スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の到来

実は、私にとっての夏は、まだきてなかったんですよ、全然。
どんなに暑くても、暑いだけでは夏じゃない。
どんなに日差しが強くても、紫外線だけでは夏と呼べない。

夏にはね、夏にはね、鮎の塩焼きがなくちゃいけないのよ~~~~~~~~!!!!!!!!

ということで、昨日は鮎デーだったのです。

鮎ってね、鮎ってね。
パリッとした皮のすぐ下に、さらさらでありながらとろりとした脂があって、その二つがさっくりした白身を包んでるんですよね。

だから、かぶりついたときの幸福感が大きい!!

「パリッ」とした歯ごたえに、歯が嬉しい。
「しゅわっ」と広がる脂に、舌が嬉しい。
「さくっ」とした甘い白身には、もう全身が踊りだしちゃいますよ。

あぁうまい。
ほんまにうまい。

はぁああああああああ。

でもね、養殖物ではなかなかそうはいかないです。
脂が多くて、舌の上で「しゅわっ」とはいかない。

何より、内臓がね……。

天然鮎の内臓は、しっかりしてます。
苦みもいやな感じではない。
陳腐な喩えではありますが、「ハーブ」なんですよ、内臓は。

とにかく。
鮎の塩焼き万歳!!
鮎の塩焼きブラボー!!!!!!!

……と思っている私なのでございます。

ほんま、鮎の塩焼きってあっぱれだよね~。


同行する友人が車で到着したのが10時過ぎ。
旦那が運転するうちの車に乗り換えて、吉野方面に向かいます。

夏休みに入ってはじめての日曜日だから、混雑を覚悟していましたが、それほどじゃなかった。
でも、あくまでも「それほど」なんですよね(^^ゞ
ところどころでつっかえながら、吉野川へ到着。

「吉野川は関西の穴場的川遊びスポット」なんて書いてある記事がありますが……(^^ゞ
嘘ですよね。
川岸にはずらりと車が並び、バーベキューのテントがひしめきあってます。
川の中は、芋の子を洗うよう……とは言いませんが、難波の高島屋とマルイをつなぐ交差点程度には混んでます(笑)

でも、大阪梅田の、JRと阪急の間にある横断歩道ほどではないと思う。

人混みが嫌いな私たちは混雑地点をスルーし、鮎の塩焼き屋台「しいたけの宿」へ。

でも、おっちゃんの体調がイマイチなようなんで、
「お店閉めちゃったりしてないよねぇ……」
と心配でした。

曲がりくねった山道ゆえ、近くに行くまでお店の様子がわからないしね。

お店を確認するまで、ハラハラドキドキでした(←オーバーな表現じゃなく、マジに(笑))。

ところが、お店が近づいてくると……


み、店がないっ!!!!!!!!!!!


「店がない、店がない!!!」
と騒ぐ私に、
「落ち着け、鮎の塩焼きっていうのぼりが立ってるやんか!!」
と旦那がなだめてくれます。

でも、店がないんだもん……とキョロキョロ見まわすと、ありました!!!
駐車場の反対側にお店を移動させてたんですね。

0725_shiitake_2.jpg

今までお店があった場所は、公営のグループホームになったようで、その向かい側にお店を移動させたみたい。
中にも食べる場所ができて、ちょっとした居酒屋風です。

0725_shiitake.jpg

でももちろん、鮎の塩焼きのうまさは今まで通りですよ。
あぁよかった!!!

0725ayu.jpg

もうねぇ、パリッとしててねぇ、シュワッとなってねぇ。
ほろほろよぉ!!

お店で一尾ずつ食べて、残りは持ち帰りにしてもらいます。
「いつもの場所」
で涼みながら食べようというわけ。

吉野川の下流あたりは大混雑ですが、山の上に登るとあまり人がいないんです。
泳げるほどの深さではないけど、涼むには充分。

下流は家族づれが多いですが、上流に登ってくるとハイキングの人たちにたくさん出会います。
吉野山の山頂もまたひどい人混みで暑かろうと思いますが、登山の途中はそれほどではないのかな。
登山の基本とはいえ、みなさんちゃんと長袖姿です。

そういや最近、「思いつき」で富士山に登って、高山病を発症し、救助隊に助けられた男性のことがニュースになってましたよね。
登山ってのは、「準備の必要なスポーツ」なんだってことは、周知して欲しいと思います。
ほんま危ないっての。

山で救助隊を頼んだら、すごいお金がかかるはずですし。


と、話しが逸れましたが、登山の人たちと出会いながら、目的地に到着。

0725_kawa_2.jpg


泳ぐほどの水量ではないし、多少不便な場所にあるため、普段はあまり人がいないのですが、この日は地元の方らしい家族連れがおられて、お弁当を食べてはりました。

私たちは少し離れたところに陣取り、握ってきたおむすびと、鮎をほおばる。
せせらぎに足をつけて食べるのは、ほんまに「ご馳走」です。
高級なレストランでフルコースを食べる以上の満足感があると、私は思う。

この日は残念ながらカナカナが鳴いてくれなかったけど、耳にはさらさらと流れる水の音。
目には緑の木々。
山合いを渡る風。
湿った土と木々の放つ清らかな香り。
そして、鮎!!!

なんて幸せなんだろう。
ほんま、なんて幸せなんでしょうね???

この場所の気温は28度ぐらいかな。
岩の上に座り、足を水につけていると、今が夏だってことを忘れます。

ついついこんなことに(笑)↓↓↓
0725_hirune.jpg

変死体ではありませんよ。
涼しさを満喫してるんです(笑)

真上には、これまた目のご馳走が。

0725_kawa.jpg

真夏でも、「木漏れ日」はまぶしくないものなんですね。
ちらちらと揺れる葉っぱを通して見る太陽は、いたって爽やかな表情をしていました。


いつも思うんですよね。
「ずっとここにいたい」
って。


でも……あほ犬とあほ鳥が待ってますからね……。

次に向かったのは、蜻蛉の滝です。

ここも有名観光スポットなんで、川の中は人でいっぱい(^^ゞ
でも不思議と、「本命」であるはずの滝にはあんまり人がいません。

ちょっとした石段を昇らなくちゃいけないので、敬遠する人も多いんでしょう。

今年の梅雨は雨が多かったからでしょうか。
今のところ、水量はかなりのものみたいですよ。

0725_takitate.jpg

その後、奥田の蓮池に寄ってから帰宅。
蓮池ではバンが巣作りをしてたんですが、多雨のせいで水没してしまったよう。

場所を移動してるんならいいけど……。
心配。

もし巣を移動させて卵を温めてるのなら、あと半月ぐらいで雛のバンが見れるかなと思います。
そのころにまた観に行かなくちゃ。

ということで、今年の夏も、やっと本番が始まりました!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。