スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若くはない年

日曜日、一緒に出かけた友人は、学生時代、いわゆる、
「ぼんきゅっぼん」
な体形でした。

身長は私ぐらいであんまり高くない。
155センチ前後だったと思うんですね。

だから、「トランジスタグラマー」ってことになるのかな。

……と書いた後、
「トランジスタグラマー」て言葉、今でも使われてるのかしら?……と調べてみたら、WIKIにははっきりくっくり躊躇なく、「死語」と書かれてました(^^ゞ

つまり、小柄でボンキュッボンな女性のことです……つぅか、ボンキュッボンも死語っすかね(笑)

女子からやたらもてる子でしたが、多分彼女に憧れる女性たちのほとんどよりは女性らしい体形をしてたんじゃなかろうか。

そういや、結婚式では、新郎の友人が歌ってたな。
……なんだっけ。
「水着になったらすごかった」
みたいな歌詞の歌(^^ゞ

J-WALKだったような気がして探しましたが見つかりませんでした。
(後で調べたら、CLASSの「夏の日の1993」だそうです)

ま、なんでもいいんですが、とにかく、多分多くの人の印象が、
「ぱっと見筋肉質だけど、体形があらわになると意外に女っぽい」
みたいな印象を持ってたってことでしょう。

などとつらつら書くと、きしょく悪いと思われそうなんでこのへんで(笑)

まぁ、本人はこれを読んでも、
「ぎゃははははは」
ぐらいしか反応しないと思いますが(^^ゞ

まぁそんなわけで、おととい久しぶりに会ったとき、体重の話になってかな~りびっくらこきました。

きっかけは、旦那からのメールでした。

「これからちょっと献血に行ってくる」

献血すると血液検査の結果を送ってくれますから、妻としてはありがたい。
ただ、最近ちょっとコレステロールが高目。
卵焼きは控えめにせんとなぁ(^^ゞ

そしてそのことを友人に言うと、
「私も献血好きやねん。血が増えると抜きに行くわ。旦那さんの気持ち、わかるわぁ」
という反応。

しかも、
「体重が50キロ以上ないと400ミリリットルの献血でけへんやん?でも私余裕やし」
というわけです。

まぁ、筋肉質だから見た目よりは体重が重めになるのかもしれませんが、それでもちょっと意外で、
「うそ、そんなにあるか?」
と聞いてしまいました。

「ぐふふふふ。実はすごいことになってんで」
と言うてましたが、学生時代とは違う意味ですごいことになってるのだということは、聞くまでもない雰囲気。

「食べる量よなぁ。若いころと同じだけ食べてたら、てきめん太るわ~」
というのは、もうほとんどの人が言うことでしょうね。

私も若いころは際限なく食べてましたが、今はもうダメ。
というか、若いころのある時期は、今よりずっと太ってましたけどね。
違うんですよ。
怖くて太れないんです。

今、若いころのように太ったら、多分戻らないだろうなって。

とりあえず、山に登るのに邪魔にならないぐらいの体重でいたい。
今持ってる服が活用できる程度の脂肪でいたい。

そういうわけで、5キロ太ったら戻す、5キロ太ったら戻す……を繰り返してます。
いや、本当は2キロぐらい太った時点でなんとかするべきなんでしょうが(^^ゞ
2キロぐらい太った程度ではイマイチ危機感がないので、ダイエットが成功せんのです(笑)

今やっと危機感が芽生えて、食欲の罠にはまらずに来ておりますが、最近は「食欲」以外の敵がでてきてしまいました。

空きっ腹にアルコールをいれると、やたら酔うようになってしもたんですわ!!!!!!!!!!!

昔は平気だったのに。

今じゃ、絶食中は日本酒1.5合ほどで、
「う?頭がぐるぐるしはじめたぞ?」
ってなっちまいます。
いやまぁ、絶食中に酒飲むなよと言われたらその通りなんですけどね(^^ゞ
液体だからいいのかな~~~~~~~……って。

とすると、
「今日は飲みたいから、ちょっとお腹に入れようか」
ってなっちまいますよね。

飲みながら食べるとね、際限なくなるんす(T_T)

しかもうちの旦那はフットワークが軽い。

夜中に私が、
「う~、ピザ食いたい」
と言うと、近くのコンビニまで走ってくれるんですよぉうおうおうおうおうおうおうおう。


まぁ、なんと言いましょうか。

「若いころのように自分を甘やかしてはいかん」
ってことなんでしょう。

私だけじゃなく、友人たちを見てもそれは切実に感じられることなんですがねぇ。

でも、食べる楽しみってのもあるもん。
メリハリですよね??


さて。
そしてもう一つ、
「あぁ年だわ、年なんだわ!!」
と感じたこと。

私も友人も、学生時代とはまったく違って落ち着きすましてしまい、話が盛り上がらなかった……ということはありません。

「あんた、学生時代からほんま変わらんな」
と言われましたが、中学時代の友人にも、
「おっちゃん(学生時代のニックネーム。しつこく言いますが、おっさんくさかったからではなくオチアイという苗字が理由です)は、全然変わらん」
と、褒めてるのかけなしてるのかさっぱりわからん口調で述懐されますので、多分精神的にはほとんど成長がないと思われます。

違うんです。

ジェットコースターです。

学生時代、彼女と、花博に、神雷神に乗りに行ったことははっきり覚えてます。
私はジェットコースターが大好き!!……というほどではありませんが、二人ともノリノリで、行列に並んでいる最中、屋台の焼きそばやらを食べまくり、やっと自分の順番が周ってきたとき、

「う……吐くかも……」
という状態でした(←超迷惑)

私はそんなことしませんでしたが、友人はお約束通り両手をあげて、
「ひゃっほ~~~~~っ!!」
と叫んでた(笑)

が。
USJで、「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライト」に乗るかどうかと話していたときに友人が発したセリフ。
「いや~、体はついていくけどさ~、目がついていかへんわ、あれ」
に、
「あぁそれやわ!!」
と思ってしもたわけですわ。

そうなんですよね。
目がついていかない。
目っていうか三半規管?

見てると酔いそうになる。

「ハリウッド~」は結構降下距離が長かったんで、落ちる瞬間目を閉じて、すぐに目を開いたんだけどまた
「くらり~ん」
ってなってしまって目を閉じて……てな感じでした。

昨日のメインであった、「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」でちょうど良いぐらい。
「ひゃっほ~~!!!」
と叫べるぐらいの距離でした(笑)

周囲の人に叫び声が聞こえてたら、かなりうるさかったと思いますけどね(笑)

「上がる、上がる、上がっていく……止まった!くるぞ~くるぞ~くるぞ~~~~~~~……うわ、うわ、うわ、うわ、うわきたきたきたきたきたきたきたきた……ひゃっほ~~~~~~い!!!!!」

……何歳やねん(^^ゞ

しかしまぁ、つくづくと
「年なのねぇ、私」
って感じてしまいましたわ。

でも多分、同じ年の平均的な体力よりは多分、ある。
気力も多分。
なので、これ以上落ちないよう、なんとかかんとか頑張りま~~~~~~~~す!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。