スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜなんだろう

先日、「世にも奇妙な」に「どつきどつかれ生きるのさ」という物語があった~……と書いた後、「原作はあるのか?」と調べたら、漫画だったとわかりました。

作者は「うめざわしゅん」。
WIKIにさえ載ってない作家さんですね。

ショートストーリーとはいえ、ドラマにまでなってる作家さんなのに。

彼の出した単行本は一冊だけ。
「ゆーとぴあず」
レビューを見ると、おおむね良い評価。

ここでむっちゃ気になって、購入してみました。
しかし、アマゾンは速いなぁ。
注文した次の午前中に届いたんでびっくらこきました。
楽天だと、最速でも、注文した次の夜ぐらいに「送りましたよ~ん」というメールが来て、次の日の夕方に到着って感じなのに。

読んでみたところ、その単行本に収められたストーリーはどれもなかなか面白いです。
ただ、「想像力」「創造力」「発想力」というよりは、理屈を重ねて作られた話しという気はしたかも。
自由な広がりは感じなかったっていうか……と偉そうに言ってみる(笑)

本が出版されたのは、2006年。
まだ絶版にはなってないみたいですが、楽天でもアマゾンでも「在庫僅少」状態。

小学館と言えば!!
一條裕子の「犬あそび」が絶版になってるのは解せん!!!!!!!
むちゃくちゃ面白いじゃんよぅおぅおぅおぅおぅおぅおうおうおうおうおうおうおう!!

「売れる本」と「売れない本」の違いはなんなんすかねぇ?

本屋では、私はまず、「文庫本新刊コーナー」と「コミックス新刊コーナー」をじろじろ見た後、歴史コーナーやら、旅行コーナーやら、そのとき必要とする本を探しに行く感じです。

で、売れ筋のコミックスなんかは、「見本」として、立ち読みできるようになってたりしますよね?
一応、見本は読んでみるんですが、読んだ上で、買ってみようと思ったのは「デトロイト・メタル・シティー」だけだなぁ。

大概、「チープ……」と思ってしまうことがほとんど。

それはコミックスだけのことではないです。

20年前のことで申し訳ありませんが、「読むクスリ」なる本が流行りました。
内容は、「良い話を集めた本」っていう感じ。

私はその手の本は嫌いなんですが、先輩にいただいてしまって、とりあえず読みました。

この本のファンの方がおられたら申し訳ないんだけど、感想はやっぱり、
「安っぽいなぁ」
でした。

そのころ、私は職場で、「雑学博士」と呼ばれてました(笑)
で、ある後輩に、「知って得する雑学百科」みたいな本を渡され、
「もっと雑学博士になってくださいっ!!」
って言われたんですけどね……。

その手の本で知る雑学ってさ……。
薄っぺら過ぎるってばさ。

そのころ私が、(その年にしては)いろんなことをよく知っていたのは、まず読書(もちろん雑学入門とかじゃなく、単なる小説です)量が多かったのが原因かと思います。
あと、大概のことに興味を持つ、注意力散漫さがその理由だったと思う。
決して、そういう薄っぺらい本を一冊や二冊読んだからじゃないです。

でも、そういう「雑学百科」みたいな本が、売れ筋の本として、本屋に平積みになってたりするんですよね~……。

以前、芝崎みゆきさんのブログに、
「本を売り込んでいるとき、ある出版社の担当に、『売れる本っていうのは一時間で読める本です』と言われた」
と書いてあるのを見て、愕然としたんですよね。

そういう出版社が多いんなら、良い本が少なくなってしまってもしょうがないな……。
って感じです。

でも、「軽くてすぐ読める本」しか読まない人たちが多いのが、多分そもそもの原因ですよね、きっと。

そういや、一時期、小説も、河出文庫や福武文庫ばっかり読んでることがありました。
知らない作家さんの本が多いし、それで当たり外れが少ないんですよ。

岩波は新しい作家さんのが少ないしさ。
ちくまはちょいでかくて本棚におさまりにくい(笑)

所詮私は文庫本の世界で生きる人間なので、本当にマイナーな出版社の本はあまり知りません。

が、時折でかい本を購入して、「買って良かった!」と思う本のほとんどが、マイナーな出版社の件。

なんなんだかなぁ。
なんだかなぁ。

まぁ、自分が贔屓にしている作者さんの本が、あほほどバカ売れして、あちこちの出版社から引く手あまたでその結果、品質が落ちたらすげぇやだなとは思います。
思うけど、せめて絶版にはしないでほしいし、単行本になる程度の作品が溜まったら、本にして欲しいなぁ。

一條裕子さんの「金子の部屋」も、本になると告知されてからもうすぐ2年ですよぉもう。
それが全然進展してないのは、彼女がメジャーな漫画家ではないからでしょう。
むちゃくちゃ面白いのにっ!!!!!!!!!!

なんでなのかなぁ。

そんなわけで、最近あんまり本を読んでおらんのです。

あ、ただ最近、「5分でたのしむ数学50」という本をいただきましたが、これは面白かった!!
読んでるうちに、「微分積分を勉強しなおそ」って思いましたもん。

ただ問題は、微分積分の前に、サインコサインあたりからやらないと、とっかかれないことですかねぇ(^^ゞ

この本、まず旦那が読んで、会社の行き帰りの電車の中しか読書時間はなかったにも関わらず、
「むっちゃ面白かったで!!」
と二日ほどで読み切ってしまったんですが、私は1週間以上かかりました。

サインコサインとか、対数とか言われても、なんのことやったやらピンとこなかったからっす。
確かに習ったし、得意だったのにね。

旦那に、「これってどんなことやっけ?」と聞きましたが、「だからな、サインなんちゃらコサインなんちゃらうんちゃらかんちゃらべっちゃらぺ?」としか聞こえなかった(笑)

この本のように、いくら「5分でたのしむ(5分では無理だったけど)」と銘打たれていても、その本質に興味を持てる深い内容なら、素晴らしいと思うんだけど……。

ほんと、最近、「良い本」に巡り合うのがむずかしくなりました。

本当に良いものに巡り合うには、それなりの努力が必要だとは思うんだけどね。
ただ、その努力をする気がなく、ずっと良い本にたどり着かなくても平気で、そこらへんにあるチープなもので満足しちゃう……という人が多くなれば多くなるほど、本当に良い本が日の目を出なくなっちゃうと思うので。

本が好きな人たちは、頑張って良い本を探しましょう!
……私もがんばります、はい。

さて。
昨日撮影した「紫御殿」ですが、「オシベをもっとアップにしては?」とアドバイスをいただいたんで、やってみました。
ただ、昨晩の雨のせいで、光が少なく、黄色の鮮やかさがイマイチ。

また明日挑戦しま~す。

0913hana.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。