スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女として

去年末、エッセーの先生が単行本を出されたということで、寄贈本が届きました。
感想もないお礼をするのは失礼だし……と拝読。
こういう言い方は却って失礼かもしんないけど、さすがに綺麗な文章なので、さらっと一冊読めました。

が、内容に共感できるかどうかは別。

「お洒落に興味がなくなったら女は終わりですよね」

なんて言われてもねぇ(^^ゞ
そんなら私はもう随分前に終わってます(笑)

全体を通して感じたのは、先生の優しさや品の良さでもあったけれど、それと同時に、「女」に対する決めつけというか、偏見?でもある気がしました。

私も「女」のはずですが、少なくとも彼女が「女とはこういうもの」と考えておられるような「女」にはまったく当てはまらない。

男性に美しさを褒められて、「男の人にそんなことを言われるのは、やっぱり嬉しい」の、「男の人に」や「やっぱり」がどういう意味かわかんなかったり(^^ゞ

いや、想像はできるんですけどね。
できるけど、実感として共感できないんですよ。

男性からにしろ女性からにしろ、品がどうとか、ましてや容姿について云々されるなんて、ただただうざいと感じてしまうので……。

本当に「いいな」と思ってくれた人が、さらっと「お、今日はなんかスッキリしてるやん?」とか言われるのは普通に嬉しいんですけどね。

わざわざ……相手を喜ばせようとして、そういうことを褒めようとする人もいるやないですか(^^ゞ
そういう人って、こちらが無視しているとしつこくなる傾向にあるので……。
だんだん腹がたってくる(^^ゞ


「一緒にいて楽しい」
だと思うんだよね。
友達として、一番大事なことって。

相手にもそれ以外は求めないし、相手からそれ以外のことで求められたら戸惑う(^^ゞ

でも実は、「一緒にいて楽しい」ためにはすごくいろんな要素をクリアしなくちゃいけないじゃないですか。

例えば私の場合、「一緒にいて楽しいこと以外求めない」という要求がある。
それをクリアする人って、実は少ないのかもしれません(笑)

昔、秘書さんたちの会食に同席したことがあるんだけれど、そりゃ~もう、私には理解不能な世界が広がってました(笑)

「ネイルを飾らないなんて、女性としてはダメですよね」
「化粧品に興味のない女性なんかいないですよ~」

はい。私はそこでは、女性でありませんでした(^^ゞ

彼女たちの価値観を一番象徴していると思ったのが、秘書歴が一番長いのであろうと思われる女性のセリフ。

「よく、男が食事をおごらなくちゃいけないのはおかしいと言いますが、女性は化粧品にものすごくお金をかけているんですよね。おかげで男性は綺麗な女性を楽しめるんだから、その分食事代ぐらいだすのは当然ですよ」

「綺麗な女性」かぁ!!
ものすごい自信だなぁって思った。

そういう風に「美しくある」ことに価値があると感じる人もいるってことですよね。

ただねぇ……(^^ゞ
「価値があるほど美しい女性」って、ほんのほんのほんの!!!!!……一握りだと思っちゃうんですよ、私。
その一握りに入れないなら、他のことで価値をあげる方が良いんじゃないのかな……って。

旦那の言い分はちょっと違いますけどね(笑)
「化粧は素顔を見せられへん人がするもんやろ?のりこはちゃんと可愛いっ!!」

つまり、旦那は、化粧は「素顔を隠すもの」でしかないようで。
すっごく綺麗な人が、さらに綺麗にするために化粧をするという発想はないみたい。
すっごく綺麗な人は化粧する必要がないといいます。
化粧をポジティブには捕えられへんのですね(笑)

世の中には、妻に「いつも綺麗でいる」ことを求める男性もいるんでしょうが、旦那はどうなんだろ?
去年末、一緒に駅前に出かけるってんで、
「着替えるのめんどくさいから室内着で行っていい?」
と、Tシャツ短パンで家を出ようとしたとき、旦那は、
「うわぁ、健康優良児みたいで元気そうやな♪」
って嬉しそうにしてたし(笑)

ちなみに、同じ服装で実家に帰ったとき、弟には「女子高の運動部員か?!」とツッコまれました。
つまり、そういう格好です。

ん~~~~~~~~~~、よくわかりませんが、旦那は私が何をしてようが、どんな格好をしてようが、嬉しくて、可愛くて、自慢でしょうがない人なんですよ。
どんな格好してても、可愛いんです。

そういうもんじゃないのかなぁ?夫婦って。

私も、旦那がどんな格好してても、
「うちの旦那は格好いいなぁ♪」
って惚れぼれちゃうもん。

道行く人が、旦那をちらっと見たりしようもんなら、
「うふふふふ。格好いいと思ってるのねっ?!」
と思っちゃうしね(笑)

カップルにおいて、そうならない方が、私には不思議。
なぜなのか想像できないんすよ(^^ゞ
相手の何もかもが素敵に見えないのはなんでなんだろう?……って。

向かい合って座った旦那が、心の底から嬉しそうに、
「ぷぷぷ。のりこ、鼻毛出して何してるんや?あほやろ」
と言うとき、旦那は多分、私の鼻毛さえ可愛いと思ってるんではないかと思わないでもありません。

私自身、旦那の鼻毛は可愛いもんなぁ。
毛の先に鼻くそついてたって……いやもちろん、それを笑ってしまうとは思うけど、否定的には捕えられない。

同じような場面で、自分のパートナーに向かって、しかめっ面をし、
「恥ずかしいな。はやく処置してこい」
とか大声で叱る男性を見たことがありますが、このときなんだか「ギョッ」としました。

確かに、他人の鼻毛って見たくないから、「鼻毛を他人に見せる」のは恥ずかしいことなのかもしれないけど。
でも、あんたの大声としかめっ面は、さらに恥ずかしいっつの……って思った。

うちの旦那なら、小声で
「鼻毛でてる」
と耳打ちし、それに付け加えて、
「ほんまにもう、可愛いなぁ」
って笑うと思うな。

なんか、個人的な話満載になっちまいましたね(^^ゞ
いや、今日、旦那が出張から帰ってくるんで、自然とテンションがアゲアゲ気味。
すいません(^^ゞ

もちろん。
うちの旦那が平均的旦那像だとも思わないし、うちの夫婦像が普通とも思いません。

でも、私の友人たちの誰でも、
「相手がどんな格好(迷惑・非常識な格好は除く)してても、大事な人であることに変わりはないやんな?」
と質問したら、
「そらそやろ」
と答えると思う。

それが仮に「超ださい格好」として。
例えば、特に親しい&既婚の女友達二人に、
「旦那の格好を恥ずかしいと思う?」
と聞けば、
「あの人、服装気にせぇへんからさ~」
と返ってくるのが、アリアリと目に見えた(笑)

一人の男友達の場合、
「どんなださい服でも彼女が着たら可愛くなる!」
とか言いそう(笑)

いつもコメントくれる若旦那も、
「どんな格好をしててもカミさんは可愛い」
って言うのではないかと、多分。

そんなもんじゃないのかなぁ?
そんなにお洒落が必要???????????

むわったく共感できないのであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

恋愛至上主義?:南里

相手の魅力が喜びにつながっているんです
おっしゃるように
「あなたがいて私はこんなに幸せ~」
ってことだと思うんです

またまたおっしゃるように
私は、お化粧に価値を求めないですし
服装にも無頓着
同じ服を繰り返し着てもへっちゃら~なんですが

ただし、世の中には秩序というものがあり
高度に保たれた調和の発現において「美」というものがあります
これを目指すのもまた人類の使命のようにも思います
「お化粧」に限らず
女性の感性は、それをうまく察するという力があると思うのですが
これも偏見でしょうか?

おはようございます~♪

お化粧やプロポーション
それに
能力や個性に魅力を高めるのは
進化の過程で全身の毛がなくなり
服を身にまとうようになってから
男性の求愛行動を促すのに
本能的に
いろいろな美をまとわなくてはいけなくなったからだと思います
そして「美」に関する感性が鋭くなったんだと・・・

つまり
「必ず恋をしなさい」
と神さまはおっしゃっておられるんだと思いました

「お化粧」をしなさいじゃなくて
「魅力を高めなさい」
「誰かに恋をして、自分を高めなさい」
ということだと思います

「恋があるから、成長も発展も未来もあるんですよ~」とも

ご縁から発生する「恋心」って、とってもいい贈り物だと
改めて感じます
「そこに、あなたがいてくれたから・・・」
”若旦那~、なんり、深感恩

そこなんですよ!

私なんぞは、お化粧や衣装で「美」が実現するとは思えなくて(^^ゞ
それよりは、笑顔とか思いやりある言葉とか、そういうものの方が人を美しくするように思うんですよ。

どんな綺麗な衣装を着ても、背中を曲げてしんどそうにしてたら綺麗には見えないでしょ?
ボロっちぃ服を着ててもシャキシャキ動いてたら綺麗に見えるし。

「お洒落を忘れたら女は終わり」
とは思いませんが、
「美しくあろうと思うのをやめたら、人間は終わり」
かもしれないですね(笑)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。