スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかるがでイカルに怒(いか)る

……別に怒ってはないか(笑)

おととい長旅をしたところなので、昨日は近場で。
といっても家から1時間弱ほどは出かけましたが。

斑鳩にある、「大和民俗公園」へと出かけたのであります。

昨日はおとといの写真を整理しなくちゃいけなかったし、資料にも目を通したかったし、結構バタバタしてて、出かけるのが遅くなっちゃったんですよ~。
昼前に家を出たら、「行列のできる店」には行けません。

ってことで、前々から気になっていたラーメン屋でランチをし、公園に入りました。

ところで、以前からちょくちょく話をしていますが、私はよつばのクローバーを探すのが得意です。
実際、そんなに珍しいもんじゃないんですよ。

特に、「四つ葉のある株」を見つければ、いっぱい見つかるもんなんです。
四つ葉ってのは突然変異なんでしょうが、ひとつの株に一本だけ変異するわけじゃなく、連鎖するものみたい。

とはいえ、四つ葉を見つけるのは、幸せを見つけるのと似ているのかもしれません。
「ある」と思って探せばたいがい見つかりますが、
「あるわけない」と思って探すと見つからないもんなんですよね。

それに、一度見つけると、連鎖して見つかるというのも似てるかも。

多分私は、ラッキーな人間なのでしょう(笑)
幸せも四つ葉も、結構頻繁に、そして割合とたやすく見つけます。

なので私は四つ葉を見つけては押し花……もとい、押し葉にし、手紙やはがきに貼りつけたりしています。
これが結構喜ばれるんですよ(#^.^#)

でも、かくも頻繁に四つ葉に遭遇していると、どんどん欲が出てくるんですよね。

「完璧な四つ葉を見つけたい!!」
って。

完璧な四つ葉とは?
つまり、白斑が綺麗で、葉の形も美しい四つ葉です。

四つ葉は四つ葉でも、葉の大きさが不揃いのものもありますよね?
四枚ともほぼ同じ大きさで、綺麗に十字になっている方が綺麗でしょ?

そして何より私がこだわりたいのが白斑ですよ。

クローバーの葉っぱにはいろいろな模様があります。
模様のない、真緑のものもありますが、白い模様が入っているものもありますよね?
3日前、カワセミを待っている横にあったクローバーは、白斑がハートの形をしていて大層可愛かった。

そして昨日見つけたクローバーの模様はこんなん。
0508_1.jpg

綺麗だと思いません?
この模様で、四つ葉が欲しい!!
……と探し回ったんですが、ないですねぇ(^^ゞ

珍しい模様が出るというのも一種の変異でしょうから、模様が変異した株で、葉っぱの数も変異するってことはおこりづらいのかもしれませんね。

「面白い模様だなぁ」
と思う株で四つ葉を見つけたことがありません。

でも、今後「クローバーの模様」にも注目しようと思ってます。
……なんにでも興味持ってしもたら、やること増えすぎておっつかんのですけどねぇ(^^ゞ

でも、クローバーって、特別な花なんですよね。
アイルランドでは、四つ葉のクローバーは、妖精の通貨だと考えられていたとか。
妖精ってか、妖怪か(^^ゞ

「小人の靴屋さん」って話がありますが、ああいう小人ですね。
ノーム。
地面に住み、お金持ちでもあり、人に協力することも、害することもある。

彼らは四つ葉をお金代わりにしているという話があります。

キリスト教が入ってきてからは、四つ葉は十字架と関連づけられますが、そもそもは妖精と関連づけられたものだったんですね。
ちなみに、三つ葉のクローバーも「三位一体を具現している」なんつぅて、キリスト教の布教に使われたとか。

そういう場合も、アイルランド語の「シャムロック」で呼ばれたりするみたいですが……。

クローバーはアイルランド原産なんすかね?

……と、クローバーについてこだわりすぎました(^^ゞ
でも昨日の目的は、クローバーじゃなく、野鳥でした。なはは。

カワセミも来るらしいんですが、とりあえず、カイツブリを追いかけます。

0508_4.jpg

まだ黒っぽいですね。
冬羽から夏羽に生え換わる途中でしょうか?

0508_5.jpg

水に潜ってでてくると、しばらくは羽根が水に濡れていますが、すぐに乾く。
水鳥の羽根って不思議です。

0508_3.jpg

カイツブリって、横から見ると間抜け面なのに、前から見ると、凶悪に見える(^^ゞ

そんな感じでカイツブリを追いかけていると……。

「ホヒヒィラリ!」
と高く澄んだ声が聞こえてくることに気付きました。

無理から聞きなしをしようとすれば、
「ルリビィタキ!」
と聞こえます。

ルリビタキのさえずりは、「ルリビタキダヨ~ン」と聞こえるそうですが、日本では冬鳥。
どんなさえずりか、聞いたことがないので、わかりません。

なので、
「帰りそびれたルリビタキがいるのか?」
と一瞬思ったんですが、んなわきゃない。

夏の野鳥は、葉っぱにまぎれて探しづらいんですが、なんとか見分け、撮影したのが、これ。
0508_2.jpg

イカルだったんですね~。

イカルは、「斑鳩」とも書きます。
つまり、斑のある鳩……って、鳩よりもずっと目つきが悪いと思うんだけどな(^^ゞ
くちばしもでかいしさ。

鳩よりもずっと、シメに似てると思う。

気づいた方もおられると思いますが、「斑鳩」は、「いかるが」とも読みますよね。

聖徳太子の頃、斑鳩にはたくさんのイカルが飛んでいたと言います。
なので、この地を「いかるが」=「斑鳩」と呼んだ……と。

本当かな?

でもなんにせよ、斑鳩にある公園で、イカルを見れて嬉しいじゃあないですか。

しかも、イカルを見るのは初めてなんですよ、私たち(#^.^#)

ラッキー!!!

すっかり満足して、家に着いたのは15時ごろ。
採ってきた四つ葉を押し葉に処理し、おとといの讃岐~阿波巡りで参拝した神社の記事を書き終わったら、あとはテレビを見て寝るだけの時間になっちゃいました(^^ゞ

あぁ、遊びまわったなぁ、このゴールデンウィーク。
ほんと充実してました(#^.^#)

その分、働かなきゃね。
ってことで今日も動き始めますよ!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。