スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朱の女王

朱の女神と言われたら、水銀関係の女神様のことを指したりしますが、「女王」の場合は……。

はい、とんがらし好き女のことを指します(笑)

私は生まれつき辛いモノが好きだったわけではないのだけれど、生まれつき負けず嫌いでした(^^ゞ

んでもって、結婚2年目だか3年目だかに、タイ旅行をした際、きゃつに出会ったんですね。

その名は「プリッキー・ヌー」。
タイ語で、「ねずみのうんこ」という意味のそれは、日本の唐辛子に比べると、一回りこぶり。
でも、辛さは、たぶん、30倍では効かなかったと思う(T_T)

もうねぇ、一口食べた後、10分は熱くて痛くて、何も食べらんないの(>_<)

でも、同席していたタイ人の彼は、ぱくぱくむしゃむしゃ食べてやんの。

……悔しいっ!!!!!!!!

つぅことで、日本に帰ってきてから、私は辛いモノを食べまくりました。
キムチ上等!
うどんには、真っ赤になるほど一味を振る。
ココイチでは、必ず10倍カレー。

……で、今に至っております。
ココイチの10倍カレーぐらいなら、水は一切必要ありません。

ある担々麺屋さんで、「普通の人は絶対完食できません」と言われた「ハバネロ担々」なんか楽勝(ゲリになってうんちもらしたけど)。

辛みこそうまいと感じる状態。

旦那は、
「味蕾が麻痺してしもてるんちゃうか?味わいがなくなったらどうするんや?」
と心配していましたが、特に、ほかの味覚……甘さ・塩辛さ・苦さ・酸っぱさについて特に鈍感になったという自覚はなく。
薄味好みなため、旦那より敏感なぐらいだと思う。

なんでだろう?

……と思っていたら、昨日のニュースで「辛み特集」をやっていました。

それによると、「辛さ」は、味覚じゃないんだそうです。
したがって、辛さは味蕾ではなく、「痛点」で感じるのだそうで。

だから、辛いモノを食べて「熱い!痛い!」と思うのは、かなり正しい感覚ってことですね。

そして、痛点を刺激するってことは、辛いモノを食べるとエンドルフィンが出るってことでもあるわけです。

なるほどね~(笑)

そして、「痛点を刺激してエンドルフィンがたくさん出る人ほど、辛いモノを好みやすい」とも説明されておりました。


ん~~~。
なるほどね~~~~~~~~。


私の子供時代。
決してガキ大将ではありませんでした。
アウトドアよりも読書を好む、おとなしめな子供だったという記憶もあるんですが、そのガキ大将と喧嘩ばっかししてたという記憶もあったりします(^^ゞ

ほら、よくいますよね?
ガキ大将がいたずらしている横で、
「○○くん、そんなことしたらダメでしょ?!」
とか言ってる、こウルサイ女子が。
あれですよ、あれ(笑)

おとなしい子がいじめられてるところに、箒もって突入したこともありまして(^^ゞ
「弱いモノいじめしちゃだめでしょ~~~~~!!!!!」
って箒振り回して、返り討ちにあいました(^^ゞ

弱いくせに、負けず嫌いって、悲しい(笑)

でも、当時のガキ大将は優しかった。

そういう私でも、邪魔者扱いせずに、割とちゃんと待遇してくれました。
1~4年生のときの、ガキ大将は、「伝説の女番長」だったんだけど、彼女が転校していって3年目ぐらいに、キックベースボール大会で再会したとき、「お~~~~~っ!!」とか言ってわざわざ握手しにきてくれたし。

私は6年生の2学期に転校したんですが、そんなわけで卒業写真にも、卒業文集にも名前のない私を、同窓会に呼ぼうと発案してくれたのは、5~6年生のときの番長だったそうです。

というわけで、小学生時代の私は、割と痛い目に遭ってたんですよね(笑)
だから、「痛い目に遭うとエンドルフィン」という条件反射は、人より敏感に反応するのかもしれません??????

理屈はさておき。

単純に、いややねん。
「カ~~~~~ッ!!」
ってならへんカレーなんか、カレーとちゃうわっ!!!

もちろん、別に、ケーキに一味を振りかけるような、意味不明のまねはいたしません。
だから、「からら~」とか呼ばれるには及びません。

ただ、辛くあるべきものは、「ひ~~~~~っ!!」っていうほど辛くあって欲しいねん。

「辛いカレー」が、マイルドすぎたらイライラすんねんっ!!!!!!!

ということで(?)、今日の昼ご飯はカレーうどんに決定しました(笑)
東京でも「むちゃくちゃ辛い」と評判らしい、黄金一味、どばどばかけて食します<( ̄^ ̄)>

0308kawasemi-2.jpg

写真は、池の上を飛翔するカワセミ。
遠くからなので、イマイチですが、水面に映っているのが、なかなかGOODかと(#^.^#)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。