スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベント

子どもの頃、誰にもらったんだったか、なんでもらったんだか忘れたんですが、
「のりこちゃんへのプレゼント」
ということで、外国の本が10冊ぐらい手元にありました。

「これで英語に興味を持たせよう」
っていうつもりで、親がくれたんだったっけ?
でも、当時、父親は忙しかったし、母親はそんなハイカラなもんに関する知識はなかったと思うし……。
親ではないっぽいなぁ?

私は文字を本で覚えたんですよね。
「世界童話宝玉選」という本がありまして。
母曰く、
「あんたは字を覚えるのが早かった。3歳のときにはもう本を読んでた」
そうです。

それで、「それなら英語も」となったというのは、あり得る話かなぁ。
父方の伯母は、昔からお洒落な人だったし、子どもの教育にも熱心だったから、そこらへんからもらったと考えるのが、一番ありそうな気はします。

でも、残念ながら、私はそれで英語を覚えることはありませんでした(^^ゞ
もし、面白そうなストーリーだったら覚えたかもしれませんが……。

中途半端な内容だったんすよ。
外国の子どもたちが季節の行事に参加しているイラストがあって、
「○○ちゃんは××をしています」
みたいな説明のある本。

しかも、その内容が、
「ハロウィン用の仮装をしています」
とかさ。
「クリスマス用に大きなもみの木を切りに行きました」
みたいな。

どこにどう共感しろって?????
……という内容(笑)

たぶん、この本を選んだのは、
「外国の行事に関心を持たせよう」
という意図があったんだろうなぁ、多分。

ハロウィン用のおかしを入れるバスケットの作り方……なんてのもあったし、クリスマスツリーの飾りの作り方もありました。

バスケットは材料がそろわなかったので作らなかったけど、ツリーの飾りはいくつか作った記憶があります。
手作業は好きだったんですね、子どものころから。

さてさて。
そんな絵本の中に、なぜか入っていたのが、12月のカレンダーでした。

カレンダーと言っても紙一枚のペランとしたものではなく、かなり分厚い、厚紙だったと思います。
そして、日を書いた枠は、ミシン線になっていて、ペリペリと開けてめくることができるように、細工がしてあります。

試しに1日のところを開けてみると、めいっぱいの笑顔を作った熊が手を振っている絵が描かれていました。

「なんじゃこりゃ?」

意味がわからなかった私は、2日も開けてみると、兎さんがおどけた表情を作った絵が描かれています。

「?????」

ますます疑問符で頭が一杯になり、次々にミシン線を切り取っていき、最後の一つを開けると、そこには、
「メリークリスマス!」
って書かれていたような記憶が……。

今思えばこれは、「アドベント・カレンダー」でしょう。

アドベントってのは、「降臨節」とか訳されてたと思います。
つまり、キリストの誕生日=キリストの降臨日を待ち望む期間を指す言葉で、調べてみると、クリスマス前の4週間を指すとか、クリスマスに一番近い日曜日までの4週間を指すとか、いろいろなパターンがあるようで。

ただ、よく知られているように、キリストの誕生日がいつかなんてことは、聖書には一切書かれていません。
なのになぜ、12月25日が、キリストの誕生日(もしくは誕生を祝う日)になったのかというと、ゲルマン民族の「ユール」を取り込んだからだというのが定説ですよね。

ユールってのは、本来、冬至を祝う日のことで、今年は12月22日になるみたい。

冬至は、昼間が一番短い日ですから、次の日からはどんどん長くなっていくことになります。
つまり、「太陽の復活日」なんですね。

だからユールは、キリストじゃなくて、太陽を祝う日だったわけです。

現在では北欧で「ユール」というと、「冬至祭り」ではなく、「キリスト降誕祭」を意味するということになってるみたいですが、本来的にはそういうことになるんですね。

ということで、北欧では、アドベント・カレンダーを「ユール・カレンダー」と呼ぶんだそうな。

冬至ってのは、どこの国でもとても大切な日だったらしく、古代日本でもこの日を「一年の始まり」と考えられていたらしき行事なども残っています。

ある神聖なスポットから見て、冬至の日に太陽が出てくる地点に、やはり神聖な祠などが設置されている……ということもある……とされてます。

つまりまぁ、12月に入るか入らないかのこの時期は、
「なんか楽しいお祭りを待ち望む、わくわくの時」
ってことですよね。

現在の日本では、あちこちでクリスマスツリーが設置され、ライトアップされ、そりゃもうキラキラですよ。
昨日も取材の帰り、大阪近辺をうろうろした(ちょっと迷ったとも言う)んですが、あっちこっちそりゃ綺麗でした。

今年も旦那と一緒に、クリスマスイルミネーション巡りの旅をしたいところだけど、この年末は旦那が忙しいから、どうなることやら。

なんにせよ、この時期、なんかわくわくするシーズンです。
旦那が忙しいんで、一人ぼっちのお出かけにはなりますが、キラキラを見に出かけてみようかな?
……でも、迷わないように、地図はちゃんとチェックしないとですね。

さ、今日を始めましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。