スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流

ここのところ、一気に知己が増え、何がなんだかわからなくなりつつ……。

この日もまた、いろいろな方と出会いましたよ(#^.^#)

朝は酒蔵見学会です。
この日お邪魔したのは、梅乃宿さん。
何年か続けて見学させていただいているのですが、毎回何かしら、「初見」「初耳」があります。

日本酒の醸造工程にしたがって案内してくださったので、まず拝見したのは、やっぱり精米場でした。

0205_1.jpg

奈良県で、精米器を持っている酒蔵は3つしかないのだそうですよ。

では、精米器を持っていない蔵はどうするのかというと業者に委託するという形になります。

もちろん、委託での精米に問題があるわけではありませんが、もし何かの間違いで他のお米と混じってしまっても気づかないわけで。
自蔵で精米すれば、万が一にもその心配はない……という説明でした。

この日は、35%まで精米したお米もみせていただくことができました。
0205_2.jpg

わかります?
まるで石英みたいですよね?

お米って綺麗なもんだなと思います。
とはいえ、これは酒造米。
私たちが食べるお米とは違うのですが。

さて、精米されたお米は洗われて、蒸し器で蒸されます。

その後、お米を冷ますのですが、これがかなりの重労働のよう。

0205_6.jpg

スコップでお米を散らばらせておられるようですが……わかります(^^ゞ?
暗いし、動きが速いし……。

ブレブレっすね、すいませんm(__)m

そして次は酵母と麹をつけて、酒母が作られることになります。
この中にあるのが酒母。

0205_4.jpg

この写真ではよくわかりませんが、大きな樽から小さな樽まで、いろいろあります。
酒母は、「三段仕込」という方法で、少しずつ量を増やしていくことになるのだとか。

「三段」とは、「添」「仲」「留」の三段階のこと。

華道をやっている人は、「ん?お流儀のことかいな?」と思われるかもしれませんが、ちゃいます(笑)

まず、酒母1に対して、同量の米と水を足します。
これが「添」の段階。

1+1=2

これが発酵すると、「1」だった酒母が「2」に増えます。

酒母が「2」に増えたら、また同量の米と水を。
それが「仲」。
ここで「4」に増えました。

最後の「留」も同じ。
「4」の酒母に、やっぱり同量の酒と水を足し、酒母は「8」に。

こうやって時間をかけ、酒母を増やしていくわけですね。

手間かかってるんです<(`^´)>!!(←自分がやってるわけじゃないくせに、なんか自慢気)

その後はもろみ発酵ですね。
ここまで来たら、皆さんもうよくご存知でしょう。

今年は見学者の人数が多いこともあって、もろみの見学はなかったのですが、3年前の写真を引っ張り出してきましょうね。
こんな感じ↓↓
ume-7.jpg

い~い香りなんですよね~これが。

そしてその後、絞りとなるわけですが、これにも3つの方法があります。

ひとつが機械絞り。
それより手間のかかる「袋絞り」

0205_5.jpg

袋に詰めた「もろみ」を木桶に入れて、上からゆっくりと圧をかけていきます。
時間がかかる分、上品な味になるとか。

そして、もっと手間も時間も、そしてコストもかかるのが、「袋吊り」。
その名の通り、もろみを詰めた袋を吊り、お酒が一滴ずつ濾されいくのを待つというものです。

一升瓶一本分の日本酒が濾されるまで、どれだけの時間がかかるかは、想像つきますよね?
でもその分、日本酒の良いところだけが集められるのだとか。
うまいはずですよね!!

さて、この日はタイミングよく、「火入れ」の行程を見ることもできました。

0205_3.jpg

カメラに水滴がかかるといけないので外からの写真しかありませんが、中を覗き込むと、上からお湯が降り注いでいます。
湯温は60~65度程度。
約20分加熱すると、麹は死に、発酵が止まるんだそうです。

そして試飲。

0205_7.jpg

「滴」というのが、「袋吊り」で濾されたお酒です。
口当たりの優しさが、「大切に作られたお酒」であることを感じさせます。

この日もいろいろとわがままを言わせていただきまして(^^ゞ

「Unfiltered Sake」が飲みたいとリクエストしたり……。

「お燗にして欲しい!」と無理を言ったり(^^ゞ

希望に応えてくださってありがとうございましたm(__)m

この日、私はあまり酔えなかったんです。

予定では。

でもかなり飲んじゃったなぁ(^^ゞ
梅乃宿さんは、女性ファンが多い蔵なんですよね。

一応女性の私も、この蔵のお酒は大好きでして。
ついつい飲み過ぎました……。
すんません(>_<)

さて、見学会の後は、大阪府ミュージアム学芸員の交流会です。

第一部は地域で活動している人たちの事例紹介があり、第二部では各地の活動家さんたちが交流できる立食パーティになります。

パーティを無料で開催できるのは、大阪の企業さんが協賛してくださっているから。
テーブルの上には、タケダハムの焼き豚やソーセージ、サントリーモルツ、ヤマザキパンのサンドウィッチ、グリコのおつまみなどが並んでます。

壁際には大阪内の各市町村がブースを作り、さまざまな特産品やパンフレットを置いています。

0205_8.jpg


私は「八尾ツイッターミーティング」の紹介カードを持っていましたので、各地の方と名刺交換すべくうろちょろ……してたんですが、八尾でさまざまなイベントを開催をされているH氏もいらしてたんで、いただいた名刺は全部Hさんに。

「あとはよろしく~」
ってどんだけ無責任なのか(^^ゞ
でも、私が持っているより有意義なはず。

後で聞いたところによると、東大阪で同じような活動をしている方とかなり具体的に話しをすることができたそうで、近い将来東大阪&八尾で何かイベントが開催されるようです。
すごい!

朝8時過ぎに家を出たので、チュリーがちょっと気になっていた私、少し早目に会場を後にしましたが、もう一つ、忘れてはいけないイベントがあったんですよね。

先日の八尾屋台村で知り合った、イカ焼きの「ぺちゃんこ屋」さんが、柏原進出!!

……ということで、お祝い……もとい、食べに行ってきたのでございます。

2月16日から、毎週水曜日に、柏原駅前の宮脇書店で営業するみたいですよ。
もちもち生地にプリプリ烏賊の、おいしいイカ焼きが食べたい人はぜひ一度!

……とはいえ、私が注文したのは、豚焼きでしたが(笑)

しかし、私の顔を見るなり、
「今日も酒飲んできたんですか?」
とはどういう挨拶なんすか(-"-)

まぁ、その通りですけど(^^ゞ

しかも偶然、屋台村で知り合った柏原らーのお二人@kc582さん@morizousanに遭遇。
あまりのタイミングの良さに、
「あれ?お店手伝ってはるんですか?」
と聞いてしまいましたよ(^^ゞ

なんかこう、ご縁ですね?!

私は家に帰ってからゆっくり豚焼きしようと思ってたんで、
「あ、箸は入れなくていいですよ~」
なんて言ったんですが、帰り路に我慢できなくなりましてね。

包装をばりばりと剥ぎ取って、直接口で食べてしまいましたが(^^ゞ
暗かったんで、誰にも見られてないと思う。
……うん、思う。

そんなこんなで昨日も盛りだくさんの一日でした。
いっぱい飲んで、食べたなぁ~……。

ということで、今日からまた、ダイエット仕切り直しです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。