スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の日に

昨日は珍しく旦那が風邪っぴきでお休み。
私も風邪気味だったんで、二人で朝から風邪薬を飲んで、こころゆくまで寝てました。

会社勤めをやめてから、8時以降まで寝てたのは、始めてかもしれませんわ。

OLだったころは、家の掃除が「必須事項」ではなかったんで、休みの日はいつまででも寝てられたんですが。
会社やめてからは、「掃除せな!」と思ってしまうんで(^^ゞ
しかも、土日は出かけるから、ゆっくり寝てるのもったいないし(笑)

しかし、薬って不思議ですよね。
なんであんなに眠れるんやろ……。

風邪薬を飲んだときに見る夢は一種独特なので、多分何か精神に作用するものがあるんでしょうね?
よくはわかりませんが……。

今朝見てた夢も、なんか奇妙な感じではありましたが、ある意味定番っちゃぁ定番。
会社に行かなあかんのに、時間だけが過ぎていってしまう……という夢。

会社と言いながら、なぜか授業をやっていて、私は途中で抜け出すんですわ。
トイレに行くつもりで抜け出すんですが、職場に戻る前に私用をひとつ済ませようとして、ドツボにはまってしまいました(^^ゞ

さて。
以前、まだ小泉純一郎首相であったころのこと。

どこでだったかは忘れましたが、
「小泉首相の人気が高いのは、この人物が『傷つけられても傷が浅い性格』だから」
というような表現を見かけて、妙に納得した記憶があります。

何かの仕打ちを受けたとき、ひどいショックを受けやすい人と、あんまり気にしない人がいますよね。
本人にとっては、前者よりも後者の方が楽なのは誰でも想像がつくと思います。
でも、その人と付き合おうとする人間にとっても、後者の方が付き合いやすいというのもまた事実。

私の親しい友人は、大概後者ですね(^^ゞ

「こんなこと言うたら、こんな風に深読みされるんちゃうか?」
などと考えずに済むから、楽。

別に、相手が怒るんじゃないかと心配してるわけでもないんですよ。
そうじゃなく、話しがややこしくなっちゃうんですね。相手が深読みするタイプだと。

私はSNSが苦手ですが、それは、ただでさえ深読みされやすい環境だからというのがあります。

仕事関係でSNSをやらなくてはいけなかったとき、妙に……そう、「妙に」迎合してくれはる男性がおられました。
会ってみたらものすごく気の弱そうな人で、言いたいことをはっきり言えないようなタイプの方でしたが、SNSではかなり元気に、いろんなものに批判的な発言をしてはったんで、うかつな私は、彼が自分の苦手なタイプであることに気付かず。
いろいろと交流をしてしまったのですが、彼とご縁を切るまでに、面倒なことがいろいろとありました。

でも、結局私が一番厄介に感じたのは、その「傷つきやすさ」でした。

私は、たとえSNSなどの文字だけの交流でも、異性に自分のパートナーの愚痴を言う人は苦手なんですが、男性の目から見ると、「可哀そう」「旦那さんに尽くして健気」と見えるところはあるのかも。

ということで、私が苦手と感じる女性を、彼はえらく私にプッシュしてきはりましてね(^^ゞ

異性の前で旦那の愚痴を言う人って、同性に、
「言いたいことがあるなら他人に言わずにパートナーに直接言った方がいいよ」
と言われると、必ずと言ってよいほど、
「夫婦にはいろんな形があって、本音を言い合えるのだけがいい夫婦ってわけではない云々」
って言う言い訳をするのは不思議です。

本当にそう思ってるのなら、他の異性の前で愚痴るのは反則やんかという気もしますし、「パートナー以外の異性に対する媚び」を感じていやな気がしてしまうんですが、でも多分それは「媚び」だけが理由ではないように思います。
多分、自分をもそう説得したいのかなとか思ったりして。
そうは思うけれども、なんか「ややこしい」感じがして、苦手なんですよね。

なので、そういう人をプッシュされても……(^^ゞ

でも、
「いや~あなたは彼女が好きかもしれないけど、私は苦手です。でもあなたが彼女を好きなことじゃ、私には関係ないことです。そして反対に、私が彼女を苦手なのも放っておいてもらいたいんすけど」

というようなことを言ったらもう大変で(^^ゞ

「自分は彼女のこういうところが良いと思ってるのであってどうこう」
と説明されたってなぁ(^^ゞ
興味ないんだってば(^^ゞ

「あなたはそう思うんですね。その感覚を否定しようなんてちっとも思ってないです」
と返すんだけど、また同じようなメールがくる。
しかも、彼もまた自由業だったこともあってか、私の返信メールのほとんど直後に。
めんどくさいから放っておくと、

「怒ってるんですか?」
とまたすぐメールがくるから、返信しないとしょうがない感じ。

確かに、言葉選びを間違ったとは思うけどさ……。
それ以外、何を言いようがあるんでしょう(T_T)

結局その後、
「私と私の親友も、人を見るときの意見は分かれるし、私が大好きな人を親友は嫌いだったりします。でもだからといって私は親友が嫌いな人を無理やり好きにさせようとは思わないし、反対に親友も私にその人の悪口を言って嫌いにさせようなんてしません。そんなもんではないでしょうか?」
ということを丁寧に長々と説明して、おさまったんですが……。

正直、すごくすごくすごくめんどくさかったんですよね(^^ゞ
「なんで私、こんなことやってるんやろう(T_T)」
って悲しくなったりして。

友人連中なら、多分そんな手間は必要ありません。

「私があの人を好きなのは私の勝手やし~」
って言えば、
「まぁな」
でおしまいと思う。

それはもちろん、私や友人連中の性格のせいもありますが、二人の関係の方が大きいでしょう。
ものごとに対しては否定しているけれど、自分を否定したわけではない。自分たちの関係を否定したわけではない……ということを理解できる程度の信頼関係はあるから、お互い動じることなく、言いたいことが言えるのだと思う。


だいたい、気の強さや弱さってなんなんでしょうね?
一見、むちゃくちゃ人が良さそうで、言いたいこともあんまりはっきり言わず、いつもニコニコしているような人でも、
「こりゃあ私よりずっと強い人だわ」
という人もたくさんいてはります。

同じSNSで、やっぱり一見、あんまり気の強そうではない感じの方が、いきなりダイレクトメールをくれはったことがありました。
それがちょっとぶっ飛んだ内容だったので、
「何を言ってるかさぁ~~っぱりわからん」
というようなズケズケとした返信を送ったのですが、この方はその失礼なメールを多分何度も読み返し、すごく真摯な返事をくれはりまして。

そのときは、「この人のことは尊敬しよう」と心の中で頭を下げました。

大切なのは、気の強さ弱さじゃないように思います。
「自分」に対するフィーチャーの強さの問題かもしれない。

自分の中で「自分」が大きければ大きいほど、ちょっとしたことでそれを否定されたように感じ、動じてしまうのかもしれません。
反対に、「自分」より「人のために」という気持ちの方が大きければ、「自分」が否定されてもそんなには動じない。

政治家でも同じところがあるのかも。
「深い傷を受けやすい政治家」……つまり、「『自分』が大きな政治家」
は、記者の質問の上げ足をとったり、激昂したりして、話しがややこしくなりがちなのかもね。

ま、よくはわかりませんが(^^ゞ
とすればやっぱり、「傷が浅い政治家」の方がいいかな?

な~んてことを思いますです。

いや、自分自身では、「政治批判」とかってすごく恥ずかしいことだと思ってるんですよ?
思ってるんだけど、ここのところのニュースは派手で印象強くて、どうしても影響受けちゃうわ(^^ゞ

いや~ねぇ、ほんま。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお!私も先週、風邪でふらふらしながら仕事をしていたら、しっかり失敗しました。涙)

そういえば、別の友人も某○i○iのことで、同じような話をしていました。そういうつもりはなくても、傷つけてしまうようなことが起こりそうでやらない…と。

私は一応、アカウントは持っていますが、もっぱら友人の近況を読ませてもらっているだけ。でも、どうも面倒です。私の面倒とのりちゃんの面倒は次元が違うものですが。

別の友人にしても、twitterにemailにブログにSNS。現代人は忙しいとぼやいていますが、じゃあ、やめといたら?と思っちゃう。

日本の政治の話はどうもついていけずにいます。私の感覚では、総理大臣が変わりすぎていて、もうなんだか分かりません!

距離感なんですよね

私はベタベタとしたつきあいは苦手なんですが、ああいう場ではそれを求められることが多いようで、どうしても苦手感が先に立っちゃいます。

twitterは、「流行物だし、どんなものか知っておく方がいいな」と始めたのですが、今のところ、SNSのようなベタベタとしたところはないです。
文章が短いからか、流れが早いからか?

日本の政治がわかりづらいのは、批判する国民側の情報も、かなりいい加減だということもあると思ってます。
たとえば、はやぶさⅡも、まるで民主党が仕分けたみたいに言われてますが、実際のところ、はやぶさⅡの予算がガサッと削減して、「別にいらんだろう」と言ったのは自民党の時代なんですよね~(^^ゞ
もう、誤った情報が氾濫しまくってるわけで、そんな情報に踊らされるのもバカらしいし。
なんだかもう、さっぱりです。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。