スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィット

この年始年末、いつも以上にお笑い番組を見てました。

普段はあ~んまり見ないんですよね。
一般的に「パターン芸人」と言われる人たちのお笑いって全然わかんなくて(^^ゞ

固まっちゃうんですよね~(^^ゞ

エドはるみさんとか、ほんと、何がおかしいのかさっぱりわからなかった。

とはいえ、吉本新喜劇の中で、いじられて笑うってのならわかるんですよね。
ただ、あれだけで笑えるとは思えなかった。
ということは、笑ってる人たちは、自分の心の中で彼女をいじってたのかも?

よくはわかりません。
ただ、すごく苦労人だと聞くし、吉本所属なんだから、ただ消えてしまうのを放っておかず、新喜劇か何かですくいあげたらいいのにな~……と思ってます。
本人のプライドがそれを許さないのかもしれないけどね。
どうなんでしょ?

パターン芸人とされる人でも、アドリブができて、ちゃんと会話ができて、お笑いを作り出せる人ならば残っていくべきだと思うんだけど、そういう人までが消えてしまうのって、なんなんだろうね。
変な「お笑いブーム」だと思います。

西岡すみこさんって最近見ます?
彼女もまたパターン芸人かもしれなかったけど、ちゃんとおもしろかったのにね。
彼女のしゃべりを「飽きる」ことはないと思うのに。
あの格好に飽きたから使わないってのなら、変な話し。
納得いかんなぁ。

さて。

この年始年末に観たのは、まず、「笑ってはいけない」。
まぁこれは、「笑ってはいけない」という状況下のおもしろさを笑うというものなんだけど、そんな中でお互いにつぶし合いをしたりとか、仕掛けに対する反応とか。
出演者が、「ちゃんとしたお笑いの人」なんで、安心して見てられるな~って感じです。

あと、「おもバカ」というのも見ました。
これは、体を使ったにらめっこって感じですね。

3分ずつ攻撃し合って、先に笑った方が負け。
「笑ってはいけない」と同じような状況なんだけど、
「会話がない」
というのが結構しんどく感じました。

なんの道具も使わず、言葉と体の動きだけで笑いを作り出すってのは難しいもんだね~と実感。
正直、期待したほど笑えませんでした(^^ゞ

「すべらない話」は、普通に面白かったです。

で、「これは!」と思ったのが、「IPPON」という番組。
いわゆる「大喜利」なんですけどね。
設問が面白かった。

池上彰を「イラッ」とさせる質問とは?
みたいな感じのね。

笑点なんかでやってる大喜利より、ナンセンス味がかなり上です。

これまた会話はない……と言えるけど、「設問」があることで、実質会話になってるんですよね。

見てて思ったのは、
「どれだけいろんな方面から、一つの物事を見られるか」
で強さが決まるなということ。

とすると、これは、ギャグやユーモアというよりは「ウィット」になるんでしょうね。

「笑い」というものを、「これはこういうもの」「これはああいうもの」という感じで区分してしまうことはできないでしょうが、新喜劇なんかで「ものすごく面白い芸人さん」がこの手の大喜利をやっても、多分あんまりおもしろくないんじゃないかなと思う。

かなり以前ですが、ちょっと似た感じのお仕事をいただいたことがあります。
「ラッキーアイテムを紹介してください」
というような内容なんですね。

例えば、
「今日のラッキーアイテムはお米。炊いてよし、炒めてよし。あなたが雀なら生で食べるのもGOOD。大声で「おこめ!」と叫べば、誤解されて近所の有名人になれるかも?」
……みたいな。

いや、やっつけで作ったので、全然面白くありませんが。

もちょっと時間もらえたらも少し考えますよ。
本当ですったら!!!

今日はこれから鳥見にでかけるんで時間ないんですよ~。
許してくださいよ~。

とまぁ、ちょっとばかりひねった内容にしてくれという要望だったわけですが。

そのときに言われたんですよね。

「こういう文章は、書けない人はどれほど努力しても書けないですからね~」
って。

つまり、私が原稿をあげたとしても、
「ダメならば、書き直してくれとは言いません。この仕事では二度と使いませんからよろしく」
ってことでもあります。

幸い、使っていただけたようですが。

とすると、私はどっちかというと、「ウィット系」なのかな?
などと思ったのでございます。

なんというか。
笑いにもいろいろあるよなと思った新春なのでした。

さ、出かける準備だ。
さっさと出かけるぞ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2年ぶりの日本で楽しみの一つは日本のテレビ番組を思いっきり見ることのはずなんですけど、分からない番組がいっぱいでした。今さらIPPON見てくれば良かったと思っています。

お笑い芸人も知らない人ばかり。すっかり浦島太郎なんですよね。

私も

バラエティ番組はわからないものがふえました。
というか、テレビ側が、芸人さんを使い捨てする気満々なのが見える番組が増えました。
松ちゃんが絡んでる番組は、「話芸」で勝負させるものが多いので、いわゆるパターン芸人はほぼ出て来ず、安心して見られるのが多い感じがしますよ。
今度来られたときにはまた変わってるかもしれませんが(^^ゞ
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。