スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混乱に思うこと

いや~……ほんと、ここしばらく飛び交うデマに翻弄されちゃってます。
まだまだしばらくはこの状態なのかな。

とりあえず、ソースを確認できないものは、信じないようにしているんですがね(^^ゞ

そんなことを言うと、
「政府が心配ないと言うものをそのまま信じるのは危険。後になって『疑っておけば良かった』ということになりかねない」
とか言われたりします。

確かに、薬害エイズ事件を思い出せば、国が失策を誤魔化そうとして、被害が広がるということはあり得るような気はしてきます。

薬害エイズ問題を知らない人はおられないと思いますが、念のため説明するとですね。
血友病患者が使う薬がエイズの感染原因になったんですね。
その危険性は数年前には指摘され、危険性を回避した薬も作られていたのに、速やかに移行を行わず、そのために多くのエイズ患者を出してしまった。

これは、当時厚生大臣だった菅さんが国の責任を認めたことで広く知られることになりましたよね。

ただ、この事件で、「国が失策を誤魔化そうとして」ということがあったのかどうかってことを考えれば……。
どうなんでしょ(^^ゞ

どっちかというと、「失策を認めず」じゃないんだろうか?

失策を誤魔化すために情報操作をしたなんていう、大げさな話はあるんだろうか?

……まぁ、ある程度はあるでしょう。
意図的に、どの情報を出し、どの情報を伏せるかってのはまぁ、あり得ると思う。

でも、それで本当に国民をだませるとは思わないんですよ~。
例えば、当時の厚生省が、自分たちの失策について口を閉ざしたとしていても、他の省からボロが出たりとかさ。

だってさ。
日本って国は、そこまで規律のとれた国なんでしょか(^^ゞ?

情報の管理を誰が指揮監督するの?

次々と首相が変わる日本で、誰が?
黒幕ですか(笑)

いろんな役人・政治家なんかが、自分の思惑でバラバラと情報を操作しようとしたって、絶対ボロが出ると思うんですが。
そしてんなこたぁ、役人さんも、政治家さんもわかってるでしょう。
ならば、最初から嘘はつかない方が得に決まってるわけで。

政府が出す情報が、不足だと感じるならば、それは誤魔化すためじゃなく、はっきり言えることしか言うてないからだと考える方が自然だと思うわけです。
出せない情報を鑑みながら、万全をとってると思う方が自然。

ただ、ここでまた薬害エイズのことを持ち出すと不安になりますよね。
アスベスト問題も、か。
危険性が指摘されていたのにもかかわらず、日本政府は万全をとらなかった。

……確かにそうなんだけどね。
そういう失敗の過去があるからこそ、現在はそれが是正され、ちゃんとしているとも思える。

時代背景ってのもあるしなぁとか思ったりするんですよ。

少なくとも現代の日本人が、20年前の日本に戻ったら、
「うわ、なんて不潔」
と感じると思うんですよね。

「自然がたくさんあっていい!」
とも思うかもしれないけどさ。

だって現在、トイレに入った途端、うんこの匂いがするってことはあんまりないでしょ?
昔はそれが当然でした。

今よりもずっとたくさんの犬の糞が、道路には落ちてたしさ。

つまりなんというか。
たった20年で、人間の生活は進化してきたのだと思うわけです。

より清潔に、そして安全に、と。

なのに、政府の危機管理だけが、当時からまったく進化してないと思う理由はなに?

つまり。
恐怖心に駆られてデマを流している人は、「怖いもの」だけを見て、全体を見てないってことなのかなと思うんです。
つまり、視野の狭さがそうさせるんじゃないかな。


さて、お気づきの通り、上記文章は、私の勝手な憶測です。
単なる憶測でしかありませんから、な~んの説得力もありません。

そういう憶測に取材をして裏付けをし、発信するのが、本来のジャーナリズムなんじゃないかと思うんだけどね。
震災後の様子を見ていると、それどころじゃありませんでした。
「無責任に」「声高に」「きちんとした裏付けもとらず」、国民の恐怖感を煽っていた。

そのことに、なんとも言えない不安が……。

情報源に直接触れられない一般の私たちが、正確な知識を得るにはどうすればいいの?
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
みたいな。
「デマでさわいだのは自分だけじゃない」
みたいな。
そんな無責任なことでええと思ってるわけ?

わかりません。
それはもちろん、私の勝手な憶測なんですが(笑)
な~んかやだなぁという気がしたんですよね(^^ゞ

……どう感じます???

それだけなんですけどね(^^ゞ

ただ、これから、「マスコミを通して情報を得る」という形は変えていかねばならないと強く感じます。
政治家さんや、役人さんも、マスコミを通して発表などという、間違いなく偏向フィルターがかかるようなことだけに頼らず、USTでもなんでもいいから、独自の方法で、直に国民に伝わるようにしたらいいのにと思う。

私は、政府の危機管理能力は、過去の失敗を教訓に、プラスに進化しているはずだと私は信じています。
が、いわゆるマスコミは進化してるんだろうか?と不安に思う。

おととい実家に帰ったとき、母とデマの話をしていたのですが、
「今はインターネットがあるから、デマが広がるんやろ?新聞とテレビだけが情報発信してた昔とは違うねんて」
と言われました。
でも、
「それ、どこで聞いたん?」
と言うと、
「テレビで言うてた」
だって(笑)

確かに、デマも広がり易いかもしれません。
だけど、報道の過激性に抑止効果を与えたのもネット。
もし、ネットがなければ、AERAは問題視されなかったろうし、あの雑誌に煽動され、恐怖でパニックになる人も増えたんじゃなかろうか。

情報をマスコミに依存するのは危険だと思えてなりません。
ならばどうやって解消するのか?

確かに今は、マスコミを使って宣伝するのが効果的かもしれません。
でも必ずそれは変わるときが来る。
そう思いたい。

だから、マスコミを通じて情報を発信しようとする企業や人は、それだけに依存せず、インターネットなどの手段を使って、直接の発信を考えて欲しいなと思うのでした。
……って、私が言うまでもなく、やってる方もたくさんおられますよね。
ニコニコ生放送とか。
USTとか。

でも、それがもっと推進されて欲しいなぁ。
そうなったらもう、テレビなんて見なくて済むのに(笑)

そしてそうならないよう、情報仲介者たちは、冷静に公平に情報発信をすることに努めていただきたいもと思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

薬害エイズの話で、政府を信じるな!と言うなら、マスコミに翻弄されて、デマで大騒ぎになって困った事件を検索して、それを発表したらいいのかな。サリンのときに河野さんが、マスコミに犯人扱いされたという話じゃなかったっけ?

昆布の人は、ちゃんと間違い?を認めなかったから、後追いして、「あんた、大人やしプロやねんから、しっかり自分の間違いは訂正しなさい」とどつかれただけやないの? 確かに出版社の社長さんがかばうとちょっと怖いですね。結局のところ、自分たちが何をできるか、しっかり考えて、行動していくしかないんだろうなぁ。

でもとにかく、自分も気付かずにやってそうであるだけに怖いです~

そうなんですよね

最近では厚労省の村木局長に対する報道の仕方も問題になりましたね。
(そしてそのせいで、彼女が本当に「無罪」なのかどうかということはうやむやになってる気がする)

マスコミだって、自分たちの失策を、平気で「なかったこと」にしちゃってるくせにね(笑)

また、国に対しての不信感は、ちょっと「巨悪論」や「陰謀論」に似ています。
そのくせ「カルトはダメ」とか言うんですよね(^^ゞ

なんだか、頭を整理できてない、もしくはしてない人が、恐怖に駆られて大騒ぎしてる感じがして、いたたまれません。

でも、Keikoさんのおっしゃるように、まずは自分が気づかずにそういうことをやってないかと注意する必要がありますよね。
私も気をつけます(^^ゞ
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。