スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真昼の怪談

ここんとこ、ニュースを見ていて、理解しづらいというか、ごちゃごちゃしすぎているというか、何が何だかよくわからないんで、読むのにえらい時間がかかります。

所詮、私が見ているのは、物事の一面でしかないんで、わからないのは当然だし、一面しかわからない人間が、あぁだこうだとえらそうに意見を言うのはむちゃくちゃ恥ずかしいことだと思うし、そういうものは避けて通ってきてるんですが、ここで敢えて言わせてもらえば。
もちょっとシンプルにやってもらえませんかねぇ(^^ゞ
アホにもわかるようにやってくださったら助かります。

さて。
そんなわけで、昨日の午後は、ニュースを読むのに時間がかかってしまい、一息ついたのは14時過ぎでした。
温かいコーヒーでも飲むか……と階下へ行き、わが家の最北端にある、もっとも小さな個室に入った途端、違和感を感じたのです。

……くさい。

これは、間違いなく、うんこの臭い!!!!!!

………思い返してみれば。
私が子どもの頃、便所が臭いのは当たり前でした。
足元にポッカリ空いた穴には、常時うんこが溜めこまれ、自身の臭いを自由奔放にまき散らしていたからです。

窓のそばに設けられた小さな棚の上には、可愛いお尻を出した天使がトレードマークの消臭剤が鎮座していましたが、はっきり言って、悪臭と人工の芳香がぶつかると、とてつもなくくさいと思う。

にんにくを食べた後に、ミントのガムを噛む人がいますが、あれって逆効果じゃない?
「昨日ニンニク料理だったから」
と言って、香水をドバドバかける女性がいてはったんですが、ニンニクの臭いより、香水のがくさかった(^^ゞ

人によって違うんでしょうが、私は、うんこの臭いにかぶさるように、キンモクセイ……しかも何か人工的なキンモクセイの香りが鼻腔に入ってくると、
「うっ!!」
となったものでした。

トイレが臭いのは当たり前。

でも、今の日本においては、そうではないことが多くなりました。

映画館や劇場などのトイレは、特に女子トイレは、列ができていることがよくあります。
そんなとき、自分が入ったトイレが臭かった場合、
「はっは~ん、前の人、うんこしたな?」
ってすぐわかります。

トイレがくさいのは当たり前じゃなくなっちゃってるんです。

もしもしもし、トイレがぽっとんだったら、バレずに済んだのにね。

というわけで、昨日の14時過ぎ、わが家のトイレには、違和感が漂っていたのです。

だって、臭いはずがないもん。
私がうんこしたのは、朝6時半ごろやもん。

こんなとき、あなたなら、どうします?
私は便器の周囲を入念にチェックしました。

「まさか、こ、こ、こ、こぼしたんか?42歳にもなって、お粗相したんか?」
焦りまくりました。

でも、便座にどっしり腰かけてる限り、こぼすことなんか、まずないですよねぇ?

確かに。
私は子どもの頃、洋式トイレで踏ん張ることができませんでした。
和式スタイルに慣れていたので、中腰になって、いきまないと出なかったんですよ。
当然、「出口」はちょっと上向きになりますよね。
でも、ニュートン以前から地球上には重力が存在しています。
それで特に問題が起きたことはありませんでした。

ある日のこと、私は便秘になりまして。
当時高校生だった私は、
「授業中」だけは、うんこ禁止タイムでした。
そんなわけで、便意が来てもトイレに行けないことが多く、便秘がちだったんですね。

あのときは何分ぐらいトイレにこもってたんだったかなぁ?
私の大腸は、律儀に「それ」の水分を吸い取り続け、先端まで押し出された「それ」は、固くポロポロになっているような感じがありました。
「それ」は、入り口に栓のようにしっかりはまっていため、押し出すためには、かなり腹圧を高めねばならず、私はもう、一心不乱の状態。

そしてそのときがやってきました。
「ふんっ!」
という掛け声とともに、一気に力が放出されたのです。

その勢いのすごさ故、私のおしりと便器を隔てる短い距離では、「それ」は放物線を描かず、一直線に便器の蓋にぶちあたりました!!!

「ポ、ポーン!!!!!!」

すごい音をさせて、蓋にぶちあたり、バウンドして、今度こそは便器の中へ。

よっぽど固かったんでしょうね(^^ゞ
蓋はまったく汚れてませんでした。

一応ペーパーを丸めて拭きましたが、当時はそれほど衛生にうるさくなかったんで、除菌まではしませんでしたっけ。
はははははのは。

……この話しを、さっそく次の日クラスメートにしたところ、彼女は
「ぶっは~~~~~っ!!」
と大声で吹きだしたため、しかもそれはちょうど歴史の授業中だったため、私と彼女は立たされました(T_T)

ま、どうでもいい話ですが。

そういう経験があったので、「外にこぼした」という可能性を、感情的に否定できなかったんですよね。
理性では、「どうやったらこぼれるねん」ってわかってても。

でもやっぱり、こぼれてはいませんでした。

とすると……。

わが家のトイレで、14時前後に、誰かがうんこをしたとしか考えられなくなります。

でも、私はずっとPCの前でニュースを読んでいました。

それでは誰が?
なんのために?
どんな手段で?

わが家のトイレでうんこをしたというのでしょうかっ?!

玄関のカギはかかっていましたし、もし誰かが侵入したとすれば、あほ犬が大騒ぎするのは必定です。
つまり、犯人は、人間では、ない。
ということは……幽霊?

きたわね、とうとう。
出たのね?!
こんなあからさまな証拠を残して、でやがったのね?!

……そう思いつつも、あんまり怖くありませんでした(笑)

つか、他人の家に忍びこんで、こっそりうんこをしていく幽霊(もしくは妖怪)って、どんなやねん。
どんだけタチ悪いねん。

そう思うと、恐怖より怒りが(笑)

そしてそれをtwitterでつぶやくと、えらいおもしろがってくれはるフォロワーさんが一名。
調子に乗ってるうちに、怖さを忘れました。
わっはっは。

んなわけで、わが家で起きた怪異現象は、たいして怖がられることなく終結してしまったのですが……。

ほんま、あのにおいはなんやったんやろ(^^ゞ
気のせいやったか、もしくは便器の縁の裏側部分にでもかけらが跳ねていたのか。
そんなところなんでしょうけどね。

なんにせよ、今日はお出かけなんで、うんこたれの幽霊のことは忘れて楽しんできま~す。
ブリューゲル展を見てきますっ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

のりちゃん、こんばんは^^
私は2回こぼれたう○こを見たことがありますよ!
1回目は深夜のファミレスでバイトしてたとき、トイレ掃除担当やったんで先ず男子トイレに入ったら、目の前にう○こちゃんがコロ~ンと。
ドア開けて左手に小便用の便器があってその先に個室やったんですけど、ドアから個室までの丁度真ん中に直径3cmくらいのまぁるい、う○こちゃんがコロ~ンと。
2回目は今の店のトイレ、これは男女兼用の和式の簡易水洗で個室もめっさ狭いんですよ。ドア開けてすぐ便器みたいな(汗)男性が小をし易いように?便器は一段高くなってるんですけど。
で、男性が小するときに立つ場所に、こちらはペチョっと。
トイレから出てきた男性客が「ごめんな~、落としてもぉた」と謝ってくれましたけど、出来たら自分でトイレットペーパーでつまんで処理して欲しかったです~(--;
でもこれは背の高い人やったんで、トイレの尺が足らんかったんやろなぁ?と原因も何となく想像付くんです。
問題はファミレストイレのやつです。
何で?考えても分かりません。
まことに摩訶不思議なんでございます。
単なる嫌がらせやったんかなぁ?

で、のりちゃん家のトイレの臭いは取れてましたか?

推理するに……

「間に合わなかった」んやないでしょうか(^^ゞ

話しを聞いていると、結構「もらし体験」をした人はいるみたいです。
柔らかいのだったらパンツにつくけど、けっこうポロポロのを、
「腹筋が足りなかった!」
っていうて、しゃがみこむ前にだしてしまう人もいてはるようで。
それがズボンの隙間からこぼれたんではないか……と。

違うかなぁ(^^ゞ

でも、気付いたら自分で便器に捨てて欲しいですよね!!
私は「ど~~~しても流れない体験」が結構ありますが、いずれもなんとかして流しました(笑)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。