スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れ里の雪

月ヶ瀬に行こうという話もありましたが、少し近い賀名生へ行くことに決めました。

関西にいる人間は、なるべく消費をためらわず、経済を回していく方が良いのでしょうが、何に使うかは見極めなくちゃいけないのかなぁとも思うんですよね。

買い控えで経済を委縮させるのはよくないのだろうと思いますが。
ガソリンについては、関東以北で品不足だし。
使うべきか使わないべきか、判断がつきません(^^ゞ

つぅことで、五條市にある賀名生へ。

0316_2.jpg


賀名生の梅は2万本とのこと。
桃源郷は桃の花園ですが、梅の場合はなんと呼ぶんでしょう?

……とつぶやいたらば、
「梅源郷という呼び名もある」
と教えていただいたんですが(^^ゞ

まんまやん(笑)

でも、梅は桃よりずっと香りが高いので、「この世のものではない」と、さらに強く感じさせられます。

0316_4.jpg

白梅の丸い蕾。

鈴のようなコロコロとした小さな純白。
花弁が開くとき、閉じ込めた香りをぱぁっと放つのでしょう。

0316_7.jpg

このあたりの写真、暗いですよね?
そうなんです。歩いているうちに、はらはらと雪が。

そしてこんな状態に……。

0316_3.jpg

あっという間のできごとでした。
大粒のぼたん雪が上空から舞い落ちてきます。

天から一斉に解き放たれた、真っ白な破片が。
あっという間に私たちを包み込み、後から後から、絶え間なく降り積もります。

それはとても冷たいのだけれど、私にはそれを「恵み」と感じられました。

たった一人で立っているつもりでも、「神のベール」は私たちをふわりと包み込んでいる。
それはこの地に生きるすべての者を守るべくケープを広げ、見つめている。

そう、思えたからです。

この感覚と、東北の災害とがどう相容れるのかはわからないし、とても無責任な感覚かもしれません。

でも、でも、でも。
私たちを守ろうとし、抱きしめる「何か」をそのとき感じたのです。

ただの人として生きている限り、自分の生命がいつまで続くのか、予測することさえできません。
明日のことさえわからない。

災害の恐怖もある。
でも、人に傷を与えるのは天災だけじゃありません。
事故や人災、病気、さまざまなものが私たちのそばには存在します。

だけど、それでも毎日を力強くこなしていくしかないのです。

それが「生きる」ということなのでしょう。

そうしてひたむきに生きる小さな私たちを、すっぽりと囲み、なるたけ守ろうとする存在がいる。
私にはそう思えました。

自然はときに大きな傷を与えるけれど。
なるたけそれを軽減させようとする意志もあるのじゃないかと。

……とても無責任な考え方と捕えられてしまうかもと思うのですが……。

か弱く命に限りがある、この世に生きるすべての生物がなるたけ悲しまずにすむように……という祈りが、この世には満ちているのじゃないかと感じたのです。

その祈りが「神」というものではないのか、と。

それは災害から守ってくれるものではないかもしれない。
ただ、苦しいとき、悲しいときに、「見ているよ」とメッセージを送ってくれる。
そんな存在なんじゃないのか、と。

雪はあっという間にやみ、青空が広がりました。

0316_1.jpg

ころんとした水滴がはなびらの上で、輝いています。
0316_5.jpg

梅には天女が住む。
そんな伝承もある。

0316_6.jpg

掌を丸めたような、小さく柔らかい花は、黄色いおしべを包み込み、晴れやかな表情を私たちに向けています。

自然は変わらぬ営みを続け、私たちにも同じようにせよと訴えているのかもしれません。

まだこれから、たくさんの困難があるかと思います。
でも、着実に、毎日をこなしていかねばと思います。

帰りに、懇意の神社で宮司さんとお話しをしてきました。
まだ連絡のつかない神社もあるとおっしゃってましたが、
「今年の春の大祭は、国家安寧のためのご祈祷が中心になるでしょう」
とおっしゃってました。

祈りは世の中に満ちています。

その祈りを、多くの人たちが受けとめられますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。