スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョウ日和

昨日は午前中に家を出て、いつもの公園へ。

「カレー屋のカレーが食べたい!」
と調べてみたら、福島上等カレーは正月休むんですね(T_T)

カレーって本当に幅が広い。
「インドカレー」「日本風カレー」「タイカレー」、これら全部別モノやと思いません?

日本風カレーが食べたい時に、どれほどおいしいインドカレーを出されても、
「これじゃないやいっ!!」
と手足バタバタさせたくなるのは私だけでしょうか?

い~や、そうじゃないと思う。
あなたもそうでしょ?

インドカレーはインドカレー。
日本風カレーは日本風カレーなのっ!!

あぁ、あと、「家庭風カレー」ってのもあるな。

ってことで、福島上等カレーが食べたいときに、ココイチじゃあかんのです。
ただ、インディアンカレーなら代替可ですね、私の中では。

サンマルコでギリセーフ(笑)

残念ながら、わが家から公園までの道のりに、サンマルコもインディアンカレーもないので、全然別分野へ。
「うどんにする?」
とか言うてたんですが、結局ガストに入りましたとさ。
なははははは。

さて。

昨日はよい天気というわけにはいきませんでしたが、風がなく、小鳥たちにとってはのんびりとした日和だったかもしれません。

公園に入ってすぐに目に入ったのはこの子。

0102_2.jpg

公園の入り口で、
「トイレ行ってくるわ」
と言う旦那をほうったらかしにして先に行くと、メジロが椿の花の蜜を吸っています。

「おぅおぅ可愛いやんか。緑と赤がよく映えて」
と、おっさんのようなセリフで撮影し、ジョウビタキスポットでジョウ(雄)を探していると、後から旦那が追いかけてきました。

そして、ものっそ鼻高々な表情でモニタを見せつけてきます。

「傑作撮ってしもたわ」
と言いながら表示されたのが、上記の写真。

このメジロ、かなり長い間椿の樹の中にいた模様ですね。

まぁ、長いこと一緒に野鳥撮影していると、同じものを見つけてしまうものだ……とも言えますが(笑)

このとき、ジョウ(雄)は出てこず、仕方なく、ルリスポットへ。

そこにいたのがこの子でした。
まるで呼ぶように、
「ヒーヒー」
と鳴いていたんです。
0102_8.jpg

ジョウビタキの雌ですが、
「今年はこなかった」
と思い込んでいた、馴染みの子に似ているような気がする。

いや、ジョウビタキの見分けができるわけじゃないんだけど、なんとなく……。
なんとなく、雰囲気が。

人が近づいても逃げないところとか、上から見下ろしたときの目の表情とかが。

それに気づいてみれば、池を挟んでいるだけで、彼女の「いつもの場所」とここは、50メートルほどしか離れてません。

「あんた、いつもの子?」
尋ねかけると、彼女もこちらに首をかしげてきます。

ど~もそれくさい。
そういう気がする。

そう思いながら、「いつもの場所」に移動すると……。

池の向こうから飛んできました(^^ゞ
「いつもの岩の上」「いつもの枝」「いつもの看板の上」と飛び回っています。

そっかぁ。
ちゃんと来てたのか~~~~~~。
えらいぞっ!!!!!!!!

上の写真は、「いつもの看板の上」の写真。
正面顔はあんまり撮ったことがないんで、それをチョイスしました。

もう一羽のジョウビタキ雌も元気なようで、彼女にとっての「いつもの場所」でさかんに尻尾を振ってましたよ(#^.^#)

さて。
私たちにとって、ジョウ雌も「馴染みの子」ではありますが、一番感情移入をしているのは、やっぱり「いつものジョウ雄」です。

彼と出会ったのはさきおととしの年末でした。
自分の体の半分ぐらいもある緑色の物体を咥え、それを地面に打ち付けています。
バッタを捕まえたばかりのようでした。

でも、それに熱中するあまり、周囲に気が回らなかったんでしょうね。
シジュウカラに横取りされちゃったんですよ。

その後の淋しそうな背中ったら(>_<)

それを観てからどうにもこの子が気になり、この公園に来るたび探してしまいました。

おととしの冬も、去年の冬も、ずっとこの子の姿を追いかけてました。
でも、去年はテリトリーが変わったらしく、あんまりそばに来てくれなかったんですよね。

そして今年は……。
彼がこの公園に入ったらしいのは知ってました。

でもそれ以降、遭遇できず。

「来てるかなぁ?いるかなぁ?」
と探していたんですが、なかなか会えません。

ちょっとだけ範囲を広げて探してみると。
どこからか、「ヒー、ヒー」という声が聞こえます。
頭をふりまわして周囲を見回すと。
……いた!

0102_7.jpg

頭を下げたり、羽根をつくろったりしていますが、目はこちらを見ているよう。

そしてついと飛び立ち、「いつもの場所」へ。

0102_5.jpg

彼だけなんですよね、ここまで近寄らせてくれるのは。

こちらをじっと見ていますが、まったく怖じる様子はありません。

0102_6.jpg


もうちょっと近寄ってみましょう。
0102_3.jpg

200mmの望遠レンズをつけているとはいえ、これでノートリですよ。

彼と私の距離は1Mほどでしょう。
それでこの余裕。

0102_4.jpg

それでこの余裕です。

逃げるそぶりも見せません。

去年はあんまり近くに寄れなかったのにな。
去年はここらへんに猫がたくさんいたんで、警戒していたのかもしれませんね。

今年の猫の分布はよくわかりませんが、少なくとも昨日は一匹もいませんでした。
それで低いところに止まれたのかもしれません。
ならば、猫がいる日は、また近くで撮影できないかも。
チッ。

でも、なんにせよ、三年ずっとここにきてくれてたのは間違いないようです。
偉いぞ!!!!!!!!!!!!

ほんと偉い。
シベリアから日本まで、日本からシベリアまでの長い旅を、最低でも6回やってるんだ。
こんな小さな体で……。

こりゃこの冬も通い詰めちゃうなぁ(^^ゞ

しばらく私たちに愛想をしてくれたジョウ君が、
「ヒー!」
と大声をたてて飛び立ちました。

どうやら、ジョウビタキの雌がテリトリーに入ったらしく、それを追い払いにいったようです。
互いに、
「ヒー!」
「ヒー!」
と言い合ってましたが、ジョウ雄の勝ち。

場所的に、このジョウ雌は新顔だと思うんですが、確かめられませんでした(^^ゞ

というわけで、私たちの野鳥生活が、本格的に始まりましたよ!!

最後に、旦那撮影の、「盆踊り鴨」でもどうぞ(笑)
0102_1.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

萩原神社にまつわる情報です。

明けましておめでとうございます。

http://www.geocities.jp/yasuko8787/80707.htm#hasihaka

↑この太陽の道の地図に「日置荘」が描かれています。

あけましておめでとうございます

情報をありがとうございました。

かわいいジョウビタキくんですね。

こんばんは。
ジョウビタキくんをとっても近距離で撮影されてスゴイですね。
私がカワセミやジョウビタキの撮影で近くに寄れても、5m以上は離れていますので、こんな近くで撮影されているのは羨ましいです。

可愛いでしょ!

このジョウビタキ(雄)は、なぜか人(まさか私だけ?そんなわけないですよね?)を怖がりません。

じつは、雌の方は餌付けされているようで、一度、おじさんがミルワームを岩の上に置いているのを目撃してしまいました。
でも、雄のこの子は、聞いた話でも、目撃した話しでも、餌付けされている様子はないんです。
なのにこの警戒心のなさ。

なんなんでしょうね。

わかりませんが、彼が私を信頼してくれる限り、私も信頼される人間でありたいと思うんですよね。
頑張ります!!
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。