スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅原道真なんだなぁ

もうずいぶん前になっちゃいますが、水木しげる展で買ってきた、「日本妖怪大全」を読んでおります。
買ってきたはいいけど、他に読むものがあって、なかなか手をつけられなかったんですよね。

子どもの頃から水木氏の妖怪関係は結構読んでいるし、先だって読んだ、村上健司さんの「妖怪事典」がものすごく詳しかったので、そんなに新たな発見はなかったんですが……。

気になったのが、「ひょうすべ」の項でした。
「ひょうすべ」は、鳥山石燕の「図画百鬼夜行」によれば、どこからどうみても、ただの「毛深いおっさん」です(笑)
でも実は、そこにはさまざまな背景がありまして……。

「ひょうすべ」を漢字にすれば「兵主部」。
「兵主神社」は日本各地にあるようですが、そもそもは「兵主神」を祀る神社であったと考えられています。
それじゃ、「兵主神」って何?
……そう聞かれたら、答えに困るんですよね。

ただ、一般的には、道教の神(?)である、蚩尤と関係が深いと言われています。
WIKIを見ると、蚩尤と兵主神を関連づけているのは「史記」「封禅書」である……となってますね。

蚩尤は、金属神でもあり、武神でもあります。
というわけで、兵主神社と相撲には関係が深いように感じています。

その名残は、ひょうすべの別名「河童」にもあるでしょう。
鳥山石燕の絵からは、とってもじゃありませんが、ひょうすべ=河童とは思えません。
思えませんが、ひょうすべは河童と同じであるということになってます。
そして、河童が相撲好きであるということは、各地に残されたエピソードからも明らかでしょう。

さて。
ここまでは、前知識として持っていました。

問題は、ですね。
そのひょうすべの害を防ぐための呪文なんですよ。

ひょうすべは河童ですから、水の中で悪さをします。
人間のお尻から「尻子玉」を抜いて、溺れさせたりするので、「悪さ」と言っても、命にかかわるものです。
そこで、ひょうすべ=水難から逃れるための呪文なんてのも出てくるのですが……。

それがですね。

「ひょうすべよ 約束せしを忘るなよ 川立男氏も菅原」

って言うんです。

ん?菅原??

気になって調べてみたら、やはりこれは、菅原道真のことのようで。
これまたやっぱりWIKIによれば、
潮見神社の宮司・毛利家には、水難・河童除けのために「兵主部よ約束せしは忘るなよ川立つをのこ跡はすがわら」という言葉がある。九州の大宰府へ左遷させられた菅原道真が河童を助け、その礼に河童たちは道真の一族には害を与えない約束をかわしたという伝承に由来しており、「兵主部たちよ、約束を忘れてはいないな。水泳の上手な男は菅原道真公の子孫であるぞ」という意味の言葉なのだという。
と解説されています。

となるとですね。
菅原道真と兵主神=力士・金属と関係の深い神……という関係が出てくることになります。

これが、むっちゃツボ(笑)

そもそも、菅原道真という人は、本当に不思議な人です。
確かに、当時にあって、天下一の天才・秀才であったことは間違いないでしょう。
でも、彼の死後、なぜそれほどまでに恐れられたのか?
彼がただの「天才」というだけではなかったからでしょう。

そもそも、菅原道真は、野見宿禰公を祖とする土師氏の出でした。
野見宿禰公は、力士の元祖でもあり、また古墳造営に深い関係があります。
その後、土師氏は、古墳造営に携わる氏でした。

ですから、菅原道真と武神に関係があるということはうなずけます。
頭がいいだけじゃなく、ケンカも強いんだね~。ほっほっほ(←?)

そして、金属。
菅原道真公の太宰府への下向は、左遷ではなく、北九州の鉄鉱関係者との縁結びのためであった……という説を聞いたことがあるのですが、その出典は確認できてません。

でも、あり得ないことじゃないと思うんですよね~。
大阪南部に菅原道真の荘園がありますが、そこにはやたらと、「雷神伝説」がありますし。
雷神と鉄鉱は、無関係とは思えません。

それを裏付けるかのような、この、「ひょうすべ」と「菅原道真」の関係は……。

うっわ~、むっちゃ気になる!!

菅原道真公といえば、「天神様」ですよね。
でも、「天神社」で祀られているのは、道真公だけではありません。
さまざまな神様が祀られていますが、でも、一番多いのは、少彦名神ではないかと思います。

思いますが……。
少彦名神もまた謎の多い神様ですよね。

うつろ船に乗ってやってくるところは、「淡島様」「秦河勝」などの、「祟り神」を連想させます。
そういえば、兵主神は、秦河勝が持ち込んだという説もありました。
また、豊中市にある「服部天神宮」では、秦氏は少彦名神を尊崇していたと説明しています。

そして個人的に、「掌からこぼれおちた神」である少彦名には、「雷神」のイメージがつきまといますし。
少彦名と同じように体の小さい男、小子部スガルが雷神を捕まえたことも、何か意味があるに違いありません。

あぁ、この絡み合う糸たちの面白いことよ!!

……でもですね。
今日はちょいと寝不足です。

旦那が早朝に出かけたんですが、「間違いなく早起きしなくちゃ」という緊張感から昨夜あまり熟睡できず。
全然頭が整理できませんねんわ(^^ゞ
もう、広げっぱなし。散らかしっぱなし(笑)
すんません。

今日は午後から用事があるし、新しくいただいた仕事関係で呼び出される可能性があるので、昼寝もできまへん。

午前中は西宮で開催されている「アフリカの仮面と美術展」に行こうと思ってたんですが、今朝になって改めて調べてみたら、水曜休館でやんの(T_T)

仕方ないのでいろいろ調べたら、阪神百貨店で、「手工芸展」をやってるので、ちょっと早目に家を出て、ぶらぶらと見て回ろうかと思います。
用事は梅田だし、呼び出されるとしたら、場所は天満だし。
今日は梅田界隈をぶらぶらしますわ~。

ぶらぶらしてる間に、菅原道真についてなんか思いつけばいいんだけど(笑)

ということで、眠い頭をふりふり、用事始めます~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。