スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鵜の目鷹の目

いつも言ってることだけど、視点を上げなきゃね。
視点を下げると、自分やその周辺しか見えなくなっちゃう。
もっと広く見渡さなきゃ、自分がどちらに向かったらいいのか見失っちゃう。

どうもここんところ、イライラすることが多くて、視点がかなり下がってた気がするので、意識的に上へ。

……なんてことを考えてたらですね。
鳶の視点ってどんなだろうなって思えてきたんですよね。

川の上を滑空していた鳶が、前触れもなく急降下し、再び空に姿を見せたときには、口に魚が……なんて場面、別に珍しいものじゃありません。

京都賀茂川では、人間の食事を狙う鳶が飛び回っているようですが。
その素早さに、人間では太刀打ちできないとか。

あの上空から獲物を見定めるとき、どれほどのものを見、何を以て何を狙うかの判断をするんでしょうね?鳶は。

高い空からたくさんのものを見渡し、何を目指すかを見定めたらまっしぐらに降下し、確実に捕える。
そういう風に生きられたらいいんですけどね。

さてさて。
うちのあほ鳥は、飛ぶのが下手クソです。

なんせ、飛ぶのを覚えるべきときに、風切羽根が切られていたわけですから、仕方がないのかなとも思いますが。
それにしても、危なっかしいことこの上ない。

時折、「飛びたい欲」が盛んになるのか、思いっきり羽ばたいて飛び回ることがありますが、壁にぶつからないかとひやひやしてしまう(^^ゞ
さすがに最近では、急降下や急上昇、鋭角に身をひるがえす技などを見に着け、壁にぶつかることはまずないんですがね。

問題は「着地点」を見つけられないとき。

怖がりのチュリー君は、慣れたものにしか着地しません。
私の肩、籠の上、箪笥の上の棒。
この三つのどれもがないとき、彼はパニックになります。

すぐに私が立ちあがり、肩を差し出せばいいのですが、それが遅れると、窓にコツンということにも(^^ゞ

このとき、私がそこにいる場合、他の肩ではダメなようです。
旦那が立っていても、そこには止まろうとしません。

旅行で実家に預けたとき、母の肩には乗ったようですから、撫で肩ならばOKなのかもしれません。
また、私がそこにいなければ、旦那でも妥協するらしきところもあります。

留守番中、どうやらあほ鳥はご飯をあんまり食べていません。
とはいえ最低限、空腹になり過ぎないぐらいには食べているみたいですが。
でも、私が帰宅したとき、彼のお腹はかなりの空きスキ状態。
私の姿を確認し、落ち着くと、猛烈な勢いで食べ始めます。

そんなとき、私と旦那がバトンタッチしても、彼の頭の中では無問題みたい。
旦那の顔を見ながら、安心した表情で食べ続けたりしています。

多分、あほ鳥の中で、「誰か人がそばにいる」というのが第一段階なんでしょうね。
そして「見慣れた人がいる」のならベター。
「ママ(私)がいる」のがベスト。

そんな感じではなかろうか、と。

そんなもんで、チュリーが私の肩を狙って飛んでくる姿は、少し鳶を思わせるところがあります。

ちっちゃい私がでっかい旦那の後ろに隠れていたとしても、チュリーは私を狙って飛んできて、器用に肩に止まるんですよ。

そんなとき、「ひょい」と私が身を低くすると、
「ぴゃぁ!!」
と高い声を上げて元の場所へ戻ったりするのも、「飛ぶのがうまくなったねぇ」という感じ。

考えてみれば、もうすぐチュリーが家にきて2年になります。
気づかないうちに、いろいろたくましくなったなぁとしみじみ。

ふてぶてしくもなったけど、賢くもなった気がする。
多分(^^ゞ

そして何より、本当によく飼い主を観察してます。

私が寝ているとき、チュリーは静かに待っています。

が。

私が目を醒ました途端。
目を開けてなかったとしても、なぜか気づいて騒ぎ始めるんですよね。

あれは本当に不思議だ。

私の体のどういう徴候を見て、
「あ、目を覚ました!!」
と気付くのだろ?

鳥という動物の特長は、翼にあると思われがちですが、実は「目」によるものもかなり大きいと思わずにおれません。

人間の特長はどこにあるんだろう?

うちのあほ鳥はですね。
とにかく、私をよく見ています。
が、反対に言えば、私しか見てないところもある。

人間は鳥ほどは目がよくないけれど、自分が見たいもの以外を見ることができる。

私は鳶ほど高く空を飛べないかもしれない。
でも、頑張って視点をそこに上げたとき、鳶には決して見ることのできないものを見分けることができるはず。

だからね。

そのために、心を平穏に保っておかなきゃねと思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。