スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワースポット

どうでもいいんですが、WIKIの「パワースポット」の内容、変ですよね(^^ゞ

多分すぐ編集されちゃうだろうから、引用すると、「世界最高のパワースポット」とされる項の最初部分。

世界最高のパワースポット

世界最高のパワースポットは大阪市西三国3-2-8で何でもないように思えるこの場が最大であるのは最大のパワーを感じることができるからです。最大であると感じると二通りの反応が出ます。

それを受け入れることができる人は正の反応でこれは良いのですが、多くは負の反応で、この文を見てそれは違うとか否定する概念が浮かびますが、それは他のパワースポット紹介には無い反応でこれだけでも最高のパワースポットの証明にもなります。

その反発する心理の原因はパワースポットのエネルギーがあなたにある悩みや問題に作用したからに他なりません。問題解決できる場でもあります。

『世界のパワースポット: 癒しと自分回復の旅ガイド』という本では、パワースポットには人を癒すとされる水があったり、人に語りかけるとされる岩があったり、あるいは磁力を発する断層があったりすると解説されている。

荒俣宏は、「パワースポットは大地の力(気)がみなぎる場所と考えればよい」と述べ、そもそもパワースポットという言葉こそは新しいが、昔から大地の力を得ようとする試みはあった、と指摘した。荒俣は日本で言えば「熊野三山詣で」がとても古い事例であると説明した。荒俣は、本来なら厳しい修験を行ってはじめて得られる力を、その場所に詣でるだけで得られる、身分性別を問わず得られる、という画期的なものであったとし、ただし何の宣伝もなしに人を集められるわけではなかったので言い伝えが用いられた、同様に伊勢神宮にお参りする「お伊勢参り」でも「修験者しか得られないパワーを性別身分を問わず得られる」と宣伝した、と説明した。 All Aboutでは、パワースポットやスピリチュアルスポットなどと呼ばれるようにもなった場所も、本来は信仰の場であって自然崇拝が行われていた場であったところが多い、とされている。 そういう場所は伝統的に霊場とか聖地sacred placeなどの呼称で呼ばれていた。(→#歴史)

荒俣は「パワースポットでは自分なりに大地の気を感じることが大切だ」とした。

宗教学的な見地からは、ミルチア・エリアーデは、自然に対する信仰のうち、山、岩などは天上・地上・地下を結ぶ宇宙軸を、大地や水などは死と再生を象徴するもので世俗生活の根底にあり、それを支える世界観の重要な部分をなしていると分析した。


全体的に変~~~~~~~な文章ですが(笑)
特に最初部分は、際だって変でしょ(笑)?

調べてみたら、どうやら、スピリチュアルな方のお店か何かがある場所のようで、その方のブログの文章が引用されてるみたいです。
信者さんなのかいたずらなのか、ご本人なのかはわかりませんが(^^ゞ

……まぁ、WIKIを過信しすぎるのも禁物だって教訓だなぁ。
誰でも編集できるんだもの。
ソースを確認するのは必須ですね。

さて。
パワースポットという言葉、私は苦手です。
というか、それを有難がる人が苦手なんだと思う。

神社が「パワーのある場所」に建てられたというのは、多分本当。
だから、神社=パワースポットという考えに反対しようとは思いませんが、ただそこに行けばいいっていう感覚がどうも苦手っつぅか(^^ゞ

昔、相田みつをさんの言葉が苦手だったんですが、よくよく考えてみれば、言葉自体には、特に反発する要素もなかった。
結局、彼の言葉でもって安心したがる人たちが苦手だったんだと思います。
人に安心させてもらおうという感覚が、どうもね。

結局、私は自分の中にそういう怠惰さがあるのに自分で気づいていて、それを治したいと努力しているからこそ、自分と同じ病を持ちながら治そうとしない人がいやだったんだと思うんですけどね。
パワースポット好きな人が苦手なのも、多分同じ理由でしょう。

ただ、このごろ周りを見回してみると、身近な友達にも、
「パワースポット好きやね~ん」
という子がいます。

彼女は決して怠け者じゃない。
どちらかというと、
「あなたタフね(^^ゞ」
と言いたくなるほど、動き回ってるし、人の分まで働いてる。

その友人に、
「なんでパワースポットが好きなん?」
と聞くと、
「なんか気持よくならへん?」
と答える。

確かに、なんか気持よくなるというのはわかるんですよね。

だってさ。
そういう場所ってのは空気が綺麗だったり、丁寧に清掃されていたり、緑が多かったりしますから。
そりゃ気持がよくなって当然。

そういう意味なら、例えばその友人の場合なら、むちゃくちゃ身体能力が高くて体力があるんだから、登山でもやればいいんじゃないかと勧めれば、やってるそうです(笑)
しかも、マラソンまで始めたそうな。

……とっても積極的ね(^^ゞ

つまり、「気分がよくなる場所」というのを積極的に探し、どんどん実行してるわけで。
そういうのは却って、
「頑張ってるねぇ」
とも思える。

ただ、そういう人たちの話を聞いてて、口を出したくはなるんですよ、どうしても(^^ゞ

例えば、以前もちょこっと話しましたが、
「伊勢神宮と出雲大社をはしごした~♪ パワー二倍!!」
とか言うてたとしたら、
「あんたが言いたいのは、神社境内の清潔な空間で、元気が出るという意味のパワーやんな?
もし、神社に神様のパワーをもらいにいくという感覚なのならば、伊勢と出雲をはしごしたら相殺しあって消えるで」
とかね(^^ゞ

本人がパワーを二倍もらえた感覚なんだからそれでいいんだけど(^^ゞ
その場所の歴史とか、意味とかを知らずに、ただただ「パワーが♪」とか言うてるのを聞くと、奇妙~な反発心が。

だってね。
私はたまにインタビューの仕事をしますが、その際、必ず相手のことを調べてから行きます。
当然、調査不足になることもありますが、ある程度のことは、頭に入れて行きます。
そうじゃないと失礼じゃないですか。

私は表で神社紹介なんてのをやってますが、ときどき質問メールが来ます。
昔はそれほどでもなかったんですが、
「○○神社のご祭神は誰ですか?」
と、サイト見たらわかる質問をくださる方が最近増えました……。
簡単にわかることなんで、返事をしていましたが、そういう人に限って、重ねてちょっと調べたらわかるというか、私のサイトをみればわかるデータについて聞いてきはることもあり、キリがないので、最近は「見なかったフリ」をすることも増えましたです。えぇ。

その神社の由緒や歴史を知らずに、神社(パワースポット)参拝するのは、「相手を知らずに、知ろうとせずに、パワーだけをもらおうとする」ってことですよね?
すごく失礼な気がしてしまうんですよ。

もちろん、相手は神様ですから、そんなこと全然気になさってないとは思うけれど(^^ゞ
ただ、お願いする側の礼儀としては、どうなのかなって。

そういう失礼さに気づかない、自分勝手さがいやなんだと思うんですね。

そういう人って相手が誰か個人だったら、「何かをもらうだけで、相手のことを調べない」なんて失礼はしないんじゃないかな。
相手が神様とか、そういう、いわば「公」な存在だから、そういう失礼に気づかないんだと思う。

もちろん、相手が個人でも、「何かをもらうだけで、相手のことは考えない」って人もいるかもしれないけれど、そういうのは少人数ではないか、と。
いますけどね。
そういう人には、心の底から近寄りたくないけどね……。

でも、多くの人は、相手が「公」だから、失礼なことに気づかない。
ほら、いませんか?
すごく気が小さくて、言いたいことも言えないのに、政治家批判だけはやたら調子に乗ってる人って(笑)
そういうのはすごく苦手だし、私はそう言う人が大嫌いです。

だけど、「パワースポット」については、別に調子に乗って批判してるとかそういうのじゃなく、「相手のことを知る」という礼儀を忘れてるだけだと思うんですよ。
というか、「神様というほど大きな存在が、自分のことを知って欲しいなんていう小さなことを考えてる」というような発想がないのかも。

だから、単なるうっかり屋さんなだけで、他の場面では人のために一生懸命になるような人が、あんまり深く考えず、「パワースポット好きぃ、パワーもらってくるぅ~!!」と、その地の歴史を調べようとせずに出かけるのは、嫌いじゃない。
むしろ、大らかで、好き(笑)

そんなわけで、そういう人を見つけると、ついつい、
「パワースポットに行くならそこの歴史をちょっと勉強していかな~い?」
と声をかけたくなり。

……結局、相手を困惑させてしまうのでした(笑)

だってさ~、知らずに行くのはもったいないじゃ~~~~~ん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。