スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酢豚

私が最初に覚えた料理は、卵焼きでした。
卵をかき混ぜて醤油をおとし、くるくると巻いていくという、それだけの料理ですが、作る人によって全然味が違うんですよね、不思議なことに。

うちには料理人が二人いました。
母と祖母ですね。

祖母の卵焼きは甘く、薄く焼いたものを丸く巻きあげたものでした。
母の卵焼きはしょっぱく、四角く焼き上げていました。

両方から教わったように思います、確か。

そして今、私が作る卵焼きは、だししょうゆとお水がたっぷり入っていて、四角く焼き上げたものになっています。

本当はいちいちダシをとる方がいいんでしょうが、なんせ、旦那はいきなり、
「卵焼き食べたいな♪」
とおっしゃるので。

それからダシをとって、さまして……ってやってたら、食べられるのは1時間後ぐらいになっちゃう(^^ゞ

旦那はなるべく分厚く卵を流しいれて巻いたものが好きです。
結局、旦那好みの味になるんですよね~料理って(笑)

そんなわけで、私はほとんど、「母の味」を受け継ぎませんでした。

理由は他にもいろいろあるんですよ。
でも一番大きな理由は、母が中華料理やニンニク、そしてチーズ、ハム類でぇ嫌い!
……ってことでしょう。

私はそれらが大すきなんで(^^ゞ
いきおい独学することになる。

そんなわけで、母から、
「あんた、酢豚って作れる?」
と聞かれたとき、私は、
「オフコース」
と答えたのでございます。

私も旦那も酢豚は好物ですから。
しかも、酢豚って、「こうやって作るんだろうな」と想像した通りの作り方でできますし(笑)
二年ほど前には、「ガス火を使うお店特集」の取材で、人気店の酢豚作りはいくつか見せていただきました。

旦那も、
「のりこの酢豚は絶品やな!」
と言うてくれますし……。

自信満々とまでは言いませんが、
「教えて欲しいって言うなら、教えてあげてもいいけど?」
ぐらいの気持ちはありましたね、酢豚という料理に関しては(笑)

なので、
「一度作ってや」
と頼まれたら、断る理由もなく。
昨日の夕方、スーパーで豚肉、タケノコ、しいたけを買い込んで、実家に向かったのであります。

ここで、私の作り方を紹介しておきましょう。
まず、圧力鍋でお湯を沸騰させ、乱切りにしたニンジンを放り込みます。

ある人気中華店の料理人さん曰く、
「中華の基本は油通しって言うけど、家庭では難しいでしょ?お湯通しでも充分代用できるよ」
だそうです。

少し固めに茹であがったころに取り上げ、そこに中華スープの素を少々。
豚肉を放りこみ、圧をかけます。
湯気があがったら5分ぐらい煮、火をとめて放っておきます。

その間に、しいたけ、筍の水煮、タマネギなどを好みの大きさに切っておきます。
また、ソースを作っておくと良いですね。
私は、だししょうゆ、砂糖、お酢、ケチャップをブレンドします。

言うてるうちに圧力鍋が静かになりますから、蓋を開けて豚肉を取り出します。
後は、片栗粉をつけて、厚めのフライパンに少し多く油を引き、焼き目をつけていきます。

残った片栗粉は、ソースに入れて混ぜておきます。

豚肉がおいしそうにカリッとなったら、そこに野菜を投入。
ニンジン以外の食材はすぐに火が通るものばかりですから、2分も炒めないと思います。

最後にソースを回しいれ、とろみがついたら出来上がり。

ものっそ簡単でしょ?
でもおいしいです。

が(^^ゞ

皿に盛った酢豚を見た父の第一声はですね。

「のりこ、豚はどこにあるんや」
でした(笑)

いや~……豚肉は一人3ブロックずつしかなくて(^^ゞ
野菜を多く使ったので、よけいに豚肉が目立たなかったようでございます。

幸い、味は気に入ってもらえたようで、母も、
「へぇ、これなら食べられるわ。作り方は見てたから、今度作ってみよう」
と言うてくれましたが、そこにすかさず父の、
「豚肉はもっとたくさん入れて」
というツッコミが入ってました(^^ゞ

ほんますんませんm(__)m

うちの家族は二人なんで、二人分の酢豚を作るイメージで豚肉を購入してしまいました。
でも野菜はたっぷり四人分ぐらい入れたんで(^^ゞ

四人分?
そう。
昨日は祖母がいたんです。

祖母は今、施設と家を行ったり来たりしています。
荒れた時期は終わり、今はかなり落ち着いています。
が、ときどき何かが気に入らなくなるらしい。

朝に施設へ行き、夕ご飯を食べてから帰って来る生活が基本なんですが、昨日は父がいきなり呼び出されたようで。
「この年まであんたらを育ててきた私が、なんでこんなところに入れられなあかんの?」
と言われたそうな。

戦争後、女手一つで三人の子どもを育て上げたという祖母の自負心が顔を出したみたいですね。

また、祖母にとって施設は、「人がたくさんいて楽しいところ」「親切な人がたくさんいるところ」というプラスのイメージと、「認知症の老人が多くてみじめなところ」というマイナスのイメージが混在しているらしく、時々どちらかに偏るようです。

で、昨日は規定の時間より早く帰ってきてた……と。

でも、一時期の、猜疑心の固まりのような雰囲気はもうまったくありませんでした。
どちらかというと、機嫌の良い小さなおばあちゃんという感じで、落ち着いています。

一時期は、本当に何も食べられなくて、点滴に頼っていたのですが、精神が落ち着いたからか、夏バテから解放されたからか、今はものすごくよく食べるみたい。
ってことで、酢豚もモリモリ食べましたよ。ビックリ。
そりゃまぁ、皿に盛り付けた量も少なかったけどさ。
肉はカリッと焼いてますから、歯にのるとは思わなかった。

祖母の変わり方は本当に予測がつきません。

このまま、精神的には落ち着いてくれたらそれが一番なんすけどね~。

さて、昨日は結構良い豚肉を使った、「ご馳走」だったんで、今日はしっそにいきます。

「オカラ」です。
ふふ、ふふふふふふふふふふふふ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。