スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊ぶと決めた日

15日は旦那がお休みということで、遊ぶと決めていた日でした。

が。

まぁ、あるかなと思ってはいましたが、やっぱり・・・・・・なわけで、午前中しか休めないことに。
しかも、無理して無理してやっと休めたという感じ(^^ゞ

短い休みを有効に使わねばということで、レンタカーショップに、開店10分前に押しかけ、出発しました。


まずは、東海岸において、マングローブカヤックです。
カヤックに乗るのは初めてですが、操縦はけっこう簡単。

公園のボートよりも推進力があり、女の子にもお勧めです。
ただし、日焼け対策は慎重のうえにも慎重に。

私は日焼け止めをしてましたが、
「焼け石に水とはこのことでぃっ!!」
とばかりに焼けてました(笑)

知らなかったんですが、マングローブって固有名詞じゃないんですね。
海水に淡水が流れ込む境界地点に生息する植物を、総じて「マングローブ」と呼ぶそうです。

彼らは海水を取り込んで濾過し、真水として体内に取り込むシステムを持っているんだとか。
なんかすごいですよね(^^ゞ

また、しっかりと広がって張った根っこは、泥水の中にしっかり立つため。
植物だって、工夫してるんです。

その「すごい高度なシステムを有する樹木」の間をカヤックは進みます。

0716_manglove.jpg


ツアーは楽しかったんだけど、欲を言えば、もっと好きに動きたかったかなぁ。
なにしろ休みが多くて(^^ゞ

「は~い進みましょう」5分
「はいとまって~。説明しま~す」10分
「では進みましょう」5分
「説明しますね~」10分
・・・・・・という感じだったのが残念でした。

時間がないので、最後の説明から川岸までは先に行かせてもらった私たち。
全速力で漕いだこの部分が一番楽しかったかも。

競争好きなんですよね、どうも(^^ゞ
しかも、体力は旦那にとっても及ばないくせに超負けず嫌いという(笑)

そして、今朝、旦那はなんてことないのに、私だけ、腕の筋肉痛で目が覚めました(^^ゞ

その後、少しの時間を利用して、古宇利島へ。
ジュゴンが生息するという島です。

古宇利大橋はできてまだ2年。
まだ穴場のようです。
だから水もすごくきれい。

高台にあるカフェでランチをしました。
私はうに丼、旦那はハンバーグを。

どうやらウニはこの島の名物らしく、島に入ってから、
「ウニ丼」とかかれた看板があちこちで眼に入ります。

カフェから望む海のエメラルドブルー、そしてスラリと伸びる橋は見事でしょう?

0716_hashi.jpg


食事の後、ほんの一瞬だけ海岸に出て、備瀬に向います。

備瀬には有名な「フクギ並木」があります。

フクギは、「福木」と表記されていましたが、当て字かもしれませんね。
塩風に強いため、防風林として利用されているようです。

ここにはなぜか水牛の車があり、珍しいもん好きの私は利用することにしました。
牛と水牛の大きな違いはその角だと思います。

水牛のごつい角はいかにも強そう。

でも、黒く濡れた大きなやさしい目は、どちらにも共通するものでしょう。

正面から近寄って、警戒を解くために、鼻の前に手のひらをもっていくと、なぜか長いまつげを摺り寄せてきました。
どういう意味があるのかはわからんけど、かわいいっす。

水牛乗り場は無人で、
「電話をくださればすぐに行きます」
と、電話番号を書かれた看板が立ってます。

電話をしてみると、
「あぁじゃあ10分ぐらい待ってくださいね」
とのこと。

「すぐ」の感覚が違うなぁ(笑)

その後、15分後ぐらいにおっちゃん登場。

「一人?」
とむちゃくちゃびっくりされました。

「一人で水牛に乗るの、あなたが始めてよ~~~~~」
っていわれたけど、ほんまに始めてなのかしら(^^ゞ

なぜか自分のお弁当を差し出し、
「食べて食べて!!」
と薦めてくださったんで、かっぱ巻きをいただきました。

その後のんびり水牛の歩みに乗せて、フクギ並木を見物します。

0716_bise.jpg


おっちゃんはしごくのんびりした調子で、
「どっからきたの~?」
「なんで一人なの~?」
と聞いてきはりましたが、観光案内はほとんどなし。

「夫婦フクギがあるんですよね?」
と聞いたら、
「なんで知ってるの~??」
と、驚いてはりました。

が、通り過ぎるときに、「夫婦フクギ」の札に気づいた私が、
「あ、これが夫婦フクギですか?」
と聞いたら、
「そうそう。これだね~、ひとつの根から二本の木が生えてるっしょ」
という感じで、超~~~マイペース。

なぜか私の、
「旦那の出張にくっついてきて、旦那が働いてる間に私だけ遊んでるんです」
という言葉に、腹を抱えて笑ってはりましたが・・・・・・。
何か思い当たることでもあるのかしら(^^ゞ

そのごくごくマイペースのおっちゃんが、一度だけ取り乱しました。
こんなセリフとともに、でしたよ。

「わわ、おンまえ、うんこするつもりだな?」

いやぁ、うんこは水牛も牛も一緒っすね。
迫力でした(笑)
水牛から降りた後、
おっちゃんに、
「海洋博公園へはこの道をまっすぐですよね?」
と確認すると、
「遠いよ。車で送ってくよ」
とのこと。

「え?1キロぐらいですよね?」
「だから送ってく!!」
「いやいやたった1キロですよね?」
「だから送ってくよ~」
という押し問答をした後実際に歩いてみましたが、5分ぐらいで着きました(^^ゞ

沖縄にきてから、道を聞いたら、
「遠いから歩くのは無理」
といわれることがたびたびありましたが、たいがい10分程度でつくんですよね(笑)

海洋博公園では、まず海洋博物館へ。
ポリネシアやミクロネシア、メラネシアの船や民俗が展示してあります。

国立民族学博物館に同じようなものがあるっちゃあるんですが、ここにしかない、「タイ(だったかどうか自信なし)の儀式用船(再現)」はここにしかないので、興味がある人は必見です。

プラネタリウムもありますし、2時間ぐらいここですごしました。

そして、美ら海水族館へ。

16時以降に入館すると、安いんですよね。

平日だからかそれほどは混雑してませんでしたが、16時を待つ人多数。
土日はこの方法お勧めできないかも(^^ゞ

この水族館は、熱帯魚が見もの。
見たことない魚がたくさんなんですが、暗いしちっこいし、すばやいし、写真ぶれまくり(^^ゞ
家帰ってチェックしてみて、ちゃんと撮れてるのがあれば、アップします。

ジンベェ三匹が泳ぐ「黒潮の海」は、迫力はありますが、個人的には海遊館とそれほどの違いを発見できず。
餌やりの時間にあたってラッキーだったけど、海遊館のジンベェのほうが面白い食べ方してたと思う(笑)

0716_jinbe.jpg


館内は携帯電話圏外だったので、外に出て、公園がしまる時間までに旦那が迎えに来れそうかどうかとメールを入れましたが返事なし。
職場内の半分ぐらいは電波が届かないみたいなので、旦那をあてにするのはやめて、バス乗り場へ・・・・・・ったら、今日の運行は終わってやんの(^^ゞ
水族館の閉館時間までは一時間に1本でも運行してると踏んだのが甘かった。

でもまぁ、なんくるないさぁ・・・・・・ってことで、タクシーに乗車。
今回の旅行で、始めて地元の人と、のんびり普通の会話を交わしたました(笑)

運ちゃんのお勧め観光スポットは、「古宇利島」とのこと。
「あそこはまだ橋ができて間もないから海もきれいっしょ。これから観光客が増えたらすぐににごってくるから今のうちよ」
と言われました。

「観光客がくるとにごりますか?」
と聞いたら、
「しょうがないよ~~~~~」
と笑ってはりましたが・・・・・・。

こちらはまだまだ自然が豊富だから、美しい自然の価値が実感としてわからないのかも。
地元の人たちが、「海が汚れてもしかたないよ~」と思っておられたとしても、美しい海のありがたさを知っている観光客が、きれいな海を守るために心しないといけません。

ほんま、汚さないようにしましょうね。

いったんホテルに帰って旦那を待ち、また古宇利島へとでかけました。
民家もほとんどないから、空は満点の星。

三脚もなしに、さそりと天の川がはっきり撮影できました。

0716_hoshi.jpg

心臓にある赤い星、あれがアンタレスです(笑)

ホテルに戻ってバタンキュー・・・・・・で、今朝は5時過ぎに起床。
今度は南の万座毛へ。

0716_manza.jpg

ここにも夫婦岩があります。

0716_myouto.jpg

朝日がのぼったとたん、体感温度があがったのにはびっくりしましたけどね(^^ゞ
同時に海の色も劇的変化が。

0716_ashi.jpg


あ、そうそう。
途中、後の御嶽によりましたが、森の中でリュウキュウアカショウビンが鳴いてました。
イメージの中ではものがなしい声だったんですが、実際は、
「ピョッッ♪ピョルルルル~ン♪」
って感じだった(笑)

ったく南国は鳥まで超マイペースだぜ。

・・・・・・と、ここまで朝に書き上げたんですが、なぜかネットにつながらず。
ということで、今アップです。

本日16日は、体調がイマイチってこともあって、近場をうろうろしてました。

詳細は明日にでもあらためて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。