スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間がない

原因は、この記事でございます↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000066-yom-soci

日本の作家びっくり!申請なければ全文が米グーグルDBに

2月25日3時9分配信 読売新聞

 検索大手グーグルが進めている書籍全文のデータベース化を巡って、同社と米国の著作者らが争っていた集団訴訟が和解に達し、その効力が日本の著作者にも及ぶとする「法定通知」が24日の読売新聞などに広告として掲載された。

 著作者らが自ら申請をしなければ、米国内でのデータベース化を拒めない内容で、日本の作家らには戸惑いもある。

 集団訴訟が起こされたのは2005年。米国内の大学図書館などと提携し、蔵書をデジタル化して蓄積する計画を進めていたグーグルに対し、全米作家組合と全米出版社協会が、「著作権への重大な侵害」などとして訴えた。両者は昨年10月に和解で合意、今夏にも出される連邦裁判所の認可を待って発効する。

 合意の対象は、今年1月5日以前に出版された書籍で、同社は、〈1〉著作権保護のために設立される非営利機関の費用3450万ドル(約32億円)〈2〉無断でデジタル化された書籍などの著作権者に対しての補償金総額4500万ドル(約42億円)以上をそれぞれ支払う。見返りとして同社は、絶版などで米国内で流通していないと判断した書籍のデジタル化を継続し、書籍データベースアクセス権の販売や、広告掲載などの権利を取得することが定められた。また、対象書籍に関連して同社が今後得る総収入の63%を著作者らに分配することも決まった。

 また、著作権者は、オンライン上での使用を望まない場合、2011年4月5日まで、同社側に自著の削除を求めることができる。さらに、和解に拘束されることを望まない著作権者に対しては、和解からの「除外」を認め、今年5月5日を除外通告期限としている。

 和解の効力は米国での著作権を有する人すべてが対象となる。著作権に関する国際条約「ベルヌ条約」の規定で、加盟国で出版された書籍は、米国内でも著作権が発生するため、影響は世界中に及ぶ。このため法的手続きの一環として、今月に入って、世界200以上の国・地域、72の言語で和解合意内容を伝える通知の掲示が開始された。

 グーグルは和解で、絶版や品切れ状態の書籍本文の入手が容易になると利点を強調、本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている。ただ、和解に巻き込まれる形になった日本の著作者団体は戸惑いを隠せない。

 日本文芸家協会の三田誠広副理事長は「届け出なければ権利が保障されないのはアメリカ的なやり方だ。アメリカで流通していない日本の新刊書がネット上で見られる恐れがある」と危機感を募らせる。同協会は、3月上旬の理事会で、会員の意思表示の手続き代行などの対応を議論する予定。

 一方、著作権に詳しい福井健策弁護士は「グーグルの説明が分かりにくいのは改善するべきだが、著者や出版社にとって長所も短所もある和解内容だ。音楽のように書籍もネット配信する文化が普及していくのか、注目している」と話す。

 図書館との提携事業は、現在、「googleブック検索」の一部となっており、700万件以上の書籍をデジタル化している。


不勉強にも、googleブック検索なるものを知りませんでしたので、どんなんじゃ……と見てみたら、こりゃ便利。

普通、書籍の中にどんな単語があるかなんてことは、本屋で中身を開かないとわからないわけで。

私は、一時期、活字中毒気味だったので、むさぼるように本を読んでたけど、頭に入ったとはいいがたく(^^ゞ

今みたいにめったによまなくなっても、頭に入ったとは言いがたいから、まぁいいんだけどさ(-"-)

まぁ、そんなわけで、

「はれ?こんなことをどっかで読んだ記憶があるけど、なんだっけ?」
ってことが頻出なんですよね~(^^ゞ

そういうとき、こういう検索機能があると、むちゃくちゃ助かる。

ただ、やたらと中途半端なデータベースで、たとえば、
「吾輩は猫である。名前はまだない」
で検索すると、量子論の本がかかってきたりします(^^ゞ

想像できると思いますが、シュレーディンガーの猫がらみですね(笑)
全然関係ないやんか(^^ゞ

しかも、当の「吾輩は猫である」はヒットしない。
データベースにないのでしょう、たぶん。
著作権切れてんだから、これなら問題ないと思うのにね。
どんな中途半端さやねん(-"-)

普通のネット検索と同じで、キーワードを工夫をすれば、どういうものがひっかかってくるかを調整することは可能でしょうが、今のようなデータベースの不十分さではねぇ。
有料だったら絶対つかわねぇ。

んで、連想的に思い出したのが、「青空文庫」。
このサイトにはお世話になっていて、絶版になった本とか、容易に手に入らない本とかをコピーして読ませていただきました。

で、ついつい思い立って、朝から以前からちゃんと読もうと思っていた小説を、ワードにコピーして、ルビなんかを調整し、冊子印刷して綴じることを二冊分やってたら、時間なくなっちゃったわけです(^^ゞ

小泉節子の「思い出の記」
芥川龍之介の「老いたる素戔鳴」
の二冊、両方ともごくごく短編なんですけども、やっぱり時間かかっちゃいますわ(^^ゞ

でも、午後からはのんびり二冊を熟読しようと思ってます。

閑話休題。

しかしまぁ……米国って、やることが雑いっちゅうか、身勝手っちゅうか……と、この記事を読むと思います。

その国ごとにやり方ってのがあるっちゅうのに。

以前、特許事務所に勤めていたわけですが、有名なことかどうかは知りませんが、日本と米国では、特許制度に違いがあります。
私は国内の特許担当だったので、詳しくは知りませんが、特に大きいのは、

・日本は先願主義
・米国は先発明主義

ってことです。

つまり、日本では、二人がほぼ同時に同じ発明をした場合、先に出願した方の権利になりますが、アメリカでは先に発明した人の権利になるんですね。

でもね。
発明なんて、頭の中にあるもんでっせ?
それをどうやって証明しろと?

ある程度は「言ったもん勝ち」なところがあるようです(-"-)

んでもって、日本の特許を指して、「私が先に発明した!!!!!!権利侵害だ!!!!!金払え!!!!!!!!!!!!」

バカヤロウ。

てなことが結構ありました。はい。

このシステムについても、正直、利用者にはかなり利点があると思うんですよね。
著作者にとっても、利点もあると思う。

ネットに置かれれば、それがきっかけになって、本が売れるかもしれないし。

でもさぁ、「申し出なければDBにして公開するからね!!」っていう言い分は、あまりにも一方的な気がする私。

GOOGLEは、ストリートビュー以来、やり方がちょっと気になってたんですけども。
さて、この問題はどうなるのか、興味持ってます。

うまく和解してくれたら、私としては嬉しいんですけどね(^^ゞ

ということで、今日も写真載せなくちゃ♪
1214-1.jpg

これ、こっちのブログに載せたことありましたっけ(^^ゞ
お気に入りなんですけど、もし重複してたら、あとでまた取り換えます。

あぁああああ、もうこんな時間。
洗濯はじめなきゃ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。