スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗示

昨日はもう、眠くてねむくて。
風邪薬は飲んでないんで、純粋に風邪からくる眠気でしょうね。
一日中、うつらうつらしてました。

いい天気だったんで、朝から布団を干し、15時ごろ取り込んだんですけど、取り込んだ途端、室温が上がった(笑)
んなわけで、風呂上がりには、ちょっとクーラーをいれずにはおれませんでした。
いや~、やるねぇ、太陽(笑)

今日はシーツを洗ってるんですが、なんか天気イマイチだな(^^ゞ
乾くかしら。

さて。
そんなわけで、またまた引きこもりなんですが、私は昼間テレビを見ないので内容はよくわからないんですが、今テレビ大阪で、サスペンスものの再放送をやってるみたいです。
朝一番に、ネット上でテレビ番組表をチェックする習慣があるというだけで、めったなことでは「よし見よう」とはならないんですが、気になる番組名があると、一応内容だけはチェックしたりしています。

今日気になったのは、「疑惑のクリスマス」というタイトルのものでした。
単に、「クリスマスかぁ……えらい気が早いなぁ(^^ゞ」と思っただけではありますが、原作者の名を見て、興味倍増。
そこに書かれていた名前は、「谷崎潤一郎」でした。

私はなにかにつけて中途半端なたちで、谷崎は新潮文庫で10冊ぐらい読んだっけかなぐらいしか知りません。
この人の本は、とりあえず、「綺麗な文章が読みたい~~~~~」ってときに読む(笑)
そんななんで、内容はどうでも良かったりします(^^ゞ
ふまじめですな。

なので、「春琴抄」とか「少将滋幹」など、美しい女性に対する恋慕が描かれた小説ばっか選ぶ傾向にあり、探偵小説系は一切読んでないんですよね。
絶対面白いだろうなとは思うんだけど。

でもってですね。
くだんのテレビドラマ「疑惑のクリスマス」の原作は、「途上」でした。
これは、文庫にも収録されてますね。

内容は、保険金目当てで妻を殺害した過去を持つ男(伊藤四郎が演じてますから、多分初老の男という設定でしょう)が、新しい恋人に会いに行く途中に探偵に出会いうんぬんというものみたい。
多分、この新しい恋人と探偵にも何かいわくがあったりするんでしょうが、興味を持ったのは、妻の殺害方法です。

妻の死因は、「自殺」ということになっていますが、実は、夫である男が、さまざまな暗示を使って、彼女を死に追い込んだんだと言うわけですよ。

「直接手をくださずに人を殺す方法」
というテーマは、いろいろなサスペンス作家が手掛けていると思います。

確か、松本清張の短編で、登山に連れていって殺すという手法があったような気がします。
慣れない男を山に連れ出し、一番心臓に悪い登り方をして、病死させるという内容でした。
それがそんなにうまくいくかどうかは別として、「山」というのは意外ながら、鋭いかも。
あまり知られていませんが、山で「病死」する人は、毎年かなりの数に登るらしいですしね。
事故よりもずっと、病気の方が怖いらしいですよ。

ヒッチコックの映画でも、広い荒野を、大型トラックでぴったり後ろをついて走るという手法があったと思うんですが、子どもの頃に見たので記憶違いかも。
大型トラックにぴったり後ろをつかれたら威圧感がありますからねぇ(^^ゞ

道を譲るつもりで左に寄り速度を落とすと、後ろのトラックも左に寄って速度を落とす。
仕方ないから振り切ろう……とスピードをあげると、トラックもついてくる。

誰も通らない広い荒野で、精神的に追い詰められ……。

そんなこんなで、結局心臓が破れちゃうんだったかと思います。
トラックの映像がやたら怖かった(^^ゞ

今、ヒッチコックの「主な作品」でチェックしてみたけど、それらしきものはないなぁ。
勘違いかしら(^^ゞ

でも、こういう具体的な方法は却って珍しいんじゃないかなぁ。

サスペンス小説やドラマなどで描かれる、「血に染まらない殺人者」の多くは、「暗示」という手法を使っているかと思います。

暗示を使って、ターゲットに「死ぬしかない」と思わせる。
暗示だから、ターゲットは自分の意志で死ぬんだと思いこむわけで。
多分、実生活でもこういったことは起きているんじゃないかなと思います。
それも、想像以上に頻繁に。

もちろん、「死」などという深刻なものばかりじゃないけどね。
でも、多分「あなた」も、誰かに暗示をかけられてると思いますよ。

例えば。
私の友人は、勉強をしない人でした。
私も勉強嫌いではありましたが、テスト前日ぐらいは勉強します(笑)

「え~っと、出題範囲はどこからどこだっけ?」(←前日に確認することじゃない)
と、その友人に電話をかけると、母上がでて、
「あぁ、かずみちゃん?今日はアーチェリーを習いに行ってるわ~」
などと言われたもんです。
まず、家にいなかった。

それでも成績が良かったんですけどね、彼女は。
私は、科目によって違いました(笑)
それでもまぁ、一応平均点以上はとってましたが。

でもつい最近、そんな思い出話をしてたら、彼女がこう言うんですよ。
「あれさぁ……つらつら考えてみたら、私自身、『テスト前に勉強したらあかん』っていう思い込みがあったんよな」
って。

彼女は三人姉妹の一番上で、ほぼ、放ったらかしで育てられた子でした。
そんなこともあってか、彼女の母上は、
「上の娘は放ったらかしでも家事は万端してくれる。テスト前も勉強したことがないのに成績優秀」
と、ことあるごとに人に言っていたそうで。

それを聞いていたので、「あぁ勉強しちゃだめなんだな」と漠然と感じていたとか。
この「暗示」は、彼女を不幸にはしなかったかもしれませんが、不幸にするパターンも結構あるんじゃないかな。

「○○ちゃんは臆病だから」
とか、
「○○ちゃんは不器用だから」
などという負の暗示を誰かからかけられているというケースは、少なくないでしょうね。
そしてかけられた本人は、実際はそうでないにも関わらず、自分を臆病だと思い込み、そういう行動をとってしまう。
不器用なことをやってしまう……。

これは不幸です。
でも、多分、かけている方も無意識なんでしょうね。

もちろん、悪いものばっかでもないと思います。

うちの旦那は、私が何を作っても、
「おいしい」
と食べてくれます。

んでもって、
「のりこは何を作っても上手やなぁ」
と言われると、なんか自分がすごく料理上手な気がしてくるんですよね。
やる気になるじゃないですか。

多分これも「暗示」なんだろうな、と。

そういう暗示ばっかだといいんですけどねぇ。

ってことで自分で自分に暗示を。

薬も飲んだし、ゆっくり寝たし、今日は掃除を終わったら一日家でごろごろしててもOK。
だから、明日には風邪が治ってるに違いない。
いや、治ってなければおかしい。

うん。
絶対治ってる!!!!!!!!

よしゃ。
それじゃ、一日を始めます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーーん、ちょうど、今日、暗示について考えていたんですよね。

うちには3人子どもがいて、もっとほめなきゃと思うんですが、「とろい」「よく忘れる」「いいかげん」などなど、ついつい、ぐちぐちと小言をいってしまいます。

とろい末っ子は、とろいなりに良いところもあるのですが、一人、とろとろ晩御飯を食べられると、片付かないので、「はよ、食べろ~!」と。

反省して、これから2-3日ぐらいは、何かほめて、いい暗示にかけるようにします。

あははは

難しいですよね(^^ゞ

親になったことがないので、よくはわからないんですが、自分が言われる立場だと考えると、
「よく忘れる」
と、行動を批判されるのはそれほど傷つかないんですが、
「とろい」
など、意識していないで出てしまう自分の個性を批判されると、
「自分はとろいんだろうか?」
と、暗示にかかっちゃうような気がします。

でも、難しいですよね。
褒めてばっかりで増長されても困るし(^^ゞ

自己暗示:南里

何かの期待に応えようとする気持ちが強いと
暗示にかかりやすいのかなあと思います

だったら
自分の期待に応えようとする気持ちを用いて
自分のなりたい姿を描いて
自己暗示にかけると
道が開けてくるのかも?

おはようございます

格言・名言・ことわざ・習わし・風習・・・
といろんなことを吸収して、私たちは
自分も含めた何かの期待に応えようとして
自分の行動をとっているんだとしたら
自己を肯定する建設的な言葉ややり方を
どんどん取り入れたらいいと思いました

毎日の中で反芻したい言葉は
「笑う門には福来る」
「ほんとうのやさしさとは、人に気づかれないもの」
「やなぎは頼りなげだが、根っこはしっかりとしていて風雪に耐える」
「春の温かさを持ってすれば、芽が出るものだ」
「人を責めるな、自分を責めるな」
などなどです

自分がこうなりたいという自分の期待に応えようと
言葉の反芻によって自己暗示をかけるのが
自己実現への道なのかもしれませんね~

主体的に積極的に自己暗示をかけるって
ステキな人生だな~と思えてきました~
ありがとう
”若旦那~、なんり、深感恩

自己実現

ほんまですね。
自分に積極的に暗示をかけるっていう手もありますね。
いろいろと難しいこともあり、しんどいこともあるからこそ、
「自分に暗示をかけて自己実現する」
ってのは、前向きでいい考え方かも(笑)

これ、いただきました(笑)

とりあえず、今自分にかけたい暗示は……。
「寝る子は育つ」
でしょうか(^^ゞ

あ、体重がそだったらまずいか(^^ゞ
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。