スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の根っこ

自分の性格を形成する、大きな「根っこ」にあたる要素は、「めんどくさがり」であるということは、随分前から気付いてました。

とにかくめんどくさいんですよね。
だけどそれが一見、「人間ができてる」というように見られることも多いんですわ(^^ゞ

例えば。
どうでもいいことに腹をたてるのもめんどくさい。
ただめんどくさいだけなのに、
「我慢強いねぇ」
と言われたり。

ちゃうねん、自分の利害のことで怒るのなんてめんどくさいねん。
利に関しては最初から期待はしてないし、害についても怒るより先にさっさと修復しちゃう方が楽やありませんか?

こういう書き方をすると、「人に期待してないのね?傲慢ね!!」とか言われるかな(^^ゞ
違うんです。
「あなたのために何かをしたい」と思ってもらえるその気持ちはすごい嬉しいんですよ。
「純粋に、あなたの喜ぶ顔が見たい」と、何かしらの行動をしてもらえたりすると、大げさではなく感動にうちふるえます。
ただ、その結果がどうであっても、別にどっちでもいいというか……。
だって、世の中のことって、なるようになっていくじゃないですか。
大きな流れの中で、自分の利害なんてちっぽけだよな……と。
本当に大きな利害は、病気とか死とか事故とか、人が意図的にやったことのせいでおこることはあんまりないところにあるような気がします。
……う~ん、なんか言葉にすると綺麗事っぽいですが、まぁとにかく、自分の利害について怒るのは、たいていの場合はめんどくさいんですね(^^ゞ

また、ぐだぐだ言うのがめんどくさいから、面倒なことは進んでやってしまった方が楽……。
それだけなんですが、
「指導力がある」
とか言われたりします。

でも違います。
ただ単に、めんどうなことをさっさと終わらせたいだけです。
今までの経験上、ぐだぐだと言ったところで、結局「やる人」にお鉢が回ってくるんですよね。
としたら、私がやることになるにきまってるわけで。
ならば、さっさと自分からやる方が話が早い。

いつまでも逃げる体力がないんですよね~。
いつまでも逃げてる人をみると、「大変だなぁ」って思う。
そんだけの体力があれば、一仕事どころか、三仕事ぐらいできるんじゃないかしらん。

そんなわけで、人の目からどう見えようが、とにかく、自分の性格の根本が「めんどくさがり屋」であるということは、自分でもよぉ~~~~~~くわかっておりました。

ただ、自分でも「なんでそうなるんだろ?」と首をかしげる、自分の感情というのもありません?
私はあります。

例えば私は、距離感を測ってくれない人が苦手です。
いきなりふところに飛びこんでこられると、
「うっ!!」
と逃げたくなる。

例えば昔、オフ会を結構盛んに開いてたころ、
「友達になって欲しいです」
というようなメールをよくいただきました。

それだけで、
「ひぇええええええええええ」
となってしまう、過敏で神経質な私。

友達ってのは、意識してなるものじゃなく、気が合うなぁとつきあっていくうちに、自然となるものじゃないのかなぁと思うんですよね。

「お、仲間だね!」「お、気が合うね!」「それ、わかるなぁ」なんてことを繰り返してはじめて「友達」になるんじゃないか、と。
そういう順序をすっ飛ばして「友達になって」って言われてもなぁ(^^ゞ
気が合うかどうかわかんないのに、友達になんかなれんと思う。

それに「友達になって欲しい」と言ってくださる方の多くが、私に過剰に期待しておられたのもまた、逃げ腰になる原因でした。

「あなたの言うことならどんなことでも、疑問を持たずに信じられる気がするんです」
って言われたときには、なぜか涙目になってしまったぐらいで(^^ゞ

そういう人って、私が距離を置きたいと引けば引くほど、近づいてくるんですよね……。
しかも、(明らかに大した興味はもってないのに)私の得意分野について質問するとか、自分の生い立ちを打ち明けてくるとかそういう形で接近してきぃはるんですよね。
なんでなんでしょう?
質問に答えるのはなかなか時間と手間がかかるものだから、回答に対して相手がさほど興味を示さなければ、
「大して興味がないなら、最初から聞かんとってくれ、めんどくさい」
と思っちゃうだけなのにね。
それに、他人の生い立ちには、特に興味ないしなぁ(^^ゞ

そんな風に、ちょっと引くだけじゃだめなので、結局全速力で逃げることになります。
その逃げ方は、人から見ると、
「もう少しナチュラルにできへんか?」
と言われるぐらい極端な態度だそうで(^^ゞ
反省はしてるんですが、じっとしてられないんですよね。怖くて(^^ゞ

そのくせ、いきなりドド~ンッ!!とやってきて、ため口をきき、いきなり友達扱いしてくる人でも、全然苦手感のない人もいたりします。

具体的に、そういう経緯で友達になった人を思い浮かべ、
「なぜ私は彼女を苦手に感じなかったのか?」
と考えてみました。

結論。
全然難しいことじゃありませんでした。

彼女もいきなり私の懐に飛び込んでくる代わりに、私が彼女の懐にズドンと飛び込んでも、彼女はまったく動じないから。
ただそれだけのことが原因のようでした。

結構ズケズケとした言葉で意見を聞いても、心象を害しない。
それどころか、彼女自身もズケズケとした言葉で返してくれる。
楽だ、なんて楽なんだ!!

苦手なんですよね。
「はっきり言わなくても察してよ!」
っていうやつが(^^ゞ

はっきりとした言葉でちゃんと表現する方が楽だし、話も早いじゃん……。

それに、いちいち言葉の裏を読むのなんて、むっちゃめんどくさいっちゅ~の。
「こんなことを言ったら、気分を害するかな?」と、言葉を選びまくるのもめんどくさい。

普通の友人の場合、おつきあいの中で信頼関係ができあがり、相手に対する信頼が根本となって、言葉尻ごときで怒ったり、傷ついたりすることがなくなるわけですが、いきなりドド~ンと来ても友達になりたいと感じる人の場合は、確固たる性善感により、人の言葉を必要以上に悪い意味に受け取ることがないんじゃないかと思います。
楽だ~楽だわ、楽が一番!!

ときどき、勝手に人の言葉を悪い意味にねじまげて受け取る人っていますもんね(^^ゞ

特に、メールを主体とした関係の場合、言葉のアヤで相手を傷つけてしまったり怒らせてしまったりという経験がありませんか?
そういう場合、レスポンスが返ってきたときには、相手は完全に傷ついてるか、怒ってるかなので、修復が大変なんですわ。
そういうときは、なるべく相手にちゃんと説明し、納得してもらうよう努力しますが、うまくいくこともあれば、失敗することもあります。
でも、うまく納得してもらえても、その後こっちから疎遠になっちゃうな。
だって、こういうことが続くとしんどいし(^^ゞ

そんなわけで、私の周囲には、言葉の上げ足をとって勝手に傷ついたり、勝手に深読みしてきたりする友達はいなくなってますね。
私も彼(女)も、思ったことはきちんと言葉にするし、言葉以上の感情はないという関係は、すごく楽。
でもそういう人とばかりつきあってると、よけいに深読みが苦手になってくる(^^ゞ

というわけで、友達関係の中でも、私のめんどくさがりはイキイキと存在しているようなんすわ(^^ゞ

ええのか?こんなことで。
ちょっとした焦りはありますが……。

他の人はどうなんでしょう?
相手の言葉を深読みしたり、自分も思わせぶりな発言をしたりするおつきあいも楽しいもんなのかな。
楽しいからこそ、深読みしすぎたり、何が言いたいのかよくわからない思わせぶりなことを言うてくる人もいてはるわけですよね?

そんな世の中にあって、私のこのめんどくさがりは……。
あかんのやろうなぁ。
あかんのやろうとは思うけど、やっぱりめんどくさいことはいや~(T_T)

こんなことでいいのでしょうか?!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメント連投(^^;

でも、この話題には反応せざるを得ません(^^;;;
だって、私も「めんどくさがり」と言うか、もうズバリ「ものぐさ」です(笑)

何がって? 誤解から人に嫌われたとしても、言い訳するのがめんどいから、まいっか。  嫌な思いをしても、話が通じない相手だったら長引きそうだから、まいっか。 とりあえず終ったことは、まいっか。。。 それで、お別れしても、まいっか。
・・・てな感じだす(==;

勿論、ちゃんと話し合いをする事もありますよ! でも、もうこの年になると、話が伝わるかそうでないかは、匂いで嗅ぎ分けます(笑)

No title

のりちゃん、こんばんは^^
のりちゃんのブログは読んでたらニヤけてしまうから家で見るに限るわ(笑)

>楽しいからこそ、深読みしすぎたり、何が言いたいのかよくわからない思わせぶりなことを言うてくる人もいてはるわけですよね?

私、昔は色々気を回す人間やったんです。
主に「こんなコト言ったらどう思われるやろ」系のビクビク系です。
決して「楽しくて」では無いと思うんです。
多分、その人たちも自分に自信が無いだけじゃないかなぁ?

そうそう!
のりちゃん紹介の「ビッグ・オーとの出会い」図書館で借りました。
私は、男と女のお話では無く自己形成の物語として読みました。

大人の絵本も良いですね。
ありがとう。

のりちゃんご夫婦は、ビッグ・オー同士だと思います(^^)v

うちはまだ凸と凹ですかね(^^;

chaicoさん

あ、一緒だ(^^ゞ
そうなんですよね。

「誤解から嫌う」という人とは、結局合わないからそうなるんだと思うんですよ。
自分の場合を考えれば、たった一回のことでは人を嫌いになんかならないですよね?
いろいろ積み重ねがあって嫌いになるわけで。
その積み重ね全部が誤解だとは思えないし、結局「相性が悪い」から嫌いになるんですよね。
ならば、「一度の誤解から嫌われた」ってわけでもないだろうし。

もし本当に、「一度の誤解だけで人を嫌いになる」という人ならば、やっぱりしんどいから付き合いたくないし(笑)

誰とでも仲よくできるわけじゃないですもんね。
仲よくなれない人と無理につきあって、疲れて、大切な人を大切にできないようなことはしたくないよな~……と思うのでありました。
だってめんどくさいもん!!

ましゅまろ様

もちろん、いろいろ気を回すのは大切なことだと思うんですよ。
無神経がいい……とは思わないんですよ、決して。
相手に気づかう気持ちはとても大事だと思います。

ただ、なんてんだろ。
人それぞれ感覚が違うから、どれだけ気を使っても、相手を傷つけてしまうことはあり得ますよね。
それすべてカバーするのは無理だから、ある程度まで気を使ったらあとは問題が起きた場合に、真摯に謝って反省するっていう形をとるしかないかな、と。

それでもまだ相手が許さないというようならば、「もう、しゃ~ないな」って思います。
感覚の違いから、行き違いがあるのは、どうしても仕方ないことだし、それをしつこく許さないという人とは付き合えないかなって(^^ゞ

ビッグ・オーについて、どういう風に読むかも、人の感覚次第ですよね(#^.^#)
シルヴァシュタインの童話は、人によって読み方がかなり変わってくると思います。

でもうちも凸凹ですよ(#^.^#)
そしてそのことを嬉しいと思ってます!

No title

のりちゃん、こんばんは^^
先ず最初にお願いします。
呼び捨てでもええくらいの勢いで、「様」はご勘弁ください!m(_ _)m
えへへ(^^;

>どれだけ気を使っても、相手を傷つけてしまうことはあり得ますよね。
そうなんですよ!
そういうことに45を過ぎて気が付きました。(遅いよね)
気を回し過ぎてた頃は自分のそういうとこがしんどかったので殆ど人付き合いをしてこなかったんですが(←結局めんどくさがりって事ですね)、幸い一皮向けることが出来たので(^^)♪
でも私も去るものは絶対に追いません。

のりちゃんとこも凸凹なんですね?
うちも「デコとボコぴったりやな♪」と喜んでおったんですが、うちの場合14才の年齢差とか身体の丈夫さから言っても夫が先に死ぬことは確実なんで(こういうコト言うと「又、オレを先に殺してからに」と言われるんですが(笑))
夫亡き後自分一人でも転がって行けるように心の準備はしとかないとな、と思うのであります(^-^)v
※お返事は要りません^^

あ、本当に気ぃつかいいなんですね!

>※お返事は要りません^^
こういうところ。
でも私もちょこっとだけ話させてくださいね。

個人的に、「ビッグ・オー」とか「ぼくを探して」みたいな、極端な「凸」と「凹」はそんなにないと思うんです。
どっちかというと、「隙間だらけの球体」が二つあって、パズルみたいにはめあわせると、ぴったりはまる……みたいな感じで。

だってもし、二人とも球体なら、球体同士なら相手が誰でもいいってことになるじゃないですか。
でもそうじゃないと私は思ってます。
「この人だけ」なんだって。

えへへへへへ~♪

あと、これから、「ましゅさん」って呼びますね!

No title

のりちゃん、ありがとう!(続投ごめんやす)

>二人とも球体なら、球体同士なら相手が誰でもいいってことになるじゃないですか。

朝読んで「ホントだ!」って、一旦は納得したんですけど、
夕方から何やモヤモヤして・・・まだ上手く纏まらないんですけど
もしかしたら私、もしかしたら「誰でもいい」でもアリなんちゃうかな?みたいな考えが湧いてきて(汗)
あう、自分の中でもまだゴチャゴチャしてるねんけど・・・
考えが纏まったら自分のトコで書くかも、です。その時はお知らせにあがりますので見に来てくださいm(_ _)m
なので、コメ返はその時でイイです(^^)/

最後に
>「この人だけ」なんだって。
キョーレツなおのろけ、ごちそうさま~!(笑)
言うとくけど私も一緒♪「あの人だけ♪」よ~(笑)

妹兄

返事ってわけでもないんですが、思いついたことを書くと。

古代の日本では、夫婦を「妹背(兄)」と言いました。
その字面通り、日本神話で最初の夫婦となった、イザナギ・イザナミはまさに兄と妹で、同時にこの世に生を受けてるんですよ。

つまりそこには、夫婦は夫婦として生まれてきたのである……という思想があるのだと思ってます。

もちろん、「夫婦」として生まれてきたからといって、相手に対して思いやりを欠けてたり、愛情を持っていなければ、「夫婦」とはならないと思います。
「妹兄」が、お互いを「妹兄」として見つけ、そして「妹兄」になっていく……という過程を経て、二人は初めて、「球体」になるんじゃないかな~と。

よくはわかりませんが、私の周りの円満カップルに話を聞いたところでは、
「この人じゃないとダメ」
と言わない人は、今のところいないです(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。