スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女

昨日、録画してあった番組を旦那と二人で見ておりました。

「雨トーク」
放映は夜中なんで、毎週録画して見てます。

毎週テーマが決まってて、そのテーマに一家言ある芸人さんが出演します。
しゃべくりが基本なんで、たまにダレ気味の週があったとしても、まぁまぁ面白い。

で、昨日のテーマが「熟女好き芸人」だったんですよね。

このテーマを聞いたとき、まず思ったのが、

「私は熟女?」

ってことでした(笑)

年齢41歳。
少なくとも、「若い女性」ではない。
もちろんのこと、少女、乙女と呼ばれる年齢ではない。

でも、「熟女」って感じは、自分でもしないなぁ(^^ゞ

番組の冒頭で言ってましたが、広辞苑などでは、
「30~50歳ぐらいで、色気の漂う女性」
というような説明がされているとか。

年齢はあてはまるけど、色気は漂わないから、熟女じゃないな、私(笑)

昔、ほんの一時期、本屋さんでパートをしてたことがあります。
で、あまり人が立ち入らない……立ち入るときはなんとなくコソコソとした態度になってしまうような棚がありましてですね。

そこに、「美熟女うんぬん」というような雑誌が並んでました。

私は仕分けも担当してたんで、それをつくづく眺める機会もあったんですけど……。
「美」
ってのがどうもよくわかんなかったりもしたのでした。

いや、美しくないっていうんじゃなくて、普通に、そこらへんの道を歩いてそうな女性ばかりだったもんで、これが商品として成り立つってのが意外でした。

なんか変な話になりますが、唐沢俊一氏が、自らのコレクションを披露しているような本を読むと、いわゆる「古典的エロ本」みたいなものが相当数出てきます。

日本髪を結ったような女性のヌードとかね。
でも、それはよく見ると、写真じゃなくて絵っぽいものもあったりします。

あまりよくは知らないんですが、明治とか大正の時期、売れっ子の花魁とかのブロマイドがよく売れたんだそうですよね。
たぶん彼女たちは、今で言う女優とかアイドルとかいうような存在に近かったんでしょう。

そういう中にヌードもあったのかも。

それでかなんでかはわかりませんが、ものすごく古いヌード写真(絵)は、モデルも綺麗な人が多いような気がします。

で、それがいろいろ変わってきて、
「ただ裸ならいいんですね?」
的なモデルさんばかりの時代に突入します(超失礼?)。

私が20歳ぐらいのとき、
「後学のため」
と、女の子ばっかり集まって、アダルトビデオを鑑賞したことがあるんですよ。

女優は黒木香さん。
当時、超売れっ子だったと思います。

あと、夜中に、「テレビ広辞苑」っていう、劇団そとばこまちが主となったお笑い番組があったんですけど、それにときどき出てくる小林ひとみという女性が、AV女優だと知りました。

彼女たちはそこそこ美人だったけど、当時の他のAV女優さんたちは、
「ふつうのアイドル」
と比べると、ルックス的には……って感じだったような記憶が、うっすら、うっすらとあります。

つまり、その時代、「脱いでさえくれたら、ルックスはあんまり問わないよ」だったんじゃないかなぁ。

とするとですね。
今の「熟女市場」も、そういう段階に差し掛かってるのかなぁなどと思ったりして(^^ゞ

よくわかんないんだけどね。

でもそれが正解だとすると、これからどんどん、「美熟女が脱ぐ時代」になるのかしらん(^^ゞ

ただ、昨日の「熟女好き芸人」を見てたら、
「熟女は若い女性と違って恥じらいがあるからいい」
みたいなことを言ってる人が多かったんで、脱いじゃったら魅力が半減なのかしらん。

……いや、どうでもいい話ではあるんですが、人の好みって本当にそれぞれだなぁっていう風に思うんですよね。

ちなみに私は、顔よりも身長です。
もちろん、一番のポイントは性格ってことになりますが、第一印象は、身長で決まるところがあります。

とはいえ、結婚してから少し変わりまして(笑)
旦那の身長(178センチ)より高い男性は、
「なんかムカつく」
ことになりますが(笑)

「身長」で第一印象が変わるのと、「年齢」だ第一印象が変わるのと、どっちが普通かなんてことは言えないですよね。
どっちも偏ってると思う(^^ゞ

まぁどうでもいいんですが。

ただ、ただ、ただ。

番組の中で、わかったことがあります。

乙女でも少女でも、若いレディでも熟女でもない私が、なんなのかってことです。


どんな話題だったか忘れましたが、宮迫がたしなみのない熟女の話を持ち出したとき、芸人の一人がものすごいタイミングで突っ込んだんですよね。


「それは熟女じゃないです、おばさんです!!」


なるほど(笑)

私はやっぱり、「大阪のおばちゃん」なようです(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

熟男ではない私

のりちゃん

 こんにちは、根岸です。
 今回の記事も、面白いですね。
熟女 → 大阪のおばちゃんって“落とし方”、上方のお方のセンスに脱帽でした。
 熟女という言葉は30年ほど前に造られたようですが、あいまいですね。
恐らく、熟年 ※の女性、成熟した女性からの造語のようです。
※ 熟年:円熟した年頃。50歳前後の年齢。中高年。実年。〔小説家、邦光史郎が昭和53年に用いた〕(goo辞書)
 私め、熟女というと五月みどりの『熟女ヌード』を連想してしまいます。
アダルト系商品のキャッチ・コピーが、女性をカテゴライズする言葉になったのでしょう。
お笑い系の番組でなかったら、ジェンダー・フリーの団体からクレームが出ますよ。

 旦那様より10センチも背が低い私めですが(というのは関係ない)、
『熟女』というタイトルに関心を向けてしまうのは、まだまだ未熟者なのです。

30年前

確か「壮年」なんていう言葉が作られたのもその頃じゃなかったでしたっけ。

呼び名が変わったって、本人が変わるわけじゃないんだから、別にいいじゃん……と私なんかは思うんですが、そういうわけにもいかないんでしょうね(^^ゞ

五月みどりの熟女ヌードは知りませんでした。
確かに、ああいう方を好みそうですね。「熟女好き」の諸賢は(笑)

やっぱりこう、「包み込むような雰囲気」が必要なようです。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。