スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のおでかけ

旦那が忙しいと、休日も一人で遊びに行かなくてはならないし、会話もグンと減ります。

つ~ことで、「どっか出かけようかなぁ」と探してみるわけですが、春は難しい。
ってのも、花粉症があるからです(笑)

私の場合、スギの季節もヒノキの季節も、なんかむずむずしたりはします。
とはいっても鼻が詰まるほどではない。
なんかくしゃみが出やすいような気がする程度です。

でも、晴れの日はなんともないんですよ。
雨の日だけ。

なので、アレルゲンがスギやヒノキの花粉なのかどうか、ようわかりません。
単に気温差で鼻の粘膜が過敏になってるのかもしんない。

ただ、イネ科花粉症だけは間違いございません(T_T)

あれはもう5年以上前でしたっけ。
自分がイネ科花粉症だなんて知りもしなかった私は、コンタクトにノーマスクという非常に無防備ないでたちで、川原を30分以上歩いて、自宅から5キロ先ほど先にある駅に向かっておりました。

我が家から徒歩15分圏内には、JRの駅、近鉄のまったく系統の違う線の駅2つがありますんで、うまいこと調整すれば、運賃をかなり安くあげることができたりします。

で、5キロ歩けば地下鉄の駅もあるんですが、5キロって結構な距離でしょ(笑)
私は結構歩くのが速い方だとは思うんですが、50分かかっちまいます。

ので、滅多なことがない限りこの駅を使うことはないんですが、この日はたまたま時間が余ってたんですよね。
ったく間が悪いったら。

歩いてる途中から鼻がむずむずしてきてですね。

「な~んか変だなぁ」
と思っていたら、駅につきまして。

この日の目的地は本屋さんだったんですが、他のお客さんに迷惑なぐらいの頻度で鼻をかんどりました、私。

でもこのときはまだ自分が花粉症だなんて思いもしませんでした。

「え?私アレルギー持ち?」
と気付いたのは、家に帰って、コンタクトレンズをはずそうとしたときのことです。

あのね。
アレルギーのない人は知らないでしょうが、アレルゲンが目に入ると、白目が腫れるんですよ。

黒目より白目の方が、「むに~」という感じで、盛り上がるんですよ~~~。

でね、黒目をムリムリと上下左右に動かすでしょ?
そしたら盛り上がった白目が、目の縁のところにひっかかって、
「うにににに」
「ぶちゅちゅちゅちゅ」
「べちょちょちょちょ」
なんて、鈍くにぶ~く動くんす。

あぁ気持ちが悪い。

気持ちが悪いだけじゃなく、白目が邪魔で、レンズがはずれへん(笑)

「ななな、なんじゃこりゃ?」
とネットで調べて、
「こりゃどうやら、イネ科花粉症らしいぞ」
と気付いたのでありました。

あぁやだやだ。

イネ科花粉症は、一般的にスギやヒノキに比べて症状が重いって言われてるみたい。

私はそれほどひどい症状を呈するわけではありませんが、今の時期、メガネをしてても少し目がかゆくなります。
マスクをしていないと、鼻の奥がむずむずして、くしゃみと鼻づまりを引き起こします。

にしても、腹のたつのは、イネ科植物たちの生命力っすよ。
どこにでもいるんですよね、あいつら。

道路の脇のアスファルトのちょっとした隙間から、わっさわさと顔を出して、花粉をプンプン飛ばしてやがる。

誰が「ど根性イネ科植物!」なんて呼んでやるかっつぅの。
図々しいだけじゃん。
ケッ。

でもそれ以上に腹が立つのは、これらの植物が、
「人為的に海外から持ち込まれた植物である」
らしいこと。

持ちこんだやつ、出てこい!!!!!!!!
花粉責めにしてやるぅううううう!!!!!!!!!

ぜいぜい。

というわけで、この時期は、いやでもマスク着用。
最近のマスクは質が向上しましたけども、やっぱり息が籠るよね。
口の周りに水滴ができたりして、あんまし快適じゃな~い。

私は楽しむときには思いっきり楽しみたいタチなんで、マスクで不快なときは家に籠って、我が世の春が来るまで待っておきたい方なんですけど、旦那が忙しくて会話があんまりないときは、家に籠ってると精神的にいろいろと鈍ってきます。

退屈というより鈍くなる。
判断力も、好奇心も、何より体内時計が狂う感じがします。

日曜日は歴史研究会があるんで、好奇心は満たされるかな。

でもそれだけでは、ゴールデンウィークまで間がもたない。

ってことで、水曜日あたりに、アリス・イン・ワンダーランドを観てこようかと思ってます。

ね?
歴史研究会にせよ、映画にせよ、とってもとってもインドアなお出かけですよね。
でもしょうがないんです。

春先のお出かけは、いろいろ制限がありますわ~~~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんなアレルゲンも!

「私は、最近、鳩山さんが出てくると
 テレビを消したくなるんです」
知り合いの弁護士さんが言ってました

おはようございます

このアレルゲンも
産経新聞たちが持ち込んだものかも?

いったん意識をそこに集中させられ
過敏になると危機回避をするように
体が反応するというような感じなんでしょうね

真の同情なんて無理にしても
いたわり合い、思いやり合いができるが
イネ科の植物とちがって
人間のいいところ
何にしても
お見舞い申し上げます

ほんとの活発な季節は
まだまだ先なんですね
お大事にしてくさい
”若旦那~、なんり、深感恩

産経新聞なんですね(笑)

確かに、何かについて、意図的としか思えないほど集中的に報道が行われることってありますよね。
そういうとき、
「もういいって……」
って言いたくなります(笑)

でも本当に怖いのは、「なぜこんなに報道がされないんだろう?」という事件の方かも。
まぁ、よくわかりませんが。

花粉の活発な時期は、種類によって違うようです。
私はイネ科なんで、6月なかばぐらいまでがシーズンです。

ぶた草(きりん草・せいたかあわだちそう)アレルギーの人は秋がシーズンってことになりますか。

ユリの花にアレルギーがでる人もいるみたいですし(^^ゞ
アレルゲンが多い人は、一年中「シーズン」かも……。

ひぇええええええええ(>_<)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。