スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮気考

今回の旦那の出張は4週間。
かなり長うございました。
しかも行き先は、地球の反対側チリ。
インターネットのインフラもイマイチのため、チリのホテルでは、「インターネットつなぎ放題」なんぞというサービスはないとのこと。

すぇえっかくSKYPEを入れても、意味ございませんがな。

ということで、毎日朝晩5分程度の通話をするだけの生活が続きました。

それでですね。
旦那が帰ってきてから、少々困ったことが……。

旦那に対して、ちょっと甘えた感じで、
「あなた」
と語りかけようとするとき、口をついて出てくる名前が、旦那とは別の男の名前なんですよ、これが!!

「ええ年こいて、旦那と別の男の名をそんなに頻繁に呼んでたのか?」
と言われるかもしれませんが……。
そりゃぁ、いろいろありますもの。
あるんですもの。
私だって、人間ですもの。
そりゃそうですわ。

その男の名は、男の名は、男の名は?





「チュリー君♪」


なんすけどね(^^ゞ

ま、そんなもんでしょ。

旦那が日本にいなかった間、結構仕事が入ってたので、チュリーを肩に仕事をすることがよくありました。
で、チュリーがアクションするたびに、無意識に、
「んもう、なによぅ、チュリー君わぁ!!」
とか言うてたですよね。

この「無意識に」がいかんかったらしい。
無意識状態のとき、「愛しい人」を呼ぼうとすると、「チュリー君」が出てくるスイッチができてしもたみたいで(^^ゞ

これって、なんかすごく、浮気っぽい(^^ゞ

しかし浮気って、どういうことを指すんでしょうか。
人によって違うと思うんですよね。

例えば、恋人が異性の俳優に熱をあげているだけでもいやだと言う人もいます。
うちの旦那はそれは全然平気なようで、私が松山ケンイチファンだったとき(今でもそこそこ好きですが)、松山ケンイチの写真が入ったカタログなんかを集めては、嬉しそうに持ち帰ってくれたものです。

そのくせ、鴨川シーワールドに行って、
「オスカーの背びれがかっこいい!あ、こっち見た!いや~んオスカーと目が合っちゃったぁん♪」
とか言ってると、不機嫌になったり。

シャチに嫉妬する男……。
なんかかっこええやんか(笑)

友人にその話しをすると、
「シャチ相手に喧嘩しても絶対勝たれへんからいやなんちゃうか~?喧嘩しても勝てそうな男なら、あんたが多少キャーキャー言うても平気なんちゃう?」
と鋭いことを言うてくれましたが(^^ゞ
そうなのかしら。

で、私はどうかと言いますと、旦那の好きな女優さんが、私と似た……というか好きなタイプだったら平気です。
いやむしろ「えたりかしこし」です。
でも、全然違うタイプだったら、なんかやだ(笑)

ただまぁ、相手が俳優だろうが、歌手だろうが、熱を入れてキャーキャー言う心の奥底には、ある種の恋愛感情が潜んでいるには違いなく。
「それは浮気だ!」
って言われたらそうなのかなと思う。

でもまぁそんなこと言うたら生きていけませんからねぇ(^^ゞ
それぐらいは許してもらえたら、と。

でも、私がすっごくいやだと思う「浮気」は、また全然違うものです。

私は仕事のこともあって、SNSとか、twitterに参加してます。
どんなものでも、知らないよりは知ってる方が有利ですし、おかげで、ライターさん同士のつながりもできたところ。
それなりに楽しんでます。

ただ、ときどきいてるんですよね。
下心あり~で参加してるっぽい人が。

でもまだ、
「○○さん可愛い!好き!」
とか言うてる人はそれほど気になりません。

そういう人に限って、実生活では家族を大事にしてるようで、家族で仲よくお出かけした写真なんかを嬉しそうにアップしてたりしますし。
そこに映っている奥さんはすごく幸せそうに見えたりもします。

「うげ~」
と思うのは、異性に対してさりげなく、「私はパートナーにないがしろにされている」と、アピールする発言。
最悪の媚びを感じてしまうのは私だけっすかね(^^ゞ
「ほらほら、ここに隙がありますよ。良ければどうぞここに入ってきてください」
と言うてるのと同じと思うんだけどね。

大事にしてもらえないなら、大事にしてもらえるように努力すりゃ~いいじゃん。
相談したいのはわかるけど、それなら同性にやれよ!

でも、それが相談じゃない証拠には、
「誕生日に花を買うとか、愛情を表現してみては?」
などとアドバイスしても、
「結婚5年目にもなればこんなもんでしょう。仕方ないですよ」
とか言って、絶対前向きな努力をせんのよね。
本当に仕方ないと思ってるなら、グチるな。ボケ。

女性でも男性でも、意外と多いんですよ、これ。
意識的にか無意識にか知りませんが、言うてる人多いです┐('~`;)┌

個人的には、いくらネット上でも、異性に対して自分のパートナーの愚痴を言うのは、おもっくそNGだと思う。

そしてそれに対して、必ずまた、「下心ミエミエ」っぽい異性が、
「愚痴ぐらいなら聞くよ~」
な返答をしてたりね。

気持ち悪いので、そういうのは見ないようにしていますが。
最悪なのは、「お酒でも飲みながら愚痴を聞く」というように持っていくパターンですね。
自分ではさりげなく言うてるつもりかもしらんけど、ものっそ卑しいのがわかってるんやろか。

そういう人たちって見境ないしね(^^ゞ
ネット上のことで相手が見えないし、とりあえず相手が異性ならいいと思ってるんだろうかとか。

私の
「ったくうちの旦那は私のことになると心配性で困る」
な発言にも、
「今度お酒の席で愚痴聞きますよ」
とか言うてきた人もいましたからねぇ(-"-)

ったく、物乞いか。
さもしいことこの上ない。

「うちの旦那はニンジン嫌いで困る」
と発言しても、
「愚痴聞きますよ」
とか言うてくるんちゃうか……。

でも、見まわしてみると、そういう、自分からはっきりと浮気を提案はしないけど、相手にその気があるのならば、そういう雰囲気になりそうな隙を作っておこう……という態度の人は、ものすごく多い。
そして相手に、冗談とも受け取れるような余地を残しつつ、好意をアピールするんですよ。

この「冗談ともとれるような余地」というのもまた、いくじないくせに卑怯だと思うんですよね。

相手が、
「気持ち悪いから、やめてくれません?」
と言ったら、
「本気にしないでくださいよ、冗談ですよ」
と上手から言い訳できるしさ。

もしも、
「そんなこと言ってもらえて嬉しいなぁ、実は今、ちょっとつらいことがあって……」
というような反応が返ってきたら、一歩前進♪

……みたいなね。
もうその「あわよくば感」が極悪に気持ち悪い。

アイコンに自分の写真を使っている女性に対して、
「実物はもっとお綺麗なんでしょうね」
とか言うたりして。
ぞ~っ……。

「○○さんの魅力に引き込まれちゃいますぅ」
とか。
うげ~~~~っ!!

だんだんさぶいぼが出てくるんで、そういう発言を一定回数以上やっている人を見かけたら、その人の書き込みは見ないようにしますが……。

いや、コミュニティってのは、似た者同士が集まることが多いので、私はまだそういう人とのつながりはあまりない方だと思うんですよ。
「浮気願望ありそうな女」と「浮気願望ありそうな男」が集まっているコミュニティもあるもんね(^^ゞ
そういうのには、絶対近寄りません。
それでも「浮気願望」が、数パーセントは見つかってしまうから、世間にはものすごい数のそういう、「浮気の機会乞食」がいるのではないかと思います。

でも、なんでそういう人とご縁ができてしまうんだろ……っていやになるんですが、思い当たることは一つ。

そういう人って、本当に物乞い根性が強いから、
「あ、この人ならオフ会とか主導的に開催してくれそう」
と感じる人にはすり寄るんですよね。
労力にしろ、お金にしろ、自分は出したくない。人にやらせようって魂胆です。

何かとりかかりを見つけて、
「それはどこにあるんですか?」
と質問して、オフの話しに持ってこうと誘導したりε-( ̄ヘ ̄)

まるで私の発言に興味があるような絡み方をしてくるけど、話しを詰めてくると、
「それならお酒も飲みたいですね」
と来る。
結局は複数の異性と会える飲み会やりたいだけなのね?┐(´ー`)┌

あ~~~~~~~、気持ち悪ぃ。
さぶいぼでるわ。

それに比べて、心底ほれ込めるパートナーを見つけ、その人に果敢にアタックして、結婚しました~!
だから結婚してからもパートナーをすっごく大事にしてま~すっ!……っていう人はものすごくかっこいいよねぇ。

仕事で、宇崎竜童さん・阿木燿子さんご夫婦にインタビューをさせていただいたことがあるんだけど、かっこ良かったなぁ。
「仲良し夫婦」アピールは全然なかったけど、しっくりはまってる感じがしました。

そういう夫婦ばっかりだったら素敵なんだけど。
そうでない夫婦もやっぱり存在するみたいで。

人生いろいろあるし、道を誤ることもあるものだから、「そうでない夫婦」も「そうな夫婦」に変わることは充分あると思います。
そして、その反対もあり得る。

だから私はとにかく、旦那を大事にして(???)行きたいものだと思います。

その方が楽だし、自分自身も気持ちいいし、何よりその方がかっこいいと思うからね。

かっこ悪い人間になりたい人の気持ちがわからんわ。
あ~、キモッ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

信頼:南里

「信頼」
この字を書いていて
深く気づいたことがあるんです
「頼る」
という字がついてることなんです

相手を信じて全身全霊を預けているという意味か
または
自分の「信じている」意志に純粋に頼っているのか
いずれにしても
かなり深い言葉だと思ったことがあります

おはようございます

「頼る」ということは
そこに
「信」があればとにかく主体的なことだと思ったんです

「もたれる」んじゃなく
「甘える」んじゃなく
「信」あって「頼る」のか~と
わかったようなわからないようなことですみません

話は少し飛躍するのですが
日本人同士の信頼感っていうのが薄れているように感じるんです
また、そのように仕組まれているのかもしれません

憲法前文に
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して・・・」
日本の平和を守ることが書かれています
(意地悪く 
 「じゃぁ 信頼できない諸国民には、刃を突きつけてもいいんですよね~」
 って弁護士の先生に言ったことがあります)
同国民同士のこの信頼感が薄いのに
どうして異国の人々を信頼できるのでしょうね~?

つまり
同国民同士、信頼し合わないことは
憲法の前文にそぐわない行為であり
半世紀を経てもまだ
この憲法への信頼も勝ち取っていないと思ったのです

「人」という文字
信頼し合って生きていくということを表すのかも?しれないな~と
そして
「もたれる」「甘える」「頼る」「支える」「助ける」・・・
その中で
「手を携える」という表現が
最も似合うのは
「夫婦」
なんじゃないかな~って思います
”若旦那~、なんり、深感恩

目の前の相手

夫婦はある意味、一番コンパクトな人間関係ですよね。
その相手を悲しませるようなことを平気でする人って、信頼できないな……と思います。
もちろん、人の事情はそれぞれですよね。
いろいろなことがある。

だけど、おっしゃるように、
「自分を信じて全身全霊を預け」得る相手であり、
「相手を信じて全身全霊を預け」得る相手でもあるのは、やっぱり夫婦だけじゃないかなと思うわけで。

それがベースにあるかどうかっていうのが大きいと思います。

そういうベースもなく、ヘラヘラヘラヘラ不特定多数の女性のご機嫌をとる男性って、結構いてはるようで。
そしてそういう人は、若旦那の言う典型的な「テイカー」なんだな、と。そう思うと余計にげんなりしたんですよね(^^ゞ

そういう人を「信頼」できるかなぁ?
私は無理です。
そう考えると、国民同士の信頼って、どういう風なありようをするのが一番いいんでしょうね?
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。