スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢ネタ

ここしばらく、電話取材、データ処理、ネット調査、ライティングという感じで、引きこもりです。

ということで、超ヒッキーなネタが続くかも。
わはははは。

さて。

「なぜか繰り返して見る夢」
ってありませんか?

私はあります。

昔はよく、追いかけられる夢を見ました。
逃げようと思っても体が動かないんですよね。

前へ行こうと思うのに、足が上がらない。

「一歩、一歩」
と数えないと前に進めない……という夢をよく見ました。

最近はあまり見なくなったけど、追いかけられるんではなしに、どこかへ行こうと思うのに、なかなか進まない……という形で見ることはあるかな。

結構現実の「恐れ」が夢にリンクしてたりしますよね。
なかなか進まない夢を見るときは、仕事の進行の遅れを気にしてたり。

床が抜ける夢を続けざまに見たこともあったかな。
多分、そのときの「現在の習慣的生活」がガラリと変わることを恐れてたんでしょう。

以前よく見たのは、ペットが増えてしまってどうしようかと悩んでいる夢でした。
ハムスターを飼ってたんですよね。
それがどんどん増えちゃう夢です。

文鳥のチュッチュがいたときは、外から雀がやってきて保護しないといけなくなるという夢を見ました。

「チュッチュと同じ籠で飼うわけにはいかないしなぁ」
と、鳥籠を探していたりしました。

多分、子猫を保護したことがリンクしてるんじゃないかと思います。

共存できない二種類のペットを、どう共存させるか……というような思いが反映されてるのかもしれないなとか思ったり。

今日見たのは、なぜかハムスターでした。

自分が飼ってたことをすっかり忘れてたっていう夢です。

「え?そういえば私、ハムスターを飼ってたはずだっけ」
と、探すと、ゲージが三つもある。
ゲージを空けてみると、なんと各ゲージに3~4匹。
合計10匹ほどが元気そうに走り回ってます。

「アァ良かった。ゲージ内に餌がまだ残ってたんだ」
と、ホッとして、餌を探すんですが、なかなか見つからないんですよ。

探しているうちに、今度はゲージがどっかへ行ってしまった。

ハムスターたちは大丈夫だろうか……というよりあのハムスターたちは本当にいたんだろうか、見間違い?
そうだよな、うちにはチュリーしかいなかった。(←びーこのことを忘れてどうする!!)
……と考えているところで場面がガラリと転換しました。

これはなんなんでしょうね(笑)
「またハムスターが飼いたい」
ってことなんでしょうか。

……でも、もうハムスターはいいや。
何しろ寿命が短いので、辛いんですよ。
夜行性だから、昼間は寝てるしね。

チュリー君一人でも大変なのに(笑)

……とまぁ、ここらへんは、夢のモチーフとしては「定型」のパターンじゃないかと思います。

そして私が最近なぜかよく見る夢は、なぜか会社で働いている夢だったりします。

もう、会社辞めて8年になるんですね。
仕事のやり方は忘れてはいませんが、多分、会社としての仕事の進め方はかなり変わったことでしょう。

夢の中で私は、なぜか、「助っ人」として会社にいます。
人手が足りないので、ちょっと助けて欲しいと言われて、一か月とか二カ月とか限定で、仕事をヘルプに行くという設定のようです。

OL時代、私はお局だったんで、ほとんどのことを仕切っていました。
山のような仕事を、定時までに仕上げたときの達成感とかね、そういうのは快感ですよね(笑)
夢の中でもバッチリ仕事を仕上げようとするんですが……。

なんせ、探している資料がどこにあるのかわからない。

しかもわかりづらい収納をしてるんですよね(^^ゞ

「5010」とナンバーを振られた封筒の後に、なぜか456の封筒が並べられていたりする。
このパターンがイマイチ飲み込めない。

サクサク仕事をしたいのに、まったく自分のペースに持ち込めなくて、
「ふぅ、能率悪いなぁ」
とげんなりしている……という夢。

ものすごく頻繁に見るってわけじゃないけど、1カ月に一回ぐらいは見ているような気がします。


中学生ぐらいのとき、フロイトの「夢判断」を読んだはずなんですが、内容をまったく覚えてません。
読むつもりで読まなかったのかなぁ。
本を購入した記憶だけはあるんだけど(^^ゞ

人の心理というものは、思わぬところで表象されたりするそうです。

父の本棚にあった「ユングの心理うんちゃら」という本には、
「結婚を後悔している人は、結婚指輪をいじる傾向がある」
というようなことが書かれていました。

私もこれは印象に残りましたし、これを本気にしている人も多いようです。

都築道夫の小説に、まさにこれが推理の要になっているものがありました。
一家の旦那さんが殺されるんでしたっけ、多分。
夫婦仲は良かった。
奥さんはおとなしくて淑女で、人を殺すタイプじゃない。
探偵だか誰かが、奥さんが結婚指輪をいじる癖を見つけて、
「犯人は奥さんだ」
とわかる……っていう筋書きでしたが……。

あんまし信憑性ないっすよね(^^ゞ

だいたい、結婚指輪が結婚の象徴かどうかなんて、人によると思うんですよ。

私にとって結婚指輪は、「太るとはずれなくなるもの」の象徴だったりします。
以前も書いたことがありますが、私は結婚当時、今の結婚指輪より4号以上大きなサイズのものをはめてました。

なので、今の指輪がちゃんと動くことを確認すると、
「まだ『それほどは』太ってない」
と安心するんですね(笑)

私が結婚指輪をいじるときは、
「食べすぎたかな」
「塩分摂りすぎてむくんでるかも」
というときです。

実感としては、食べすぎても指は太りませんが、塩分とりすぎると指輪が抜けなくなります。
あと、最近、長時間手を振って歩くと、指先がむくむようになりました……(>_<)
年のせいでしょうか(T_T)???

そんなわけで、夢判断ってのも、その象徴がその人にとって何を意味しているかということを確認しないと意味がないんですよね。

私にとって、「会社仕事」ってなんなんだろう。

……多分それは、私にとっても、刻々と変わっていくものだと思います。

OLを辞めた当時、「会社仕事」は、「他人のしりぬぐいもしなくちゃいけないところ」でした。

ライターを始めたころ、「会社仕事」は、「なんや言うてもそれほど責任のない仕事」だったような気がします。

そして今、「会社仕事」は、何を意味してるんだろう?

怖いのはね……。
「OLであったころの仕事の能率の象徴」
なのではないかということだったりします。

最近、物忘れが激しいんですよ。
それはまぁいいんです。メモっとけばいいんだから。

本当に恐ろしいと思うのは、同時進行できる仕事の数が減ってしまったということ。

OL当時は、一時に10ぐらいの仕事を同時進行させるのなんか、屁でもありませんでした。

これをやってる隙に、こっちをやって、そこでできた隙にあれをやって……という具合に、動いても、特に支障が出るようなことはありませんでした。

が。

最近ね……5つぐらいが限度になってきている気がして、それが怖いんですよ。

同時進行の数だけじゃありません。

昔は、1→2→3→4→5
というような仕事があった場合、能率の良い順番に、
4→3→1→2→5
と処理することも無理なくできました。

そういう仕事のやり方で、漏れが出ることはなかった。

けども、今それをやろうとすると漏れが出そうで……。

「ミスをするよりは、時間かけよう」
と、なんの工夫もない、1→2→3→4→5で処理をすることが増えたんですわ~~~~~~~~~(T_T)

まぁ、年くったんだからしょうがないけども。

夢で、OLをやってるシーンを見、かつまた「能率が悪い」とがっくり来ているのは、そのことを表してるんじゃないかなぁとか思います。

なんかね、そう思うと……。

がっくりっすわぁ(>_<)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。