スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極楽転生

昨日はひっさしぶりに図書館へ行ってきました。
来年旅行をする予定なので、そろそろその国の文化や歴史などを知っておこうと、資料を借りてきたんでございます。

でも、一番お目当てのは貸出中だった(T_T)

まぁ、時間があるから行くまでに読めばええでしょう。

さてさて。
本を借りた後、私たちが向かったのは、八尾は久宝寺にある、「寺内町」です。

寺内町というのは、寺を中心とした街のことで……そのまんまですね(^^ゞ

久宝寺の場合は、周囲に濠が掘られている、いわゆる「環濠集落」となっています。

それだけ外敵の脅威にさらされていたということでしょう。

そもそも、八尾という土地は、非常に古くから栄えた土地です。
物部氏の集落もあるんですよ。

蘇我氏&聖徳太子VS物部守屋の戦いでは、八尾の地名が頻出します。
そして、守屋公の墓もまた、八尾市の中にあるんです。

私は、蘇我氏と物部氏のそりが合わなかったとする日本書紀の記述には、かなり疑いの目を向けています。
もし本当に、物部氏が蘇我氏を敵視していたのなら、なぜ、物部氏の歴史書である「先代旧事本紀」に、もっと蘇我氏やその祖先の悪口が書かれていないのか?
変だと思うんですよ。

どちらかといえば、蘇我氏=古代日本における大王家、物部氏はその一派と考える方が納得がいくんですが……。

なんせ既に当時の資料はなくなっていますから、想像するしかありません。

その、古代から栄えた八尾は、水害に悩まされる土地でもありました。
ひとたび大雨が降ると、川は決壊し、田んぼを侵します。

難しい土地ではあったのだろうと思いますが、それでも栄えたということは、それだけの要衝であったということでしょう。

その土地で布教をしたのが、浄土真宗のドン(の息子)、蓮如上人です。
上人はこの土地に、西証寺を建て、やがてその周囲に村ができました。

1030_3.jpg


それこそが、久宝寺の寺内町です。

現在の西証寺は、顕証寺と呼ばれているようで、その長い白壁は「圧巻」というほかありません。

1030_2.jpg

壁に空いている窓は、外敵の様子を見るためのものでしょうか。
でも、銃を差し出すに充分な幅があると思われます。

1030_4.jpg

なぜ、お寺がそこまで武装しなくてはいけないのか……。

それは、蓮如上人は、織田信長の時代の人であると言えば、誰しも納得がいくでしょう。

織田信長が、比叡山延暦寺を焼き討ちしたことは、有名な事件ですもんね。
「仏教を毛嫌いしていた信長」が、いつ攻め込んでくるかわからない……。

でも、ちょっと待ってください。
蓮如上人は、浄土真宗の人。
比叡山延暦寺は天台宗。

いくら仏教が嫌いな信長でも、浄土真宗と天台宗をいっしょくたにして、敵視するなんて、なんかちょっと変じゃないでしょうか?

この二つの宗教の共通点は「仏教」ってだけじゃありません。
「僧兵」の存在でしょう。

比叡山の僧兵は無双だったと言いますから。
時の権力から見ると、脅威であったでしょう。

そして、浄土真宗が、恐ろしい兵を持っていたことは、各地で一向一揆が起きたことでもわかるはず。

一向衆の内訳は、農民が多かったようです。
つまり、決して恵まれた生活をしていなかった人々です。

今の生活に満足していない人にとって、
「浄土真宗(一向宗)のために命を捨てれば、極楽に転生することができる」
という言葉は、かなり魅力的なものだったのではないでしょうか。

この世で望みがない人にとって、「あの世」は最後の望みであったに違いないですから。

そんな風にして、一向宗の寺は勢力を伸ばしたようです。

そしてその戦いが、本当に、「義のため」「貧しい人々のため」なのならば良いのですが……。
もし、実情は「寺」ひいては、寺僧の財産のためだったのなら、すンげぇやな話ですよね。
宗教は、誰かの富のためのものではなく、誰かの心のためのものであって欲しいと思います。

はてさて。
実際はどっちだったでしょう?
それはわかりません。
多分、「両方とも正解」だったのではないかと思います。
すいません。

まぁそんな風にして作られた、寺を中心とする街は全国各地にあるようです。

寺内町の中には、「念佛寺」もあります。
このお寺は、河内三十三観音霊場の第二番霊場。
ということは、ご本尊は観音様なはずですが、お庭はなんだか南国風。

1030_1.jpg

宗派は融通念佛宗だそうですね。
ここから近い平野区に総本山がありますから、その関係かもしれません。
仏教に詳しいので、間違っている可能性大ですが、ざっと調べたところ、浄土宗の一派という位置づけになるようです。

「誰でも、その心次第で極楽往生できる」
とする教えは、そうであれかしと思います。

でも、
「極楽往生するためには……」
と、心以外のものを押しつけるのだけは勘弁願いたいですけどね(^^ゞ

1030_5.jpg

マンホールの蓋は、八尾市の産業である、綿をつむぐ糸車。

糸車についても、いろいろと考えたいところがあるのですが……。
女性が糸車を回す姿には、いろいろなイメージがあります。

私はまず、「いばら姫(眠り姫)」を思い出すのですが……。

何か、妙にドキドキするものがあります。

なぜか「孝女」は、糸繰りをしてたりしますしね。

いろんな意味で八尾という土地は、興味深い場所なんですね。


さて。
だいたいざっと紹介しましたが、時間がないんで、今日はこのぐらいで。

今からおふさ観音へ行ってきます。
バラが見ごろだといいな~♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。