スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの公園で

旦那は昼から出勤だったので、朝からいつもの公園へ行ってきました。

といってもまだ工事が終わってなかったので、キビタキは狙えませんでしたが……。
ちょうちょやトンボは豊作でした(笑)

とはいえ、少し珍しい鳥も見かけたんですよ。

「あれ?キジバトにしては茶色くない?」
ということで撮影したのは、こちら。

0812umami_1.jpg

遠くから見るとその姿は「茶色っぽい鳩」に見えたのですが、写真で見ると全然違いますね(^^ゞ

立った尻尾、青白赤に彩られた顔。
そして、うろこ状の模様が入った体。

でも、遠くから見ても、「鳩じゃない」と確信はできました。

歩き方が全然違うんですよ。

まず、首を振らなかった。
そして、すごく素早かった(笑)

鳩ってなんであんなにトロトロ動くんでしょうかねぇ(^^ゞ

とはいっても、あんまり鳩を責めたくないんです。
なんせ、チュリーの動きもあんな感じなんで(^^ゞ

チュリーは歩くとき、首を振ったりはしません。
少し前傾姿勢になって、突進してくる感じ。

チュリーが歩くのは本当に限られた場合です。

籠の中では歩くというより「くちばしもフル利用して移動する」という感じです。
籠の外でも、私の肩に載っているとき以外は、棒の上に止まっていることが多いですから、左右に移動するだけ。
棒からタンスの上に移動するのも横移動です。

タンスの上ではまっすぐ移動しているのかなと思うけど、よく見えません(^^ゞ

ですから、チュリーが歩くのは、私が寝転んでいるとき。
私の腹の上で歩くんですわ(笑)

腹から顔の方に突進してくることがよくあります。
何かを確かめたいんだろうなぁと思いますが、ようわかりません(^^ゞ

丸い目を見開いて、私の顔を見つめているのは可愛いんだけどなんか間抜けだ(笑)

昨日見掛けた鳥の歩き方は、「ごく必死」なときのチュリーの歩き方に似ていましたか。
家で調べてみたら、どうやらコジュケイのようです。

コジュケイも、いわゆる「籠抜けの鳥」ですね。
本来日本には棲息していなかった外来の鳥ですが、特に生態系を壊すとは認められていない……つまりその数は安定しているようで、そのせいかどうか、「野鳥」のくくりに入っていることも多い鳥です。

低地において群れで生息するということですから、一羽見掛けたということは群れがいるのかな?
これからも会えそうなので、嬉しいです(#^.^#)

その後もうろうろしましたが、珍しい鳥には会えず。

いや~~~~~~~~~……。
この時期ねぇ……。

「あら、こんな鳴き声始めて聞くような気がするわ?」
と思って探してみたら、あらなんだ、わかってがっくりホオジロでした。

……ということが多いんですよ。

ホオジロのさえずりってすごく綺麗な声なんですよ。
特徴的な鳴き方なんだけど、個々でかなり節回しが違うというか……。
だから、毎回、
「あら?聞いたことのない鳴き声だわ?」
って思っちゃうという(>_<)

この日も、
「あ、すごく綺麗な鳴き声!」
ってんで近づいたら、やっぱりホオジロでした(^^ゞ

とはいえ、タヌキノカミソリやら、晩夏の花が咲き始めていました。

0812umami_2.jpg

サルスベリの花を通して見る空も、真夏の力強さを失いつつあります。

そして、ここにも秋の準備が(笑)

0812umami_3.jpg

どんぐりが丸々と太って、茶色く熟すのは、秋も盛りを越えたころでしょうね。

季節が変わっていくのを体で感じることができる、日本に生まれて良かったなぁ(#^.^#)



……とはいえまだまだ油断は禁物です。
というのも、どうやら私、軽い熱射病になっちまったようで(^^ゞ

普段、歩きにでかけるときは、帽子と日傘を完備しているのですが、このときは、
「日影があるだろう」
と、帽子さえかぶってなかったんですよ。

その後、そば屋さんで大量の水分と、適度な塩分をとったはずなんですけども(^^ゞ

なんにせよ、油断は禁物。
暑さへの対策は完備して、残り少ない夏の気配を楽しみましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

歩幅が広いんですね~!

No title

そうですね。
キジ科の鳥は歩幅がすごく広いみたいで、すごく素早いです。

これは想像ですけど・・・

都会に住む鳩って
「飛び上がるのがめんどくさいと思てるんちゃうか?」
と思うことが多いです

おはようございます

追いかけても
なかなか飛び上がらないし
車に引かれている鳥って
たいがい鳩だからです

怠惰になってはいかん、と
鳩の振り見て我が振り直す・・・

”若旦那~、なんり、深感恩

餌があると

雀や烏もなかなか飛び立たないですよ~(^^ゞ

車が5メートルぐらいまで接近してるってのに、まだ必死にがっついてたりします。

彼らが食べているのが、誰かが落としたパンだとか、果物だったりした場合、また他の車が少なくて余裕がある場合なんかは、餌自体を道の脇に移動させますが、ご飯粒だったりとかするとお手上げですね(^^ゞ

「車がきたら逃げなさいよっ!!」
と人差し指ブンブン降って注意してから去ることになりますが、後が心配です(-"-)

都会に住む鳥たちは、
「避けてくれる」
と思っているようですね。

それは、「信頼関係」なのかもしれないけれど……。
鳥の場合は仕方ないと思うんですよね(^^ゞ
でも、人間の場合、他人に依存しすぎちゃぁ、いけませんよね(笑)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。