スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二者択一

昨日は高校時代の友人も一緒に、奈良は葛城近辺を周ってきました。

友人の実家は橿原神宮近辺なんですが、
「こんな店知らんかった」
「こんなとこあったんや」
の連続だったんで、まぁ成功かな?

ただ、橿原神宮の宮司さんが、友人のおじさんにあたるとは知らなんだ(^^ゞ

最終目的は、馴染みの酒屋さんでお酒を選ぶことだったので、それに時間を合わせての周遊でしたが、結構あちこち周ることができました。

で、最後に参拝した神社もまた、親しくさせていただいている神社なので、
「部屋の窓を変えたんですよ、観ていってください」
と上にあげていただきました。

大きな窓から、神社の境内地が見えます。

境内地の中でも、その窓から見えるのは、ほぼ手の入っていない自然。
樹齢千年ぐらいはあるのではないかと思われる杉に蔦がはっていて、シダ植物などが茂っています。
どこからかほととぎすの声が
キョキョ キョキョキョキョ
と。

なんとものどかで静かな雰囲気。

そんな中、私たちが注目したのは……。

「あれ、山椒の木?」


……ということだったのでした。

うちの旦那は山椒の実が好きでしてね(^^ゞ
すぐに眼が行ってしまったようです。

でも、その樹、山椒の木にしてはでかすぎるんです。

高さは3メートルぐらいあるかな?
それに相応な幅もあります。

「こんなでかい山椒はないやろう~~~~~~?????」
と思いましたが、葉っぱは間違いなく山椒です。
実もたくさんなってます。

お茶を運んできてくださった奥さんに、
「これは山椒ですか?」
と尋ねたら、まさに山椒だとのこと。

しかも、奥さんがここに植えはったみたいです。
ということは、樹齢はいってても10年程度ってことです。

山椒ってこんなにでかくなるんだ!!!!!!!!

厚かましくも、
「あの~、山椒の実を少しいただいてもいいですか?」
とお願いし、枝ごと何本かいただいて帰ってきました。

今、実だけを採って冷凍し、枝は葉っぱごと水に浸けてあります。

えぇ。そうです。
根っこが生えてきたら、家のプランターに移植しようと思ってるわけですよ。

家に山椒があったら、嬉しいですよね~~~~!!!!!!!!!!!!!

ちょっとお豆腐食べるときなんかに、プランターからプチッと採ってくることができるなんて、
な~んて幸せなのっ!!!!!!!


本当は、茗荷が欲しいんですが、どうやら茗荷はプランターでは無理みたいなんですよね~。

くだんの神社の裏には茗荷畑もありました。
宮司さん曰く、
「まむしは茗荷のある環境が好きなんですよ。同じような匂いがするから身を隠せるとかそんな理由でもあるんでしょうか?だから、茗荷畑でガサガサ音がしたら、逃げたほうがいいですよ」
とのこと。

そんな話を聞くと、
「家に茗荷畑がなくてもいいや」
とも思えてしまいますけどね(^^ゞ


さて、山椒が移植できるかどうかは、挑戦です。

友人にも枝を何本か分けたので、
「やってみる」
とのこと。

「実はさ、以前、うちに山椒の樹があってん」
友人はそう言うてました。

でも、やっぱりというか当然のごとくというか、アゲハの幼虫にやられてしもたそうです(^^ゞ

なんでアゲハの幼虫って、山椒があんなに好きなんでしょうね……。
うちの実家にもありましたが、毎年たくさんの幼虫がついてました。


母親なんかはチャキチャキ駆除してましたが、友人の場合は……
「うちのベランダって14階にあるわけよ。そこまで飛んできて卵産んでるねんで?いじらしくない???」
ということで、どうしても駆除することができなくなったそうな(^^ゞ

というわけで、山椒は丸裸に。

しかも友人は、わざわざ山椒をお店で買ってきて、イモムシたちに与えてたとか(笑)
人が良いっていうか、なんていうか……。

ただ、私もいつも思うんですけどね。

「こんな小さな樹にたくさん卵をうみつけたら、すぐに食いつくしてしまうんじゃないか」
っていう判断はしないんですかねぇ?

うちの小松菜についてたイモムシも、葉っぱを食べつくしてしまい、実も食べつくしてしまう直前に全部サナギになったようですが、見ててハラハラしましたよ、あったく。

結局友人は、
「一匹残らず羽化させたで!!<(`^´)>」
らしいですけどね(^^ゞ

その代わり、山椒はダメになったらしいっす。

つまりですね~、イモムシたちの好む葉っぱを育てるときには、
「もしイモムシがついたらどうする?」
ということを、あらかじめ決めておいた方がいいような気がするわけですよ。

今のところ、大葉にイモムシがついたことはありません。
ついたとしても、羽化したりするような虫じゃなく、なんかちっこいやつですから、それはちゃっちゃと駆除すると思います。

でももし、山椒の移植が成功して、アゲハチョウが卵を産んだら、どないすべぇかなぁ??????

個人的に、アゲハチョウってすごく好きな昆虫なんですよね~。
う~むう~むう~~~~む。

アゲハチョウの幼虫は、山椒の他、ミカンの葉っぱなどを好むようです。

うちの近所にミカン畑(?)がありますが、その近所の人が育ててはる山椒は、全然イモムシがつかないみたい。
まるで放ったらかしにされてるような感じですが、虫に食われてるのを観たこともありません。

だから、ミカン畑を近所に作れば……ってそんな土地ねぇっつの(笑)

いや~~~ん、どうしよう。
悩む~~~~~~~~!!!(←典型的な狸の皮になりそうでちぃと怖いですが(^^ゞ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。