スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦士と賢者

最近は減りましたが、その昔、まだ個人サイトがそれほど多くなかったころは、表サイトの「のりちゃんず」も、それなりに訪問者数がありました。

え~加減な想像やら思いつきを書き連ねた神社紹介ですが、それが他の神社紹介サイトと違う……というか、とっつきやすかったんでしょうね(^^ゞ

私と同じで古代史や神話が好きな方との知己もたくさんできましたが、なぜだか所謂、「自称霊能者」さんからのメールも結構たくさんいただきました。

ただ、幸いなことに、当初は、「霊感」でもって私を脅そうとする方はおられず、大概のメールは、
「あなたの写真のいくつかに神様が映り込んでいます」
「あなたは神様に愛されておられます」
と、肯定的な内容だったので、怖い思いをすることもなく、ただ、私にはそういう感覚がないのでそれを信じる根拠もなく、という感じで、流していました。

が。
そのうち、
「ふぇ?」
という内容のものもでてきまして(^^ゞ

つまり、
「私の前世はこんな感じだったのですが、その人物が誰だか思い当たりませんか?」
というような内容です。

多くの場合は、歴史上の有名人物であるということをほのめかす内容が含まれてました(^^ゞ
そして、自称霊能者さんらしく、その「歴史上の人物」は、卑弥呼らしきことが多かったっす。

「夢の中で私は、色の白い高貴な雰囲気の男性から、トトト……ヒメと呼ばれていました。変な名前ですから、名前ではないのかもしれませんが」
とかね(^^ゞ

ヤマトトトトビモモソヒメっすか(^^ゞ??

ただ、もしこれが本当ならば、ヤマトトトトビモモソヒメ=卑弥呼説は崩れますね。
邪馬台国の男は鯨面してたはずなんで、色白じゃあなかったでしょうし。

としたらそれは私には嬉しいニュースかも。

だってね~。
なんで、邪馬台国にそんなにこだわるんだろうと思うんですよ。

桜井あたりで巨大な屋敷跡や墳墓が見つかったと言っちゃぁ、
「邪馬台国は畿内にあったんだ!!」
って騒ぐけどさ。

なんで、邪馬台国じゃなきゃいけないの?
状況証拠から、桜井あたりに、大きな王朝があったのは間違いないじゃん。
これはもう、間違いないじゃん。
いいじゃん、それで。

なんで、三国志の中に記録されてないといけないの??????

もしかしたら桜井の王朝は強大で、中国は攻めることも友好を結ぶこともできず、それがために無視してたのかもよ?
九州より遠いから、無視しようと思ったらできたのかもしれないしさ。
その方がかっこいいじゃん!!!!!!!!!!

なんでことさらに邪馬台国にこだわるんだろ……。

確かに、桜井にあった王朝がどのようなものだったのかという興味はあります。
でも、まず「邪馬台国かどうか?」というところから論じるのはやめて欲しい。
なんか癪に障るのであります。

まぁそれはそれでいいんですが……。

「私の前世は卑弥呼」
とほのめかし、私に、
「とするとあなたの前世は卑弥呼なんじゃないですか?」
と論じさせようとするようなメールをくださった方は、片手では足りないほどおられまして(^^ゞ

もしすべてが本当ならば、卑弥呼は何人いたんだろうと思いますが、そこまではまぁいい。

その中の一人がですね。

「あなたの写真を見たとき、無意識に『トヨ……』という言葉が口に出てしまったんですが、なんなのでしょう」
と書いてこられたのが(笑)

とよ。
臺與。
つまり、卑弥呼の後継ぎでしょうか(^^ゞ

つまり私は彼女の後継ぎであると?

……やめてください(T_T)

不思議なことに、そういう霊能者の方は、私に対して、
「あなたを守れるの私だけなのよ」
というようなことをおっしゃることが結構多いんですよね。

卑弥呼と臺與の関係が、守る守られるであるかどうかというと、それはまぁ違うと思うんだけどさ。
少なくとも、臺與が卑弥呼より立場が上とは思えないよね(^^ゞ

その他、ある神社にご一緒したとき、
「あの聖域に入ったとき、どこからともなく、『そなたはあの女を守れ!』という声が聞こえたんです」
と言わはった女性もおられました(-"-)
だから、なるべく私と行動を一緒にしたいのだと言うてくれはりましたが、ある事情から私は彼女がすごくすごくすごく嫌いになったので、断りました(^^ゞ

もちょっと後の出来ごとでは、初対面の「彼女」は私を見るなり、
「お久ぶりね!」
とおっしゃいましたです(^^ゞ

その言いっぷりに私が身構えると彼女は微笑んで、
「思い出せない?いいわ、すぐに思い出すから」
と。

そして、
「近いうちに必ず私の助けが必要になるから、そのときはここに電話をして」
と携帯番号を書いてくださりましたが、そのとき、彼女のとりまきみたいな男性が、
「え?●●さんが携帯番号を人に教えるなんてっ!!すごい!のりちゃんって、すごい人!?」
と大騒ぎしはったのが、なんともかんとも……。

なんの寸劇やねんとしか、私には思えなかったのでございます。

彼女がおっしゃるには、私は「戦士」で、彼女は精神面・頭脳面で私を支える、いわば「賢者」だそうで……。
そのため、私には彼女の力が必要なんだとかでした。
まぁ、お酒が入ってましたから、そういういかにもゲームチックな話になったのかもしれませんけどね。

つまり私が言いたいのはです。

私のイメージって、ナンバー2?

……ってことです。

卑弥呼の跡を継ぐ二代目とかさ。
守ってもらわなきゃいけない人間とかさ。
賢者になれない戦士とかさっ!!!!!!!

確かに、私みたいなポンコツがリーダーをやったら大変ですよ、結構。
OL時代、私はお局でしたが、サブをやってくれた後輩は、すっごい大変そうでした。

「んも~~~~~~っ!!!!!!!」
と何度怒られたかわかりません(^^ゞ

これまでリーダーをやるたび、しっかり者のサブさんに、
「ほんとにもうっ!!!!!!!」
と怒られてきましたから、私がリーダーに向いてるとは思いません。

でもね。
彼女たち、サブを勤めてくれたしっかり者の彼女たちを思い出すと……。


私には絶対無理。
んもう、んぜぇえええええええったい、無理っす!!!!!!!

リーダーは、ある程度、
「ムードメーカーならいいじゃん?」
てなところがありますが、ナンバー2には実力が必要なんですよ、絶対。

無理ムリムリっ!!!!!!!!!!!

でも、考えてみれば、戦士とか、「(冷静な人間に)守ってもらわなきゃいけない存在」とかは、ナンバー2というより、リーダーの特徴かもしれませんが。

それにしても……。

戦士って(笑)
このどんくさい私が戦士だったら、その国は負けちゃいますって(笑)

守ってあげなきゃいけない……というのは、できれば若いとき、かっこいい男性に言われたかったわっ!!!!!!

まぁ、旦那はそう言うてくれますが(^^ゞ
旦那の場合は、誰でも守ってあげようとする人だからなぁ。
もちろん、私のことは特に守ってくれるけど、なんというか、「特別感」はないですわ。

私は「霊能力」を否定するつもりはありません。
でも、それって、すごくすごく個人的なものだと思うんですよ。

例えば、私も山の中などで、「神の存在」を感じることはあります。
でもそれは私の感覚ですよね?
それを人に、「あの場所に行くと神様の存在を感じるよ」と言うことはあったとしても、「何も感じなかった」という人に対して、「それはおかしい!!」なんて言うのは変でしょ?

自分の前世だって同じだと思うんですよ。
自分の前世が卑弥呼だと思うならそう思っておけばいいと思います。
同じことを思っている人が、日本中に何人もいてるでしょうが、それはその人の感覚なんだから、自分の感覚を信じればいいと思う。

ただ、他人に、
「とすると、あなたの前世は卑弥呼ではないでしょうか?」
と言わせようとするのは、やめて欲しいなぁ(^^ゞ

ましてや、私を臺與にするのはやめて(笑)

わかる、わかる、わかるんですよ。
気持は。

一種のフラストレーション解消法ですよね、前世を考えるのって。
私だって子どもの頃、
「私は小さいときに捨てられた子どもで、本当の両親はどこかの王さまと女王様なんだわっ!!」
とかいう妄想で遊びましたもん。
気持はわかりますねん。

現実に満足してないなら、「現実」じゃないところの生活を想像して満足するっていうのは、「逃避」ではなく「代償」ではないかと思います。
でもさでもさでもさ。
それは自分だけでやって欲しいと思うんですよね(^^ゞ
私を巻き込まないでほしいんすけど(T_T)

てかなんで私はそういう人たちに見込まれちゃうのかなぁ……。

いや、昨日ね、また似たようなことがあったので、
「なんでやねん!!」
と言いたくて。

えぇ、本当にね。

なんでやねん!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。