スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商売っ気

昨日は朝から奈良県橿原市にある「おふさ観音」へ行ってきました。

このお寺は「バラの寺」としてよく知られていて、春と秋のバラのシーズンは、たくさんの参拝客が訪れます。

バラって手入れが大変ですよね。
剪定をし、防虫対策をし、存分に肥料を与え、それでやっと綺麗な花が咲くんだそうで。
だから、バラ園の入場料は、結構高いことが多いですよね。
特に寺院の場合、花の季節でなくても、駐車場や入山料が無料ということは少ないです。

が。
おふさ観音は駐車場と入山は無料。
本堂の拝観を希望する人のみ、料金が発生します。

つまり、バラ園までは無料なんですよ。

そうなると……申し訳なくて、いろいろと買ってしまうのが人情なんで、結局は有料の寺院よりお金がかかっちゃったりするんですけどね(^^ゞ

しかし、このお寺の縁起もまた、なかなか興味深いんです。

この地域はその昔、大きな池だったと言います。
その名も、「恋(鯉)ケ淵」。

慶安三年と言いますから、西暦になおすと1650年の4月早朝。
この池のほとりを、おふさという娘が歩いておりましたら、真っ白な亀が池の中から現れました。

「あら可愛い」

近寄って見ると、その背中には何やら神々しいものが。

そう。
それがここおふさ観音のご本尊となる、観音様だったのでした。

橿原市のサイトによれば、このお寺の開基は、妙円尼という尼さんになっていますから、多分この妙円尼こそがおふささんの後の姿だったのでしょう。

しかしなんつぅか……。
なんでこの素敵な逸話にあやからないのかとか思ったりして。

なんせ、優しい女性が開基したお寺ですよ。
しかも、「恋ケ淵」ですよ。「恋」!!!
その上、現在、「バラの寺」!!!

その気になれば、
「恋愛成就の寺」
として、たくさんの女性を集めることだってできるはず。

なのに、こんだけ舞台だてが揃っているのに、このお寺は特になんの宣伝もしてはりません。
「胃ケイレン」「長寿」「ボケ防止」
というある意味すごく地味な霊験を売りに、商売っ気がまったくありませんねんなぁ、これが(^^ゞ

多分、「おふささん」は、素朴な女性やったんやなかろうか、と。
すごく好感が持てるのであります。

今年の猛暑で、秋バラの出来はイマイチだということですが、それでも境内はバラの良い香りが詰まっていました。

1131_9.jpg

派手な感じではありませんが、とても女性らしい雰囲気です。

1131_7.jpg

1131_6.jpg

鳥をマニュアルフォーカスで撮影すると、大きな画面で見ると、全然ピントが合ってない……ということになりがちです。
距離がありますからねぇ(^^ゞ
小さな点にピントが合ってるかどうか、肉眼で確認するのは難しいわ(T_T)

でも、花は、マニュアルで焦点を合わせる方が楽しいです。
自分の思ったように撮影できますからね。

1131_10.jpg

1131_8.jpg

雨が近づいていましたが、花あぶは元気そうでしたね。

1131_4.jpg

一生懸命花粉をあつめてました。
そういうのを見ると、
「うまいんか?」
と食べてみたくなりますが、お寺のバラなんで、遠慮しました(←そういう問題か?)

また、伝承の池(の一部?)は、境内にまだ残っています。

1131_5.jpg

これまたなんとも素朴な雰囲気。
気取りがまったくありません。

いいなぁ、なんか。

この池の亀はクサガメばかりのようでした。
公園の池なんかに行くと、中にいるカメのほとんどが外来種のミシシッピアカミミガメだったりして、ちょっと心配になるんですけどね。

私が子どもの頃、池にいるのはほとんどくさがめでした。
産卵の時期に?池を移動するのかなにかわかりませんが、よく車に轢かれてたなぁ……。
生臭い匂いがしてね(^^ゞ

でも、飼うと結構なつくらしいですよ。
人間の後を追いかけたりするって聞くと、なんか可愛いですよね(#^.^#)
でも、100年以上生きる子もいるらしいんで、個別飼育は大変かも(^^ゞ

さてさて。
境内には、円空庭という庭園があり、ここではコーヒーをいただくこともできます。
私たちはここでお土産を購入しましたが、これはちょっと失敗だった。

いや、「わさびおかき」を買ったんですよ。
私たちは、「わさびの入った餅を揚げたおかき」というイメージだったんですが、食べてみると、わさび味のかりんとうみたいな感じで(^^ゞ
甘過ぎでした。

でもそれ以外は本当にのんびりできる、良いお寺です。

もっと宣伝したらいいのに。

さて、おふさ観音を出た後、時間があったので、藤原京跡へ向かいました。
まだコスモスが残ってるかな~と思ったんですが、なんかおととしよりずっと規模縮小してましたね。
なんで?
季節も終わりだからかな?

でも、他でみたことのないコスモスがたくさん。

1131_1.jpg

舌状花が筒になってるんですよ。

コスモスの花は、「筒状花」と「舌状花」で構成されてるんですよね。
以前私が話題にした、「コスモスの中の☆」は、「筒状花」だったわけですが……。
舌状花も筒状になってるなんてねぇ。

なんだか不思議でしょ?

でももっと珍しいのはこれ↓↓↓

1131_3.jpg

コスモスの八重咲きって初めてみました。
検索してみたら、今現在もコスモスの品種改良は進んでいるようですが、他のコスモス園で、こんな珍しい品種を見かけることって、あんまりないような気がする。

大粒の雨が降ってきたので、あんまり探索できませんでしたが、ここのコスモスは、一味違うようです。

そうこうしてるうちに雨粒がおおきくなってきたんで、慌てて退散。
でも、根性でもう一枚。

1131_2.jpg

大好きなミゾソバです。

つぼみも可愛いけど、花が開くと半透明な花弁がすけてすごく綺麗でしょ?
この花は、「タデ科」の花。

「蓼喰う虫も好き好き」
っていうけど、この花を好きな虫とは気が合うなぁ、私(笑)

帰宅の間は、えらい雨になってしまいました。

台風が去ってもまた雨。
やんなっちゃうなぁ……。

でも、花の季節が終わる前に、バラやコスモスを存分に見れて良かった。

これからは野鳥の季節です。

接写から望遠にレンズを変えて、まだまだカメラが活躍しますよ~!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。