スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦間の緊張

今、私たち夫婦の間には、かつてないほどの緊張感が漂っています。

まさに、
「一触即発」
と言っても過言ではない雰囲気。

険悪というか、反発というか、ただごとではないムードです。

というのもですね。



旦那ときたら、私が良い写真を撮ると、

「やっぱり、新しいカメラで撮ると、ええ写真が撮れるな」


などと、言いやがるんですよっ!!!!!!!
ええ年こいて、負けず嫌いにもほどがある。

でもね、でもね。
私のカメラは、中古で、ネットオークションで、1万6千円で落札したもの。
AMAZONなんかで見ると、新品でも2万6千円ぐらいなんですよ。

旦那のカメラは、新品で購入したとき、10万円ぐらいしましたから、私のカメラより品質が落ちるってことはないはずです。

でもそう言うと、

「とは言うても、新しいカメラやからいろんな機能がついてるやろ」

と言い逃れします。

確かに、旦那がカメラを買ったのは、6年ぐらい前になりますか。
その当時で、「ちょっと前のカメラ」を安く購入したんだったと思います。

私のカメラは、2~3年ぐらい前に発売されたものらしいですから、「新しいカメラ」になるのかもしれません。
それはそうかもしれませんが……。

何か非常に面白くない。

「それやったら、カメラ交換したるがな」

と言うのですが、

「ええよええよ」(←大人顔で)

とか言いやがる(-"-)

しかも、
「今の写真は、カメラの機能のおかげも大きいんやから……。無理せん方でええて」
などとお子チャマを見るような目で付け加えたりするんで、奥さんはムカついて、ムカついて、もう!!!!!!


でもね。
私も大人です。

私よりずっと長いこと、カメラを趣味としている旦那としては、いきなりデジイチの世界に飛び込んだ私が、自分よりももっと良い写真を撮ったら、そりゃぁおもしろくないでしょうね。
ここは私が大人になって、
「そうねぇ。やっぱりカメラがいいと良い写真が撮れるけど、腕前はあなたよりも全然劣ってるわね」
ということにしとこうと思います。

いやはや、大人って辛いわぁ。

ということで、私のカメラで旦那が撮ったアホ鳥の写真です(笑)

1010churry.jpg

さっすが。
良いカメラで、良い腕前の人が撮った写真って、素晴らしいわぁ。
ほ~~~~~~~んと、すってきぃ♪




ほんまはモデルがええだけやけどな。
けっ!!


でも、可愛いでしょ(笑)

チュリーがうちにきた当時、
「横顔は可愛いのに、正面顔は間抜け……」
と思ったものですが、今じゃ、あほそうな正面顔の方が可愛いく思えるのが不思議(^^ゞ

昨日は雨で、あんまりあちこち行けなかった分、今日はちょっと遠出してこようと思います。

出張中の洗濯物をざざっと洗って、おむすび作ったら、さっさとでかけま~す。

**************************
追伸

さっき階下へ降りていったら、旦那に、
「今日のブログはどういう意味や?」
と言われました。

「うちには大人気ないのがおるって話やんか」
と答えると、

「どっちがや!」
とツッコミ。

当然旦那に決まってるんですが、そう指摘すると、
「今日はもう、出かけるのやめよか!?」
と脅してくるのは明らかなので、
「私のことに決まってるや~ん」
と、大人の私が折れました。

なんせ旦那は運転手あんどナビゲーターあんどプランナーあんどいろいろ世話係なんで、へそを曲げられると、とっても困るんですよね~。

でも、お子ちゃまなんですよ~。
困ったわ~。

おほほほほほほほほほほほ。

ということで、出かけます。

はぁ、大人は気苦労が多いわ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

分ります。

 他人から見れば、ほほえましいのですが、当事者から見れば意地が・・・(^u^)。

 自分も一眼レフで狙って桜を撮影したりしましたが、横でパートナーが撮ったケータイの桜の方が良かったりします。画質や色ならばカメラの性能も多少ありますが、何と言いますか写真の雰囲気や味わいが優れていました。ガチガチに狙う写真より気軽に押した写真の方が後で見ても気持ちが良いと言うのもあります。
 これだけ写真の性能があがりますと、レンズの特性やカメラ機能を最大限に活かした撮影でもない限り、撮影者の「面白い」「美しい」「おお!」という視点の違いになっちゃいますね。ま、後はお互いに大人の対応で会話すれば尚良いと(笑)。

夫婦のいさかい

落王さんのところでも、写真をめぐっての静かな闘争があるのですね(笑)
そうなんですよね~。同じものを見ても、まったく違う写真ができあがってくる。
それが面白いけど、「狙って撮った」人間にとっては、「気軽に撮った」人の写真の方が良かったりすると、すげぇ口惜しい(笑)

腹がたつのは旦那の、「大人な対応」なんですよ。

「はいはい、のりこはうまいうまい」
とか。
「やっぱり、才能があるなぁ、のりこは」
とか。

見え透いた言葉で、手なずけようとしてくるので、私はまた、「キーーーーーーーーーッ!!」と(笑)

今日も多分、夫婦の静かな(???)睨みあいは続きます(笑)

オプショナルスペース:南里

音楽でも、画像でも
絵画、彫刻、文学・・・
なんでも
現在を留めておきたい人類の挑戦なんですね~
だから
魂がこもるのかもしれないなあとふと思いました

おはようございます

特に共通の趣味のない
我が夫婦は、こうした緊張がうらやましくて・・・
どこに出しても恥ずかしい夫
穴があったら埋めてしまいたい夫
酒グセはかなり危ない夫
という居場所をちゃんと家庭内に設けていただいております
ふふふ
いわゆる
オプショナルスペース

ご主人のカメラの世界という
オプショナルスペースに
新参者が新機種で割り込んでくるとこうなるのもご承知の通りで
のん様の
大人の対応も、たいへんすばらしいご対応と
拍手!

このオプショナルスペースを趣味に設けることは
ごくありふれたことなんですけど
ご主人のように
車の運転、ナビゲーション、プランニング、スケジューリングなど
役に立つことで
「オレにまかせておけ!」
というオプショナルスペースを持つことが大切なんだなあ~
と思ったんです

たとえば
風呂掃除はオレにまかせておけとか
換気扇はオレがやらなきゃな~とか
役に立つ「こだわり」をどんどんと増やしていきたいと思っています

ほんとの意味でのワークシェアリング
「役割分担」かな~

相手のご希望通りの結果が得られたら
また
信頼も厚くなるというもんですよね~
”若旦那~、なんり、深感恩

夫婦の役割分担

うちの場合は、わりかしはっきりきっぱりと得意分野が違うので、役割分担において悶着らしきものはありません。

ただ、趣味の場面において、
「どっちがうまいか?」
ということで、睨みあいが続くことはままあります。

旦那は卑怯なんですよ~。
絶対自分から、
「どっちがうまいか?」
とけんかをふっかけてこず、
「のりこもできる範囲で頑張ればええで」
という上からの目線で対応します。

なので私がムキになり、
「私の方がうまいもん!!」
とやると、
「はいはい、わかったわかった」
という感じなんですよっ!!!!!!!!!!!!

まるで私の方が下手だという態度でしょ?
まったく勘違いも甚だしいと思うです。ムカムカ。

まぁでも、それ以外のことは、だいたい

「俺にまかせとけ」
「頼りになるわ~」

「ここは私が」
「やっぱりうまいなぁ」

と、うまい具合に周ってはおります。

でも、カメラだけは……。

ほんっま腹たつわぁ~~~!!!!!!
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。