スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でか顔と、なが顔

昨日は友人と、京都文化博物館で開催されている「オルメカ展」へ行ってきました。

オルメカと言えば、まっさきに思い出すのが、あの巨顔石像ではないかと思うんですが、どないでしょ?
誰かに似てると思うんだけど、それが誰か思い出せない……。
頭が短く、目はでかい。低めの鼻にぶあつい唇。
ネグロイドの顔つきに近いような気はしますが、石像には着色されていないので、このモデルとなった人物の肌の色まではわかりません。

オルメカ文明は、単一の部族だけが担ったわけではないというのが定説のようです。

というのもですね。
主だった遺物を見ても、そこに登場する人たちの顔つきがまったく一致しないんですよ。

でかい遺物の代表格。巨顔石像の顔つきは上記に書いた通り。

でも、小さい遺物に目を移すと……。

例えば、「会議中の人たちを表現している」とされる、人形たちのかたまりがあります。
一人の人物を中心として、15人ぐらいの人形が、彼の演説を聞いているような形に配置されているんです。

この人形は、例外はありこそすれ、みなすごく顔が長い。
へちまに顔が乗っかっているような感じなんです。

しかも目も細い。鼻筋が通って、唇も薄い。
巨顔がカボチャとしたら、こちらの人形はキュウリです。

この人形たちの材質も興味深い。

聴衆たちの人形は、ヒスイか何か、なめらかな石で彫られています。
が、代表者……この時代のことですから、多分シャーマンでしょう……だけは、砂岩のような荒い石で作られていました。
しかもそれが風化して、なんだかみすぼらしいことに。

「のりちゃん、見てみて、このシャーマンぶつぶつやん?」
という友人に、
「ブツブツ言うな」
……とつっこむのは、礼儀です。

が。
このやりとりが大事件を……!!!!!!

……というほど大げさなことではありませんが(笑)
私たちのやりとりを横で聞いていたお姉さんたちが、私のツッコミの瞬間、
「ぷぷ~~~~っ!!」
と吹きださはったんですね。

かくして私たちは、係員のお姉さんに、
「お客様、申し訳ありませんが、もう少し声を落としてお話しください」
と注意をうけてしまったのでした(^^ゞ

いや、私たちの話し声自体は、それほどでかくなかったと思うんですけどね?

しかしほんま、なんでなんでしょうね?
一番重要なはずのシャーマンが、一番もろい材質で作られているのは。

日本では、「一年神主」なんてのがありました。
一年間、あらゆる特権を与えられたこの「神主」は、その年が終わると殺されるんです。

……関係ないかな?

さて、去年ぐらいに、マヤ暦が脚光を浴びました。

マヤ暦は、5000年超を一つのサイクルと考えていて、そのサイクルが2012年に終わるんです。
そこで、「2012年に世界が終わる」と喧伝した人たちがおられたようで。

でも実際に終わるのは、「一つのサイクル」。
2012年になれば、また新しいサイクルに突入するというわけ。
なんかワクワクするじゃないですか。

今現在のサイクルは「火のライオンの時代」とかなんとかそんな解説がついてたんですが……。
メモすりゃ良かったなぁ(^^ゞ

次の時代はなんなのでしょう。
その説明はありませんでした。

ただ、私たちは、古代オルメカ人と同じ「時代」を生きているんですよね。
そう考えると、マヤの暦感は壮大です。

そしてこのマヤ暦、オルメカ人の発明かもしれないのだそうです。

マヤの人たちは、先住のオルメカ人の文明を破壊せず、そのまま利用した痕跡があるのだとかで。
それはちょっと面白いことだと思いませんか?

もし、マヤとオルメカの間に、なんらかの戦争があったのならば、マヤはオルメカの遺産を壊したのではないかと思うんですよ。
それをそのまま利用したということは、マヤとオルメカにはなんら軋轢はなかったんじゃないかな……。

とすれば、古代においてこれほど進んだ文明を持っていたオルメカ人が、突然どこかへ消えたということ。

それがねぇ。
なんともロマンだと思いません??

実はこの日、友人から借りた漫画にワインこぼしちゃったので、お詫びに「古代マヤ・アステカ不思議大全」をプレゼントしたんです。
つまり私は通して一読してます。

なのに……昨日、展示を見ながら、「あれ?これはどうだっけ?なんだったっけ?」とまったく繋がってこなかった(^^ゞ
どうも、読んだ情報がきちんと整理されづらくなってきているようです。
年ですなぁ(T_T)

読みなおそっと。

博物館を出ると、ランチでございます。
京都って、表通りは高くて格式ばった店が多いんですが、裏道にはリーズナブルなお店が多い。

お洒落なお店も多いし、寄り道しだすと時間がなんぼあっても足りないですよね(^^ゞ

この日私たちは、四条河原町の高島屋に入っている、小龍包のおいしいお店を目的としてたんですが、途中でくじけてカフェへ。

「ここで腹八分目まで食べて、小龍包はおやつにしたらええのんちゃうん?」
ってことですね。

まぁ、はっきり言えば、空腹に負けたんどす(笑)

でも正解でしたよ。
雑穀米はおいしかったし、万願寺の炊いたんも甘辛くてGOOD。
チキンのワイン煮込みは、そりゃまぁうまかった。
これで850円。
よし。
満足満足。

小龍包も評判通りのうまさでした。

「蟹味噌味・ホタテ味・普通」の三種類が入って1050円のものを一人前ずつ。
私は蟹味噌味が一番だったなぁ。

食べ終わった後、電車の時間まで京都散策をしました。
電車の時間が決まってたわけじゃないんだけど、私は昼得きっぷを買ってたんで、16時までに電車を降りなきゃいけなかったんですよ。
そんでね。15時には駅へ行こうって話してたんです。

その間に、一目惚れしたカエルを買っちゃったし(^^ゞ
あんまり衝動買いってしない方なんですけどね。
このときは、もう、ビビビっと。

友人が同じ指輪を買ったんで、
「おそろいはいやん」
とか言うてたんですが、見てるうちに、やっぱり私もつけたくなりまして(^^ゞ

サイズまで同じどす(笑)

うまそうだわ、可愛いわで、京都は危険(^^ゞ

ってな一日でした。

今日も一日でかけます!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもながら知識が豊富で感心します

オルメカ展、なかなか興味深そうな展覧会ですね。
私も日曜日に見に行く予定です。


> 私は昼得きっぷを買ってたんで、16時までに電車を降りなきゃいけなかったんですよ。
阪急か京阪か不明ですが、どちらも16時までに駅を降りる必要はなくて、
16時までに乗車駅の改札通るだけで大丈夫ですよ。
(ちなみにJRは17時まで)

がのじさんこんにちは

オルメカ展、歴史や民俗学が好きな方にはたまらんと思います。
ただ、日曜日は混むと思いますので、時間をたっぷりとってくださいね。
人によって、違う発見があると思いますので、また感想など聞かせてください。

また、阪神・阪急は16時まで入ればいいんですね?
それじゃあ次からはもう少しのんびりします(笑)

あと2年なんですね~:南里

2012年は、マヤ歴からですか~
豊かな知識ありがとうございます
地球の新たな進化の幕開けかな~

おはようございます

考古学は
文化人類学、宗教、科学技術、のん様のイマジネーションなどなど
を取り込むアイディアでいっぱいの学問だなあって思いました

古くからつながる人の世ではあります
その中で、ある人種の消滅が、語ってくれるのは
「必ず、終わりがある」ということなのかも知れませんね
宇宙にとったら、たった5000年という1サイクル
マヤの人たちは、壮大な長さのサイクルに
それでもたくましく「終わりがある」ことへ
生の努力目標を掲げたのではないかなぁ~
と思ったのでした~

イマジネーションをフル回転するのも楽しいですねぇ~
”若旦那~、なんり、深感恩

終わり

そうなんですよね~。

何かが終わるから、何かが始まるわけで。

それはちょっとしんどいことだろうけれども、素晴らしいことでもあると思います。

ヒンズー教の、シヴァ神は、「創造の神」でもあるけれど、同時に「破壊の神」でもあるんですよね。
いや、「破壊の神」であると同時に「創造の神」であるというべきか??

古代インドの人たちもまた、「終わりがあるから始まりがある」と知っていたんでしょうね。

それは、自然災害による生活の破壊によって思い知ったことかもしれませんし、もっと深く遠大な魂の活動から生まれた思想かもしれません。
それはよくわかりませんが、破壊の後、創造に取り組める人間のたくましさというものを、私は本当に美しいと思います。

マヤでは、生贄が習慣的に行われていたと言います。
多分、マヤ人たちにとって、「死」は、あるサイクルの終わりと感じていたんでしょうね。
だから、生贄となることに、現代人ほどの恐れは感じなかったのかも。

面白いですよね!!
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。