スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんたアホやろ

昨日は、歌川国芳展へ。

雨風の中だったんで、
「きっと空いてるわね」
ともくろんでましたが、これは見事にハズレ(笑)

雨なんかに負けないのね、みんな(^^ゞ

待ち合わせは11時半で、ご飯食べてすぐ博物館へ。
それで出てきたのが16時半ですよ。

4時間ぐらい絵を見てたってこと。
しかも、時間が経つのを忘れてました。


浮世絵といえば、葛飾北斎や、歌川広重が有名です。
葛飾北斎は、京都の文化博物館で開催された展覧会で初めて肉筆画を見ましたが、やっぱりむちゃくちゃ上手かった(笑)

木版を使った浮世絵の、どちらかというとのっぺりした印象は、原画を見ると覆されるだろうと思います。
でも、原画の上から板を彫るので、残ってないんですって。残念。

さて、「歌川国芳展」では、400点もの絵が展示されていたようです。
武者絵、子どもの遊び、美人画、妖怪画などなど。

でも、私が一番面白いと感じたのは、天保の改革時代の絵たち。

私は記憶力がないため、暗記科目が苦手でして(^^ゞ
歴史の授業は大嫌い。
天保の改革がどんなものだったか、まったく知りません。

が、今調べてみると、その目的は、幕府財政の再興だったのですね。
そしてその手段の一つして、
「庶民の娯楽を制限する」
というものがあった、と。

そのため、浮世絵師の描く絵にも、注文がつけられました。

美人画や、役者の絵は禁止されたというんです。

でも、浮世絵と言えば、美人画、役者の看板などを思い浮かべません?
つまりそれほど、それらの肖像画の需要が高かったってことだと思います。

それを禁止されたら、絵師の商売あがったり……とならないのが、国芳のすごいところ。

この時期に描かれた作品は、洒落っ気の詰めこまれた面白いものばかり。

例えば、東海道五十三次の宿名を、猫の仕種にかけたダジャレの絵とか。

中でも、影絵が笑えるんですよ。

影だけ見ると、海老でしか見えないんだけど、実は笹にまみれて釣りをしている男性だった……とかね。

ま、ものっそ無理はあるんですが(^^ゞ

でも、こういうアイデアは面白い。

中でも……。
残念ながら、ネット上でその絵の画像を見つけることはできませんでしたが、
「影だけ見ると魚だけど、実は……」
ってやつ。

実はなんだと思います?

これがねぇ(^^ゞ
魚の胴体と見えたもの、実は狸の千畳敷なんですよ。
狸の体は影になると、魚の尻尾に見える。

でもね、でもね、でもね。
狸の千畳敷を使っていいなら、なんの形でも作れると思いません?

だってしわを伸ばせばどんな形にもなるんだからさ。

国芳はよっぽど狸のキン……もとい、千畳敷が好きだったらしく、他にもこれを題材にした絵をいろいろ描いてるようですね。
でも、それにしても……………


あんた、アホやろ。


私はこの絵がドツボで。
笑いが止まらなくなり、息ができなくなりましたです(^^ゞ

友人によれば、私たちの後に、初々しい、いかにも「今日が初デートです♪」というカップルがいたそうで。

私が、
「き・・・キキキ、キンタマ、きんたま、金玉!!!!!」
と、キンタマ連発しながらもだえ笑うもので、それを見ていた若いカップルはものっそ微妙な雰囲気になってしもてたとか(^^ゞ

……ごめんね?
初デートをぶち壊しちゃった??

その他、福禄寿がその長い頭を使って畳叩きしてる絵とか。

アホじゃなきゃ描けない絵が満載でした(笑)


そしてもひとつ思ったのは、

「国芳ってもしかして、衆道の人?」

ってことなのでした。

私の好みの問題なのかもしれないけれど……。

入り口を入ってすぐは武者絵のコーナーでした。
心騒ぎましたねぇ。
だって、男前満載ですよ。

国芳展のサイトを見ていただいたらわかると思いますが、この時代の男前は、多分現代でも通用する。

キリリとした目に鼻筋の通った瓜実顔。
たくましい筋肉と、凛々しい唇。

釣り目好きの私にはたまらん男前が山もりなんですもの。
絵を移動するたびに、
「うっわ、むっちゃ好み!」
を連発してしまいました。

こんな男前の絵なら、飾りたいわ~~~~~~。


が。


コーナー変わって、美人画が集められた部屋は、超つまんなかった。
なんてんだろ。
確かに美人なんだと思います。

でもね、みんな同じ顔なんですよね。
構図だとか、着物の模様とかは面白いと思ったし、綺麗でした。

でも、肝心の美人の顔がねぇ……。
個性がないっつぅか、つまんないっていうか、なんていうか……。

心が籠ってない気がしちゃったのは気のせい?

三島由紀夫の小説を読んでると、女性に対する描写と、男性に対する描写の違いに笑ってしまうことがあります。
彼が同性愛者であるという先入観があるからかもしれませんが、男性を描写する筆致のイキイキしていることは!!

そして彼の描く魅力的な女性は、どこか、美輪明宏チックというか(^^ゞ
妙に骨太(笑)

まぁそれはともかく。
三島由紀夫の文章が絵になれば、歌川国芳になるような気がしたんですよ。
それで、
「あれ?この人、衆道の人なのかな?」
と。

ちゃうかしら。
今回は、春画は一切展示されてなかったんですが、性愛のシーンを描いたものを見たら、違う印象を持ったかもね。

博物館を出たら雨も激しくなってきてたんで、さっさと解散。
家に帰ってきました。

でね。

これ、絶対旦那には内緒ね。
もしバレたら離婚されちゃうかも(>_<)

だから、絶対旦那には言わないでね。

内緒よっ!!!!!!



昨日の時点で、台風2号は温帯低気圧に変わりましたが、それでもまだ風はかなり強く、ベランダに飛びそうな物を置いておくのがちょっと不安でした。

以前の記事にも書きました通り、私は今、ペットボトルで青虫を飼っております。

ちょっとずつでかくなってきて、擬目の模様などはより鮮やかに、葉っぱを食べる姿は一途で、そりゃぁ愛らしいです。
でも、ペットボトルですからね……。

いろいろなサイトを見ていると、終齢幼虫になってから5日目ぐらいに蛹になるようです。
うちの子が最期の脱皮をしたのは27日ですから、多分、6月1日ごろに蛹になるはず。

蛹になったら、中身はドロドロになるため、あまり揺らさない方がいいと説明されていたりします。
また、蛹になる2~3日前から、体の変化は起こっていると。

せっかく縁あって飼い始めた幼虫ですから、無事にチョウチョになって欲しいでしょ?

風の中に置いておくのは不安じゃないですか。

ということで、ペットボトルごと、うちの中に連れて入りました。
なんならばこのまま、チョウチョになるまで家の中に置いておこうかなとも思いました。

寝るときは蚊取りベープを使いたいので、隣の部屋にね。

で、です。
このペットボトル、真ん中を切断しただけの簡単な作りです。
キンカンの枝を入れたら、あとは上部を乗せただけ。

だから、隙間はあります。

あるけど、幼虫が、食べ物の枝から離れることはないと思い込んでました。

が。
そうときまったもんでもないようで(^^ゞ

あほ犬の散歩から帰ってきて、
「いもちゃん元気かな~?」
と覗きこんでみたら……。


いない。


「どこに隠れてるの~?」
と四方八方から探しましたが……。


いません。

えぇええええっ!?
ペットボトルから、出ちゃった?


うちの旦那は、いもむしが嫌いです。
嫌いっていうか、怖いらしい。

以前、モンシロチョウの幼虫を飼ったとき、その子を指に乗せて、
「ほらほら、可愛いよ?」
と目の前に付きだしたら、

「きゃぁああああああ!!!!!」
と乙女のような叫び声をあげてました(笑)

もし、幼虫が家の中に棲みついちゃったとしたら、旦那はどれだけ驚愕するでしょう(^^ゞ

大騒ぎの大パニック必至っすよ。

そうなってはいやだし、私は別にイモムシと同居がいやなわけじゃないけど、間違って踏んづけるようなことがあったら悲しいです。

そっとキンカンの葉っぱを触ると、ほのかな体温が(嘘です)

「まだ遠くへは行ってない!!」
ってことで立ち上がろうと椅子の背に触れたらば、
「ふにゃ」
という感触。

青虫でした。

あぁ良かった。
力いっぱい椅子の背をつかまなくてほんと~に良かった。

餌から離れた青虫は、なんとなく不安げに見えましたが、キンカンの葉っぱの上に戻すと、いそいそと葉っぱの影にはいっちゃいました。

「蛹になる場所を探しに出たのか?」
とも思ったので、割り箸を持ってきて、ペットボトルの中に。

でも、やっぱり蛹になる様子は今んとこありませんね。
今朝も普通に葉っぱ食ってます。

無事に羽化してほしいなぁ。
蜂とかに寄生されてませんように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。