし、それが可愛いわけですが。

私が今話題にしたいのが、いもちゃんなんですよね。
いもむしいもちゃん。
黒い皮を脱いで、終齢幼虫になったのが、5月27日のことでした。

ネットなんかを見てると、だいたいそれから1週間で蛹になっています。

が、うちのイモちゃんまだその気配すらなし。

だいたい、あまり食べないんですよ。
一日、山椒にして2~3枚。
あぁ、山椒の小さな葉っぱじゃないですよ。
一房っつぅか、いわゆる「山椒の葉っぱ」のひと固まりにして、2~3枚。

蛹化する前の幼虫にしては小食だなと思うんです。

我が家には山椒がありますが、まだ苗状態なので、こればっかりやってたらハゲになります。
近所で柚子の葉っぱをもらってきてやっておりました。

葉っぱつぅか枝ですね。
枝をもらって、脱脂綿に水を含ませたものに突き刺し、アルミホイルで脱脂綿を包んでおく。
これで、3~4日はもちます。

が。

もはや初夏。
「新芽」というべき葉っぱはもうあまりなく。
かなり硬くなってきております。

……それが気に入らんのかなぁ?

最初のうちは結構食べてたんですけどね。
だんだん食が進まなくなってきた。

「古くなってきたかな?」
と、取り替えたんですが、あんまり食べないんですよね。

それで山椒を入れてみたら、スローペースながら食べつくしました。
でも、前述の通り、山椒の枝はまだそれほどありません。
あんまりあげるとハゲます。

食べるのを確認したので、また柚子の枝を入れてみました。

が、食わん。
じっと観察してると、ときおりかじるんですが、あんまり食が進まない様子。
3口ぐらいかじって……。



「はぁああああああああああああ……」



いや、嘘じゃありません。
ほんまにため息ついたんですってば。

イモむしイモちゃんが、大きなため息をついたんですって。

ええええええ?
と思って聞いてみると、キンカンを育ててるおうちがあるとのこと。
見せていただくとまだ葉っぱが柔らかい。

慌てて持って帰り、ケースに入れてあげると、早速わしゃわしゃ食べ始めましたとも。

今朝見ると、葉っぱ1.5枚がなくなってました。

食べてるんですよね~、ちゃんと。
時々思いだしたようにうねうねいもいも移動しまくってますから、弱ってるってこともないような。

相手はイモムシなんで、よくわかりません。
一度関わったからには、命を落とすにしても、羽化するにしても、手を離れるまで世話をしようと思うんですが。

採取するとき手でつかんだのがいけないのかなぁ?

ほんとにね。
いろいろ心配なのでした。

でも今日はイモちゃんは忘れます。

ゴーゴ君に会ってきま~す♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。