スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿敵

この家で暮らし始めて13年あまり。
いろいろな訪問販売がやってきました。

結婚直前ごろやってきた、ジャニ系の兄ちゃん。

「水道局の方からきました~」
って言わはりました(笑)

「水質検査をするので、水道水を汲んできてもらえますか?」
と言うんで、思わず好奇心が働き、コップの水を持っていくと、何やら試験薬を入れて、
「あちゃ~茶色になりましたね~、飲めないわけではないけれど、酸性度が高いですね~」
なんて話になりました。

愛想の良い兄ちゃんで、ど~でもいいことをくっちゃべりまくってましたが、最終的に、
「今ならこの浄水器が安くなるんで、水道を見せてもらえますかぁ?」
と可愛く笑ってきたので、
「みせたくないんで帰ってくださいぃ♪」
とこっちもとっても可愛い笑顔をみせて帰ってもらいました。

後で聞くと、家の中にいた旦那は、いつでも追い返せるようにスタンバイしていたそうですが、残念ながら出番なし。
兄ちゃんは、ごくごくあっさりと帰ってしまいました。

似たようなことは何度かありましたが、一番しつこくて、また鬱陶しかったのは、近所の奥さんの、○価学会への勧誘でしたね~。
近所づきあいがあるから追い返しもできないし、しつこいし、とにかく
「偉い人の話を聞けば考えが変わるから!」
ばっかり繰り返すし(-"-)

信者に取り囲まれて、脅されるなんて、絶対いやだっつの。

昨日も、玄関先で犬の食器を洗ってたら、その奥さんがやってきて、聖教新聞を置いていきましたが……。
まだ諦めてなかったか(^^ゞ
ま、今度勧誘にきたら、インタフォンごしにお帰りいただくと思いますが。
最初にかなりキッパリお断りしたからか、今のところ勧誘しようという感じではありません。
だからまぁ、いいっちゃぁいい。

一番しつこく、タチの悪い訪問販売はというと、NHKだと思うんですよ、私。

私は昔、大河ドラマを見てましたんで、この家に引っ越してきてすぐNHKがやってきたとき、地上波の契約はしました。
今でも、ニュース関係はNHKを見ることもあるんで、これについては不満はありません。

が。

衛星放送については……。

いろいろ許せん。

まず最初のトラブルは、ケーブルテレビを契約した直後のことでした。

すぐに彼はやってきたんですよね。
「ケーブルテレビと契約しましたね?NHK衛星も受信されてしまうんで、契約してください」
つぅて。

でもなんとなく納得できなかったんで、
「納得できないんで、契約しなくてはいけない根拠を教えてもらえますか?」
というと、
「放送法で決まってる」
とのこと。
「放送法の条文ってどんなんですか?」
というと、
「契約しろっていう内容です」
と、とんでもなくいい加減なことを言いやがる。

「あなたもこういう営業やってるなら、条文ぐらい持ち歩いてるでしょ?みせて?」
というと、
「持ち歩いてない」
「それじゃあ、契約しなくちゃいけないなんてこと信じられないから、契約できません」
というと、
「契約するまで帰りません」
と来たもんだ。

「ケーブルテレビに入ったら絶対衛星受信料を払わなくちゃいけないんですよ!!法律で決まってるんです」
とまで言いやがりましたよ。

ほんましつこくて、
「だ~か~ら~~~~~~、納得したら契約しますが、今のあなたの準備では納得できませんから、自分で調べます。それまで契約できるわけないでしょ!!」
と何度も何度も言いましたが、
「法律で決まってるんです。払うしかないんです」
ばっかり。

でもこれ、です。

もしこう言われて渋々契約したのなら、詐欺ということで契約解除できますよ。

というのも、アナログ放送の場合、ケーブルテレビの方で、NHK衛星放送のスクランブルをかけてくれるからです。
それがわかったんで、もちろんケーブルテレビに連絡してスクランブルをかけてもらいました。

後日、その営業員がまたやってきましたが、旦那が出て、
「スクランブルかけてもらいましたけど?」
と言ったら、
「あ、スクランブルかけましたか……」
つぅて逃げ帰ったそうな。
ということはつまり、スクランブルをかけられることをわかりながら嘘を言い、契約を迫ったってことになります。

なんつぅ悪質な(-"-)

次の戦いは、デジタル対応テレビを購入したときでした。
このときもすぐ、電話がかかってきました。

「デジタルテレビを買いましたね?ケーブルテレビと契約していて、デジタルテレビを買った方は、衛星放送受信の契約をしてもらわなくてはいけません」
と決めつけられましたんですわ。

「デジタル放送はスクランブルがかけられませんから、スクランブルかけようったって無理ですよ」
という主張です。

まるでヤクザです(-"-)

しかし、なぜ、デジタル対応テレビを購入して、ケーブルテレビと契約しているだけで、ケーブルテレビのデジタル放送を受信していると決めつけるんでしょうね?????

「うちはまだアナログ放送の契約なんですけど?」
というと、
「あらあら、デジタル対応テレビを購入したのに?」
と、まるでこっちが嘘をついているような口ぶりっすよ。

「NHK衛星を受信したくないから、デジタルに変えないんです。NHKがこういった阿漕な営業をやめたらデジタルに変えますよ」
と言ったら、
「あらそうですか、失礼しました」
とやっと電話を切ってくれましたが……。

疑いを知らない奥さんなら、騙されて、衛星受信契約をしてるんじゃないの?

ほんま悪質だ。


さて。
そのケーブルテレビも、この8月にアナログ放送の配信が終わりました。
うちは、ケーブルテレビの放送をこの3年ほどまったく見ていませんから、テレビ受信だけ解約しようとしたんですが……。

そうなると、いろいろ別費用がかかり、総額10万弱になるそうなんですわ。

ということで、旦那がいろいろ検討してくれた結果、「ケーブルテレビの番組は受信せず、デジタルの受信だけする」という契約をすることになりました。

が。
聞いてみると、ケーブルテレビの番組は受信できないのに、NHK衛星だけは受信しちゃうそうです。
どう~~~~~~しても、受信しちゃうんだそうです。
なんじゃそりゃ!!!!!!!!!!!!!!


ということで、ですね。
放送法の23条です。

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

通常、NHKが受信契約を迫るとき、添え書き部分である「放送の受信を目的としない受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」は隠しているようです。

もしこちらがそのことを言っても、「放送の受信を目的としない受信設備というのは、販売を目的として店頭に陳列・在庫している受信設備のこと」と言い張るそうな。

でも、この件に関して、判例はありません。
つまり、司法判断は出ていないってこと。
ということはつまり、この主張は、NHKの勝手な見解ってことです。
自分の勝手な見解を、法的に決定されたことのような言い方をするのもまた、やっぱり悪質な詐欺だと思う。

ってことで、多分もうすぐNHKがやってくるでしょう。

「ケーブルテレビのアナログ受信が終了しましたが~」
つぅて。

そのときは、
「司法判断をくだしてもらえるよう、裁判を起こしてください。それまでは絶対払いません」
と言うことにしようかと思います。

私にとっては、訴えられたとしても、いいネタになるしね。
面倒はあるにせよ、将来的にはいろいろおいしい。


ただね。

ケーブルテレビの言い分も問題があると思う。
私が、
「デジタル放送を受信すると、NHKの衛星まで受信するから、デジタル受信はしません」
というと、
「払わなきゃいいんですよ。デジタル受信してるかどうかなんかNHKにはわからないんですから、受信してないと言い張ればいいんです」
って言うたんですよね。

私のように、「NHK衛星を受信したくないから、ケーブルテレビのデジタルも契約しない」という客が多いんだそうです。
だとすれば、ケーブルテレビにとって、NHKの存在は、「営業妨害」以外の何物でもないと思う。

ならば、NHK相手に正々堂々、きちんと戦ってくれよ。

客に嘘をつかせようとする態度は、どうなんすかね。
あんまりにも姑息だし、卑怯だよ。

どんなに小さな嘘でも。
「方便」と言いかえられるような嘘だとしても。
自分の利のためにつく嘘は、害悪だと思う。

利己的嘘は錆みたいなもの。
じわじわと周囲を浸食してしまいます。


ということで。
戦いに向けて、じわじわアドレナリン放出中(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですか~

日本にいたときは大河ドラマとか、色々見ていたので素直に払っていました。衛星放送はのりちゃんと同じで見ていなかったし、迫られたことはなかったですからね。

でも、ホント”たち”悪いですね。
嘘つけと言われるのも気分悪いし。

見ない自由がないというのは、憲法違反にならないのでしょうかね。頑張れ、のりちゃん!

そうなんですよ

NHK衛星は関係なく、スカパーを見たくて契約しても、WOWWOWを見たくて契約しても、勝手に押し売りのように受信させておいて、「法律で決まってるから受信料支払え」って言ってくるわけですから。
しかも「法律で決まっている」というのは嘘ですよね。
放送法の条文は解釈がいろいろあって、NHKの解釈では支払うべきですが、それはどう考えても無理があり、公的な司法判断はまだ出てないわけですから。

こんな悪質な営業をやっていて問題にならないのはNHKぐらいだと思います。まったく。

本物を見ぬく目:南里

のん様は
本物・本質を見ぬく目をお持ちかと・・・

訪問販売でいきなり土下座されたこともあります・・・
権力にあやつられている姿に
こちらが心を鬼にした記憶があります

おはようございます

ずっと気になっていることは
こうした突然の訪問販売をお断りしたあとに
手を止めたことに対するお詫びや
聴いていただいたことに対する感謝の気持ちが
激減しているように感じるのです

いや、なんとなくなんですが・・・

人の気持ちになって考えてみる時に
権力も規則も規模も必要ではなく
ただ、思いやりという想像力が必要なんだって思います

NHKの災害情報通信の正確さと早さはすばらしいと思います
その高品質のインフラを整備、ハイレベルにしたのが受信料であって
その感謝をもって、災害情報通信の必要性、有用性を
営業力とすればいいかな~?
って思った次第です
”若旦那~、なんり、深感恩

なるほど~

>その高品質のインフラを整備、ハイレベルにしたのが受信料

と言う風に説明されたら、「そりゃ支払わなくちゃな」と思いますね。

なるほど。
若旦那に敬礼。

それに確かに、災害時の情報は速いです。

こないだのロケット打ち上げも、報じたのはNHKが一番速かったようです。

だから、地上波の受信料は支払うのになんの抵抗もないんですよ。

でも衛星放送は……。

ここでも
>その高品質のインフラを整備、ハイレベルにしたのが受信料
の法則は生きてくるのかとは思うんですよね。

BS放送を最初に始めたのは、確かNHKでした。
その後にWOWWOWが入ってきたと思う。

インフラを整備したかどうかはわかりませんが、日本で最初に導入したのはすごいことかと思います。

が。
私は、他の衛星放送も見ていないですから、そんなの知ったこっちゃないんですもんね~~~~~だっ!!!!!!!!
それに何より、あの詐欺まがいの勧誘は絶対許せん!!!!!!

視聴者の無知をよいことに、嘘ついて勧誘してるわけですから。
まさに、「思いやり」や「感謝」が決定的に欠如してると思うんですよ。

ってことでやっぱり、NHKの衛星受信料についてなんか言ってきやがったら戦います!!!!!!

しかし、土下座しての売り込みは困りますね。
特に若旦那んちのようなお店でそれをやられると困っちゃいますね。
「ただ売ればよい」
と言う風に上から押し付けられてるんでしょうか。
NHKの営業もそうなのかな?

だとすれば、それは不幸なことだとは思うのですが……。
それは思うんだけど、やっぱり自分自身が「良くないことはやらない」と自分に言い聞かせないとダメだと思うんですよ。難しいけど。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。