スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高僧

飛鳥京、藤原京、平城京、平安京……という具合にですね。
関西は長いこと、日本の中心でした。

そんなわけで、ビッグスターがたくさん登場していますよね。

古いのは役行者になるのかな?
伊豆や富士山を覗いては、関西の中だけで、彼の足跡をほとんどたどれるんじゃないかしらん。

次は空海。
日本中を行脚したという話もあるし、遣唐使でもあったわけですから、「関西の中だけ」というわけにはいきませんが、関西の中に、彼を偲ぶたくさんの史跡がありまっせ。

あとは、安倍晴明なんかも入るのかなぁ。
彼の場合は、大阪の中だけでも、かなりの史跡がある。

でもでもでも。
彼らほど派手に、歴史の表舞台にいなくとも。
すごい人はいてはります。

その中の一人が、行基でしょう。

関西の神社を周っているだけでも、彼に関する逸話をたびたび耳にします。

一般的に彼の業績で一番有名なのは、奈良の大仏の勧進に尽力したことでしょうか。
その際、彼は、日本で初めての「大僧正」の位を与えられたとか。

でも、彼がなぜ、聖武天皇からそこまで見こまれたかというと、それは、
「民衆にすっごく人気があったから」
ってことのようです。

彼が生まれたのは、今現在大阪府堺市にある、家原寺。
ここは「智恵の神様」として有名です。
確か私も受験のとき、ここの鉛筆を誰かからいただきました。

なぜ智恵の神様かというと、行基大僧正が、とっても賢い人だったから……という、えらくわかりやすい理由なんですけどね(^^ゞ
でもまぁ、それほど愛されていたということでしょう。

彼の師は道昭上人ってことなので、これはちょっと気になってるんですけどね。
なんせ、妙見・北辰……つまり北極星関係を調べていたときに、何度も出てきた名前なので。

とすると、行基大僧正も、妙見と何か関わっているかもと思うんだけど、どうなんだろう?

また、うちから結構近くにある川俣神社には、行基が民衆を救った話が登場します。
原典は「日本霊異記」。

話はよくある話です。
確か、空海の話としても伝わってたんじゃなかったっけか。

行基の説教を聞きに民衆が集まっていた。
しかしその中で、ずっと泣きわめいている子どもがいて、周囲の人たちはうるさそうにしていた。
なんでもその子は10歳になっても言葉を話さず、食べるだけ、泣きわめくだけなのだとか。

すると行基は、その子どもを指さし、
「その子を川に投げ捨てなさい」
と母親に命じたのであった!!!!

もちろん母親は、拒否する。
でも行基は無理にでも殺せという。

最初は驚いていた周囲の人たちも、行基の真剣さに押されて、次第に、「殺した方がいいのかも」という雰囲気になり、ついには母親もその気に(←ヲイヲイ)

そして、母親が川の流れの早い瀬に子どもを投げ捨てると、その子は沈みながら、
「せっかくお前の子どもに生まれ、お前の財産を吸い取ってやろうと思っていたのに」
とつぶやいた。

……と言う話ですね。
いやぁ、怖いこわい。

つまり、その子は前世でこの母親になんらかの貸しがあった。
なので今世で生まれ変わり、貸した分をとりたてていたというわけ。

それを見抜いた行基和尚、すごいっ!!!!!!

……確か、中国の昔話に似たような話しがありましたし、行基の身の上に本当にあった話とも思えないんですけどね(笑)

個人的には、この手の話は、幼い子供を亡くした母親に対する慰めの意味があったんじゃないかと思います。
「その子は、おまえの財産を吸い上げるために生まれ変わってきただけで、本当の意味での子どもではないんだよ。だから早く亡くなって良かったんだ」
とでも言うように慰めたのかなぁ……と。

まぁそれはそれでひとつの手法ではありますが(^^ゞ
なんとなく、私は好きじゃないなぁ。

どっちかというと、御詠歌にあるように、
「おまえが悲しむと、子どもが地獄で苦しむよ。だから泣くのはやめて、ちゃんと生活しなさい」
と諭す方が、日本的な気がします。

……まぁそれはともかく。
そんな話が残っているほど、行基大僧正は(関西では)有名人なんですね。

ということで、彼のお墓に行ってきました。

昨日は雨だったしねぇ(^^ゞ
あちこち出かけるわけにもいかないんで、近場ですましとこっかなって(笑)

というわけで、生駒にある竹林寺へ。

……迷ったわぁ(^^ゞ

参道には、シャガの花が。
0501gyouki_1.jpg

好きなんですよね~、この花。
可愛いと思いません?

珍しい花もありました。
0501gyouki_2.jpg

銀龍草。
別名を「幽霊茸」とも言います。

茸の一種ではなく、多年草だそうですが、葉っぱがないのでそう思われたんでしょうね。

ちょっと不思議な感じのする花です。

キョロキョロしながら参道を登りつめたところに、ありました。
0501gyouki.jpg

お墓というか、墳墓?
墓標らしきものはありませんでした。

でもね~……。
雨が降っていたからか、やたらと清潔な雰囲気。

神社を周っていると、ときどきこういう空間に出くわします。
別に何かがあるわけじゃないんだけど、やたらめったら澄んだ空間。

私はそれを、「スッカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッとした空間」と詠んでいますが(笑)
そういうのを人は「パワースポット」と呼ぶのかもしれませんね。

個人的に、そういう雰囲気を感じた神社は、ごくごく小さいところばっかりです(^^ゞ

「なるほどねぇ、行基大僧正って、こんな感じかぁ」
と、わかったようなわからないような納得の仕方をして、帰ってきました。

その後、山の方に上って、よもぎ摘み。
うちの母親が欲しがるもんで(笑)

びっくりしましたよ~。
道の駅で、よもぎが売られてて、100円もするんですもん。
こんなどこにでも生えてる草に100円出す気、します???????
あぁびっくりした。

ということで私は500円分ぐらい摘み取り、実家に持っていきましたとさ。
なんて親孝行なのかしら。

昨日はそんな一日。
地味ではありますが、充実はしてました(#^.^#)

そして今日はまた野鳥ですよ~ん。
晴れて嬉しい。

オオルリちゃん、キビタキちゃん、コマドリちゃん。
待っててね~~~~~~♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。