スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手による

仕事のシーンで、
「あとはお任せします」
的なことを言われて、まる投げされることがよくあります。

「とりあえず、なんとかして欲しいねん」
と、しっちゃかめっちゃかになったものを持ち込まれるとかね(笑)

めんどくさい仕事が周ってきたというだけでパニックになっちゃって、その仕事がどういう性質のものなのか、どうすべきなのかを頭から考えずに、
「こんなんきてしもた~、なんとかして~~~~~」
と、泣きつかれたときなんぞは、
「ちぃとは自分で考えんかい」
と思っちゃいますが(^^ゞ

OL時代もそうでしたが、フリーになってからも、そういうことは結構あります。
そういう風に、丸投げの方は、継続して仕事をくださるんで、フリーになってからはありがたいんですけどね。

でも、そういう仕事の投げられ方をしても、いつもいつも、
「しゃあねぇなぁ」
とため息をつくわけじゃない。

「この人に認められたんだわ♪」
的な、嬉しい気分になることもあるわけですよ。

「頭の良い人だなぁ」
と尊敬している人に、
「君ならなんとかしてくれるだろう」
なんてやっかいな仕事を任されたりしたら、めんどくさいどころか、テンション上がっちゃいます(笑)

まぁ、そういう場合、もし万が一私が対応しきれなかったら、その人も一緒になって対処を考えてくれるだろうという安心感もあるのかもしれませんが……。

「相手によって態度が変わる」
というのは、ものすごく嫌われることのひとつですよね。

最近はあんまり聞かないけど、セクハラという言葉が世の中に出たとき、男性たちからよくこんなことを聞きました。

「かっこいい奴が、きわどいギャグを言ったら喜ぶくせに、俺がそういうギャグを言ったらセクハラになる」
と。

まぁ、それは、場を読むってことと関係ある可能性もありますが……。
場とは関係なく、相手によって、同じギャグが不快になったり嬉しかったりするってことは……あるよね。
申し訳ないけども(^^ゞ

ただ、男性だって、そのきわどいギャグを言う相手を選んでると思うんで、お互い様だとは思うけど(笑)
風紀委員みたいな怖いおばさんに、きわどいギャグなんか言わないでしょ?
からかい易い新人の女の子なんかに言うと思う。

そういうことを考えれば、
「相手によってある程度態度が変わるのは、しょうがない」
っていうことも、あるわけです。
つまり、人間関係てのは相対的なもんすからね。

ある程度ならね。
納得のいく程度ならね(笑)

だけど、それは人間だけでもないよなぁと思うわけです。

たとえばうちのあほ犬。

私に対しては、むちゃくちゃ従順です。

散歩中、はしゃいで引っ張って、私がリードを手から落としてしまった場合など、
「あ、やば……」
という風に振り返り、耳を垂らしてこちらを見てます。

そして私がリードを拾いあげるのを待ち、
「えへへ、はしゃぎすぎちゃいました」
という風に、すり寄ってくる。

でも、旅行中、実家に預けたときなど、様子はまったく違うそうな。

甥っこが散歩してくれたときなど、引っ張られて甥がリードを落としてしまうと、
「チャ~ンス!!」
とばかりに走り回って、捕まえるのに苦労したとぼやいてました。

相手を見よるんですわ。

私と散歩中に拾い食いはしませんが、旦那が散歩しているのを後ろから見てると、結構拾い食いに気付いてないです。
だから、あほ犬も食べ物がないか、キョロキョロしまくり。

相手を見よるんですわ。

とはいえ、もちろん、見知らぬ訪問者が来たら、うなったり吠えたりするのは、番犬になるからありがたいんで、「相手を見る」ことはとても重要なことでもあるんですけどね。

ということで、チュリー君です。

チュリーは、今のところ、私にしか心を許してません。

朝、パソコンの前に座っていると、
「だしてぇ、だしてぇ」
と網につかまってカシカシするので、入口を開けると、いそいそと出てきて、私の手に飛び乗ります。
そして、肩の上で、頭をすりつけてきたり、歌ったり、踊ったり、楽しそうにしてはりますわ。

でも、土日などに旦那がいると、ちょっと警戒。

旦那が左から近寄ってくると、私の右肩に。
右から近寄ってくると、左肩にと、いそいそと移動するんですよ(^^ゞ

旦那が手を出すと、多少いやいやそうに乗るんですが、2秒もしないうちに羽根をばたつかせ、籠の上へと逃避します。

そういうときには、絶対私の方に逃げないんですよね。
籠の上に逃げるんだよな。
なんでかしら???

チュリー君にとって、旦那は決して見知らぬ人ではないはず。

ペットショップでチュリーを選んだのは、ほかならぬ旦那ですしね。

その後も、おもちゃを作ってもらったり、肩に乗せてもらったりして、遊んでもらってるんだけどなぁ。
それを忘れちゃったんでしょうかね??

私が、チュリーにとって一番馴染みの深い人間であることは間違いありません。
朝の2時間ぐらいを一緒に遊び、家で仕事のときは、午後からもずっと一緒に遊ぶか、もしくは籠の中から私の横顔を見てることになります。

旦那は出張で帰ってこない日もあるし、仕事から帰ってきたときには、チュリーはもうおやすみ中ってことも多いから、週の半分以上、顔をみないことがほとんど。

それでかなぁ?

警戒心の強い鳥にとって、「相手を見る」ってことはとっても大事なことだとは思うんだけども。
これだけはなんとかせんと……と思っちゃうのでありました。

長期の旅行なんか、絶対できへんよなぁ(^^ゞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

贈り物

贈り物をするとき
必ず「相手を見て」います
むしろ
相手に意識を集中させているような感じですよね~
御主人様は、のん様を
穴が開くほど見てますよぉ~
ほほほ

おはようございます

相手によって贈り物が、違うということですよね~
贈り物は
言葉だったり、態度、表現だったりするんだと気づきました
大感謝
ありがとうございます

目指すところは、
「よい関わり合いを築こう」ということかな?
「共生」ということですよね

いっしょに生きていてよかった~
”若旦那~、なんり、深感恩

ほほほ

相手を見るってことはすごく大事なことですよね。
それは結局「思いやり」と関係の深いことだと思うんです。

「相手によって態度を変える」ことが嫌われるのは、それが一重に自分のためにそうするからであって、相手のために態度を変えるんなら、それは立派な態度だと思いますね(#^.^#)

昨日、お店の取材をしてた時に思ったんですが、担当者さんは、こちらの都合を考えて、いろいろ一生懸命にしてくださる。

こちらが質問したことに対して、
「どういう風な答え方をしたら喜んでもらえます?」
なんて聞いてくださったり(笑)

取材にはテーマがあるんで、確かに「欲しいコメント」ってのがあるんです。
それをわざわざ確認して、それにこたえようとしてくださる。

そういう思いやり合いで、人間関係ができてるんですよね。

夫婦はその最たるものですよね。
お互いがお互いを幸せにしたいと、真剣に思えるからこそ夫婦なのかな~なんて思ったり。

ぶんぐ祭りでの再会、楽しみにしてますね!!
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。