スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐突に

加藤嘉を堪能したい!!!!!
昨日、名古屋港水族館からの帰り道、いきなりそう感じてしまい、それからもうずっと、「砂の器」の名シーン、

「おらこんな人知らねぇ、知らねぇ!!」

が頭の中でループしてます。

印象残る役者さんだよねぇ、加藤嘉。

それはさておき。
昨日は朝から名古屋港水族館へ行ってきました。
平日ならば、片道2時間半。
それほどの遠出ではありません。

遠足なのか、小学生がたくさんいましたが、水族館内はさほど混雑もしておらず、わりとゆっくり見ることもできました。

入管するとまずはナミちゃんのところへ。
11月の頭に行った人から、
「なんだか元気がない感じがした」
と報告を受けてたので、ちょっと心配していましたが、私たちは特にそういう感じを受けませんでした。

「マイペースなナミちゃん」
って感じ。

ひと安心したので、まずはイワシのトルネードを観に行きました。

1119_7.jpg

何度見ても迫力ありまっせ、これ。
目の前でキラキラとした魚たちがざざっと動きまわる。
万華鏡よりも綺麗。
そして、豪雨と似た迫力。

その後、他の水槽も見学に。
前回旦那と来たときは、ナミちゃんのプールにはりつきっぱなしで、他をまったく見なかったんですよね~(^^ゞ
なので今回はちゃんと周ったんです。

カクレクマノミはやっぱり隠れてました(笑)
1119_6.jpg

そして愛嬌のあるペンギンたち。

1119_2.jpg

この二羽は追いかけっこをしてましたから、多分前が雌、後ろが雄でしょう。

前の子の表情は、
「んもうっ!しつっこいわねぇ!!」
と言うてるようでした(笑)

そして、イルカショーの見学へ。

1119_1.jpg

ここのイルカたちもまた、芸達者です。

フリスビーキャッチは何度見ても、いいっ!!
すごくイキイキと、イルカたちもショーを楽しんでる感じがするのが、いいっ!!!

何度見ても、心から
「おりこうさ~んっ!!」
って叫んでしまう(笑)
ほんまお利口さんなんですもん。

イルカショーが終わった後、ベルーガショーまで時間が余るので、どこで過ごすかと考えましたが、ナミちゃんのプールを上から見るならば、イルカショーと同じフロアです。
ということで、ベルーガショーまでの40分、ナミちゃんを上から凝視。

タイミング良く、訓練が始まり、ブリーチングをする姿を見ることができましたよ!!

1119_8.jpg

今のプールは狭いので、ジャンプはちょっと無理だろうなぁ。
でもナミちゃんは今、大きなプールをいやがってるんだそうです。
何か、気に入らないことがあるんでしょうね。

広いプールの方が、ナミちゃんにとっても楽しいと思うけど。
無理強いはできませんよね。

飼育員さんたちと遊んだり、イルカのルルちゃんにちょっかいだしたりして、ナミちゃんなりに楽しんでいるようには見えましたが、まだ落ち着ききってはいないのかなという感じ。

時間が来たので、ベルーガショーへ行きました。

この日は、「ショー」というよりは、「公開訓練」って感じですね。

おでこをプルプルしてみせてくれたりとか、歌ってくれたりとかはしましたが、前回みたいにボールを咥えて持ってきたりはしてくれませんでした。

でも、やっぱりこの「アヒル口」は可愛い♪

1119_3.jpg

いつも笑っているような目も、魅力的です。

ベルーガの水槽から離れ、またナミちゃんのところへ。

じ~っと見ていると、またまたタイミング良く、ナミちゃんの公開訓練が始まりました。

今度は、水槽の、ガラス際まで寄ってくるという訓練です。

飼育員さんが合図をすると、ナミちゃんはじっとそれを確かめ、泳いできました。

1119_4.jpg

やっぱ可愛いなぁ♪

後ろのカップルらしき二人も、

「シャチっ、シャチ可愛い!!シャチ、いいっ!!」
と大騒ぎ。

そりゃ~そうでしょ。
シャチは素敵な動物なんです。

前々回に行ったときもこの訓練は見ましたが、そのときよりもかなり長い間、ガラスのそばにいてました。
また、休憩時間にも、気が向いたときにはこちらに泳いできましたが、それも、前回、前々回よりもガラス際まで泳いできていたと思います。

次はルルちゃんと一緒に、ガラス際へ。

1119_5.jpg

なんか楽しそうでしょ。
鯨類の気持ちはよくわかりませんが、「元気がない」ってことはないかなと安心したのでした。

で、途中で晩御飯を食べ、家についたのは19時ごろ。
それほどの長旅ではありませんでした。

これなら何度も通えるなぁ。

そんでもって、帰りに、「加藤嘉」が頭にひらめいてから、住み着いたままだというわけ。
今度はこれをなんとかせにゃぁ(^^ゞ

でも今日は、鳥見です。
そろそろルリビタキも見れたらいいなぁ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホントかわいー♪

ナミちゃんはシャチだったのですね!
私も名古屋の水族館に行きたーい(><)
ベルーガは島根の水族館で会いました(^^
と~っても優しそうなお顔で・・・バブルリングを作るんです!
そうそう、某携帯メーカーのCMで「島根のおじ様」って呼ばれてました。

昔からシャチは好きなのですが、家の猫がタキシード猫で、更に可愛さ倍増です(笑)

沖縄のホテルで、イルカと泳げる(ヒーリング)所があるらしいんですよ。
ハワイよりも近いから、行きたいんだけどなぁ~。。。

ナミちゃんは

もともと和歌山にいたシャチなんです。
それで、ナミちゃんを追っかけて名古屋まで通ってます(笑)

島根のベルーガは有名ですよね。
名古屋港にも、バブリングできる子がいたようなんですが、お産の後体調を崩して、さきごろ亡くなりました。
海獣はまだまだわかっていないことが多いようで、難しいみたいです。

あと、イルカと泳げるプールは、和歌山にもありますよ!!
伊豆にもあると聞きましたから、探したらあちこちにあるのでは?

和歌山のは、弟の家族が経験しましたが、イルカたちが本当になつっこくて、楽しめるそうですよ~♪
伊豆のは、友達が経験してきましたが、「この子はこの施設で生まれたので自分を人間だと思っているかも」というぐらい、人間に対してフレンドリーな子がいるそうです(#^.^#)

機会があれば、経験したいですね!

No title

「飼う」ということも
自然の営みのように
ふと、思ったんです

おはようございます

自然に対して
何かできないか
という人類の貢献なのかもしれないなぁ~と

食物連鎖の中間に位置する小動物を飼うと
だいたいが長生きするそうですね~
少なくとも捕食されることが減りますもんね~

保護して、増え過ぎた場合でも
伝染病やら飢餓で数を調節する作用が働いて
適切な数に治まるようになっているように思いました

食物連鎖の頂点に位置するシャチのその数も
自ずと、少なめに設定されているのかもしれません
絶滅危惧ではなく、絶対数というのですね

お写真の青が美しく見えるのも
動物たちが、幸せに暮らしている
証か、はたまた、撮った人のウデか・・・
”若旦那~、なんり、深感恩

若旦那は

心得てらっしゃる(笑)
そう、今、写真を褒めると、もれなく私の機嫌はよくなります!

「飼う」ということは、どういうことなのでしょうね?

わが家には二匹のペットがいます。
彼らはある意味、わたしたち人間よりも自由で、自分勝手です。
自然の中にいれば、毎日必死で探さなくてはいけない食糧も存分に与えられ、野性動物から護られ、雨は防がれ、「撫でてくれろ」とせがめば、撫でてくれる相手もいます。

私たち人間が、彼らの機嫌を伺い、それに行動を左右されることも、あります。

ただ、どういう飼い方をするかは、わたしたち飼い主が決めなくてはいけません。
なぜなら、動物たちは、どういう選択肢があるのか知りませんし、もしそれを知っていて、選んでいたとしても、それを飼い主に伝える術はないからです。

でも。
でも、と思います。
それは、自然下においても同じことです。

そして、動物も人間も同じです。

私たちは、自分の人生を、ある程度までしか選ぶことはできません。
人間だってペットと同じ、親がどのような人かによって、ある程度以上、人生は決まってしまいます。

そういう意味で、「飼う」という行為は、自然から人間へ、責任を委譲されたということになるのかなとも思います。
そして委譲された人間の側は、責任と愛情をもって、動物を見守り、保護し、観察し、教育もしなくてはいけないわけで。

>絶対数
シャチは普通、一度に一頭しか子どもを生みませんね。
それは、成長する段階で、強者から捕食される可能性が低いからでしょうね。
おっしゃるように、こういったところにも、自然のふしぎな力が働いています。

人間は、「自然の一部」として、どういう風に、自分たちの力を作用することができるか、
「愛情を持って」
考えなくてはいけないと思っています。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。