スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランナウェイ

「シーサイドモーテル」を観てきました。

古田さんの出番少ないっ!!!!!!!

ただ、よくできたお話しではあると思いました。
4つの部屋での出来事が、無理なく絡み合ってて、原作はかなり良い作品なんだろうなぁと思うんですが……。
なんか扱いちっちゃくてびっくり(笑)

主題歌は、シャネルズの「Run away」でした。

というわけで、映画の全体的な流れは、「ランナウェイ」でした。

4つの部屋の宿泊客が、それぞれ自分のそれまでの人生から、なんらかの形で逃亡する話し。

典型的なハッピーエンドはありませんでしたが、ある意味とってもわかりやすい「逃亡劇」です。

愛のある人は救いや希望のある形で。
自分のことしか考えてない奴には、最悪「死」という形で。

みんな、自分の「現実」から逃亡を果たします。

が。

観てた私は、全然現実逃避できませんでしたとさ。
わっはっは!!!!!!!!

別に、現実逃避するような不満がないからなかなぁ?

現実、リアルってなんでしょうねぇ?

ある劇団の演出家さんは、
「最近の芝居はリアルを求めて、起承転結から遠ざかってきつつある」
とか言うてはりました。

つまり、現実には滅多に起承転結なんぞないと言うてはるわけですよね。

でもそれは、大阪に生まれ育った私には、
「それはあんたがオチつけへんからやろ!!」
って言いたくなることだったりします。

だって、どんなことにでもオチつけるもん、私なら(笑)

オチさえつけばね、起承転結の「承」はどこからでも引っ張ってこれるし。
「転」も絶対どっかにあるもんですよ。

だから私の人生、起承転結の集合体ですよ。
えっへん!!


……多分、何をリアルと感じるかは人によって大きく違うんでしょうね。

正直なところ、この映画の場合、「逃避しなくちゃいけない現実」が、イマイチはじけてなかったんだと思う。
だから、逃亡した後のカタルシスもイマイチ。

勝手なやつはもっとやな奴にして欲しかったし、アホな奴はもっとお人よしでもよかったと思う。

そこに集まった人たちの「現実」は、みんな個性的で、「滅多にない」ようなもんなんだからさ。
妙なリアリティなんか欲しくないっつの。

伝説の拷問師なんか、はじけなさすぎて、イライラしてしまった……。

「伝説の拷問師」という肩書きと、本人の外見のギャップだけでは笑えないっすわ。
「普段の挙動」と、「拷問時の挙動」にもギャップ持たせてもらえなかったかなぁ。
どんなにベタでも、ボンデージ・スーツ来て、女王様に成り切りながら拷問とかしてくれた方が、見終わった後のスッキリ感はあったと思う。


まぁとにかく、残念でした。

笑ったのは、古田さんのアップだけでしたさ。


役者さんはみんな上手かったと思うんだけどね。

う~ん……なんだかふぃいい……。

期待しすぎたのかなぁ?

そういや、今年に入ってから、結構映画館に通ってます。

でも多分、MOVIXの会員になったのが大きな原因になってるような気が(^^ゞ
なんせ、今度旦那と二人で「告白」を観に行ったら、130ポイント溜まるぐらいだから……あぁもう7本観てるんですね、今年に入って。

これはかなり珍しいことです、私にしては。
今までは、
「テレビになってからでいい~」
って思ってたし(笑)

そして正直、「テレビでも良かったな」って思ったのもいくつかはありました。

反対に、「これは映画館で観て良かった」って思ったものもありました。

会員になったのは、「アバター」を観たときでした。
旦那と二人で観にいったんですよね。

その後に観たのは、順番に
「ゴールデン・スランバー」
「シャーロックホームズ」
「てぃだかんかん」
「アリス・イン・ワンダーランド」
「ボックス!」
そして、
「シーサイドモーテル」

こうやって並べると、そんなに観てないなって気にもなりますね(^^ゞ

そして今度のMOVIXデイ(誰でも1000円で鑑賞できる日)には、二人で、「告白」を観てくるわけですが……。

なんかね。

これまで観たどの映画よりも、今週末に、プラネタリウムで観る、
「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」
に感動しそうな自分が怖いです(^^ゞ


「実話だから、大きなドラマがないのは当然だ」

なんてこと、絶対ないですよね。

現実には、一番のドラマが潜んでいるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クオリティコントロール

日本語で品質管理と訳される
この言葉
学生のときに出会ってから
なんとなく、不思議と
未来が明るくなったんです

これで終わるっていうことは
今が始まりだってこと
すべて亡くしてしまうということは
生まれ変わるって言うこと

私に伝わったメッセージです

おはようございます

起承転結
・・・
アメリカで開発され
日本で花開いた
クオリティコントロール
P(プラン)
D(ドゥ)
C(チェック)
A(アクション)
のサイクルを思い出してしまいました

生活の質、人生の質を向上するために
起承転結で
生きていることも
折に触れて感じています

結は締める、終わる、オチるという完了の意味があるけど
しかし続きがある
また、何かの始まり、創世を意味するのではないかな~

人は生まれ
生活を営み
世界を変え
そして
人は死ぬ

人生の起承転結は
大宇宙の質の向上、発展のための
クオリティコントロールとも
壮大なスケールで思いました

昨日の探査衛星の話が尾を引いております
”若旦那~、なんり、深感恩

面白いです

> P(プラン)
> D(ドゥ)
> C(チェック)
> A(アクション)

って、多分、基本情報処理を勉強したときに覚えたと思うんですが、それと起承転結を結び付ける発想はありませんでした。

しかし、
> 生活の質、人生の質を向上するために
> 起承転結で
> 生きている

いいこと言いますねぇ!!!!!!!

ほんと、そうですね。
自分の人生に、起承転結をつけるよう意識すれば、質は向上するかもしれません。

もちろんこだわることはないけれど。
でも、こういう感性って、素敵です。

> 昨日の探査衛星の話が尾を引いております

昨日、NHKの「クローズアップ現代」で取り上げられてたんですよ。

また、大阪市立科学館で、「HAYABUSA BACK TO THE EARGH」が上映されてますから、子どもさんと是非。
ものすごい評判いいみたいでうすよ!!

私たちも多分、日曜日に行ってきます。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。