スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ち

今までやった中で、一番いやだった仕事はなんですか?一番楽しかった仕事は?

……と聞かれることがときどきあります。

でも、仕事の内容じゃないんですよね~。
どんなに条件が悪くて難しい仕事でも、クライアントや編集さんがきちんと対応してくれはる仕事は「良い仕事」です。
反対に、どれほど条件が良くても、クライアントや編集が不誠実でいい加減であれば、「悪い仕事」です。

一度ほんっとにひどい目にあったことがあります。

「某大企業の社内報を作ってください。テーマは『ワーク・ライフバランス』。報酬は企画込みで一通7000円」

社内報なんてのは、1000文字前後ですし、テーマも明確ですから、「条件の良い仕事」の、はずでした。

この仕事は、発注元の大企業→広告代理店(編集)→代理店→私と仕事が降りてくるものだったのですが、この「代理店」の担当者がひどくてね~~~~~~~~。
こことは何度か仕事をしていたんですが、このとき初めて、社長が私を担当するって話になったんですよ。
ま、いやな予感はありましたけどね(^^ゞ

まず、一番最初にぶち当たったのは、
「『ワーク・ライフバランス』と言いながら、実際は『残業しちゃダメ』というところに話を落とすのが目的」
ということを、知らされてなかったってことでした。

わたしゃ「ワーク・ライフバランス」についての啓発文だと聞いてたので、それに添って企画あげますわなぁ?
すると、広告代理店から、「何度も言った通り、この社内報の目的は云々」ときつい調子でメールがきます。
そのとき、代理店がそのメールを転送してくるわけですが……。

「ちゃんとやってくれないと困ります」

って言われるんですよ。

「でも、私はワーク・ライフバランスについての社内報を書けと貴方から依頼を受けたのですが?????」
というと、
「資料を渡すのを忘れてました」
なんですよね(^^ゞ

その後も、メールを失くすわ、連絡ミスるわ……。

でも、ミスはいいんです。
問題は、そのミスを誤魔化そうとすること。

ある日、いきなり電話があって、
「10月の社内報の締め切りって聞いてた?広告代理店から、『締め切りは今日ですができてますか?』って連絡があったんだけど」
と言われたんですね。
一応、私が作った企画は通ってましたんで、
「企画に添った内容のたたき台は作ってありますから、『締め切りについては連絡がきていませんでしたが、叩き台は作ってありましたのでとりあえず送ります』と送ってみますか?」
と聞くと、
「そうする」
とのこと。

でも、メールでたたき台を送ると、
「助かった!!」
と返事がきたので、やな予感はしてたんですよ(^^ゞ

予想通り、広告代理店から、
「あらかじめ連絡してあった通り、今回は●●について盛り込んでいただかないと困ります。何度も言わないといけないのでは困ります!」
と苦情が……。

しかも、代理店からも、
「広告代理店を怒らせたら困ります!!」
との苦情ですよ(^^ゞ

だから「メールを受け取ってないけど、とりあえずたたき台を送る」と説明してくれと言うたやろが(-"-)
なんでメールを失くしたことを、先方にちゃんと説明しないのかなぁ……。

「私は●●を盛り込めなんていう連絡をいただいてませんが?仲介をするあなたは受け取ったんですか?」
と言うと、やっと、
「探してみる」

で、しばらくしてから、
「このメール届いてますか?」
とメールが転送されてきて、そこには「●●を盛り込んでください」という指示がありました。

「届いてますか?」
と言われたので、当然代理店はちゃんと転送してくれたのだと思い、
「届いてません。間違って消したのかもしれませんから調べます。いつ頃私あてに送ってくださったんですか?」
と聞くと、やっと、
「ゴミ箱に入ってたから、気付かなかった。したがって、あなたには送ってない」
って言うてきたんで、私はとうとうキレました(-"-)

メールを失くしたことは仕方がないです。

広告代理店に、ちゃんとメールを失くしたことを説明して謝罪し、私にもちゃんとフォローをするならいいんですね。
問題は、自分のミスを誤魔化して、悪いことは誰かのせいにしようとすることですわ。

結局この仕事の間に、広告代理店の信頼はなんとか取り戻せたと思いますが……。
この代理店で仕事をいただく場合、担当者が誰かはきちんと確認しようと思ったのでした。

あれほどしんどい仕事はなかったっすわ~(T_T)

でもこの代理店の社長、今でもときどきご依頼をくださるのですが、考えた末、やっぱり断ってしまいます。

昨日も、
「急ぎの取材なんですが~」
と、私に直接連絡してきはりました。
「急ぎ」とあるのに、具体的な日時もなければ条件の明示もないんですけどね(^^ゞ

仕方なく、
「取材日がわからないと返事ができないが、とりあえず11日まではもう予定が詰まっているので『急の取材』なら受けられない」
と返事をすると、そのまま梨のつぶてなんですわ(T_T)

まぁ、夜中に返事が来てましたけどね。
「他の人をみつけました~」
って。

……………………

もう、連絡してこないで欲しい……(>_<)

悪い人じゃないのかもしれないんですが……。
「誠実」であるための体力がないんだろうと思います。


結局、人間は「心」で生きてるんだなと思うんですよね。
仕事は、報酬も大事だけど、「この人と一緒に仕事ができて楽しい」とか「この人の役に立てて嬉しい」とか「この人に文章を褒めてもらえて嬉しい」と思える方が「良い仕事」なんですよ。ほんまに。

それはもちろん、人間関係も一緒です。

ときどきいてはるじゃないですか。
「僕と付き合う(男女関係じゃなく友人として)と、こんなお得なことがあるよ~」
みたいなことをちらつかせるお方が(^^ゞ

そういうアプローチをされたら、即効逃げます(笑)

なんかややこしいことになりそうじゃないですか(^^ゞ
友達ってのは、その子のことが好きになれて、気が合うから友達なんですよね?
……私はそう思います。

だから、「友達との関係で悩む」っていうのがよくわかりません。
何か問題があれば話しあえば良いのになって思う。

でも、私は友人との間に問題が起きたこともないかな(^^ゞ
あんまり「べったり」な関係じゃないからか、一応「親しき仲にも礼儀あり」だからかはわかりませんが、少なくとも、「友人」と思ってる人から不快な思いをさせられたことは一度もありません。
彼らもそうだと思いたい(^^ゞ

でも、私はすごく短気なんで、「知人」に関しては、ある日何かの発言を聞いたり、行動を見たりして、
「うわ~、近寄らんとこ」
ってなることが結構あったりするんですどね(^^ゞ

そうなるのは大概、
「それっていじめと同じやん?」
とか、
「それは差別やよな?」
とか、
「うわ、他人に対する敬意がない人だな~」
と感じたときなんですが、それは私の感覚なので、非常に偏ってると思います(^^ゞ

でも、私はすごくいやな気分になるわけで……。

相性ですよね、結局(^^ゞ

結局、生きていく上で「心」はすごく大事なんだよな~~~~~~~~などと。
しみじみつくづく思うのでございました。


昨日、「ハチ ~約束の犬~」を観ました?
さすがに犬の演技がちゃんとしてましたんで、感情移入しちゃったなぁ(^^ゞ

多分、リチャード・ギアとハチの間にある程度の信頼関係が生まれるような時間を設けたんでしょうね。
ハチの中に、「先生が好き!」という心が生まれているからこその演技じゃないかと。
そういうのもまた、「心を大切にする」ってことなんじゃないかと思います。

ま、多少違和感は感じましたけどね(^^ゞ

さて、今日はちょ~っと遠出で~す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

好き嫌い・相性そして愛

いつも自分を悩ませてくれる問題があります

できればやりたくない仕事
+担当者も好ましくない
+仕事はなぜかうまくいく

これは、いったいなんなのだろう?
果たして
何を基に「いい仕事」と言えるだろうか?

常にいやな予感につきまとわれて
注意を怠らなかったから
意識を集中できたのがよかったのかな?

「嫌い」と「相性が悪い」ということは
等しくないという戒めなのかもしれません

おはようございます

反対の意味での
「世の中はそんなに甘くない」
ということなんでしょうか?

好き嫌いは、自分に備わったもの
相性は、天から備えられたもの

さて、ここで仕事から逃げないというのは
責任感がなせる技という風にハードに
とらえたいところですが

のん様に教えていただいたことを引用すれば
「人は何ものかを必ず愛する」
ことで
つまり、
仕事の成就から派生する人や事物への
愛がそうさせたのだということになります

おお!

感動!

相性は、天が備えるもの
好き嫌いは、自分に備わったもの
愛は、自分が備えるもの

お後がよろしいようで・・・
”若旦那~、なんり、深感恩

数学の本差し上げたいのです・・・

タイトル「7」の
ご興味を盛り上げるべく
書かれたのはドイツで日本語に翻訳された数学の本を
差し上げたいのです

お会いできる機会があればいいですね

お送り先でも、メールいただければ、幸いです

のん様のように本棚を整理するのができないので
本が増えたら、必ず、人にあげています
そのために読書会に行っています・・・ははは
”若旦那~、なんり、深感恩

逃げないのは

「逃げるのが嫌いだから」
ですね~私の場合(笑)

とりあえずやるだけのことはやらないと、偉そうに言えないじゃないですか。
いやまぁ偉そうに言う必要はないんですが、自分の考えを主張できないのは困りますよね。
ちゃんと自分の思うところを主張できるためには、いつもやるべきことはきっちりやっとかないと。

ただ、それだけかも、私の場合(^^ゞ

仕事においては、「誰かのため」にやったことないかもしれません(^^ゞ
あらららら……。

とはいえ、「自分の考えを主張する」ということには、「他人に敬意を持ってない仕事をするのはいやだ」とかそういうこともあるので、周りまわれば……。
う~ん、でも、「他人に対する敬意の欠如した仕事をしたkない」のは、単に私がいやだからですしねぇ(^^ゞ

あららららら……(笑)
困った(^^ゞ

ありがとうございます!

うれしいお申し出をありがとうございます。
近いうちに会えればいいんですが……。

文具祭りではお会いできると思いますが、一応住所を送りました。

でもまた直接会える日を楽しみにしてますね~。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。