スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ぢゃ猫ぢゃ

昨日は、家を9時ごろ出発。

まず向かったのは、草津でございます。

今、草津市立草津宿街道交流館で、「ゲゲゲの鬼太郎 ~妖怪道五十三次の世界」展が開催されてるんです。

水木しげるの世界を好きか嫌いかは、人によってずいぶん違うと思います。
大概の人が「好き!」とおっしゃるんじゃないですかね。

今まで、「水木しげるは大っ嫌い!」という意見は一度だけ聞いたことがあります。
彼女は、
「だって、あのおっさん、勝手に妖怪の性格づけするんですよ!!」
と怒ってはりました。

例えば、ひとえに水木しげるの漫画の影響によって、ぬらりひょんが妖怪の総大将みたいに扱われるおとが結構多いようです。

……そりゃあないよねぇ(^^ゞ

ぬらりひょんって、あれでしょ?
あれが総大将ってこたぁ、ないでしょう(笑)
っていうか、妖怪なんてのは、さまざまなものが「妖怪」と呼ばれるようになって成立したものだから、それの総大将なんてのはそもそもが変な話かもしれません。

でも、私は水木氏の自由な発想は好き。
ただそれを、なんの裏付けもとらずに真に受けて、受け売る人が悪いんだと思う。

ってことで、結構楽しみにしてたんですよ。

草津宿は、東海道五十三次のうち、京から2つ目の宿にあたります。
多分、江戸から京都に向かってやってくる旅人の方が多かったんでしょうから、
「草津までやってくれば、あと2区間で京都だ!!!」
というような場所だったんでしょうね。

入場料は大人400円と、お手頃。
旦那は、こういう展示会では、ほんまにさ~~~~っと流すように見て出ていっちゃう人なんですが、鬼太郎五十三次だけは、熱心にみてましたね。

絵につけられた水木氏の解説がまた、すっとぼけてて面白いんですよ(笑)

たとえば、十六丁にあたる「御油」。
0822nameonnna.jpg

右側に、旅人の足裏をなめるお女中さんが描かれてますが、御大、
「これは過剰サービスじゃないのか?!」
と憤慨されてます。

……でも、描いたのは、あなただし(笑)

「ここにある絵、欲しいなぁ」
と珍しく旦那が言うので、図録を買いました。

この後、「草津宿本陣」へ。
0822honjin.jpg

ここは、当初は来る予定のなかったところですが、駅からぷらぷら歩いていたら、街の観光ボランティアという感じのおっちゃんに、
「本陣が当時のまま残ってるのは珍しいよ!!」
と薦められて、やってきました。

本陣ってのは、参勤交代のとき、お大名がお泊りになった宿屋ですね。
この中は撮影禁止なんで、写真は撮影できませんが……。
リンク先サイトにそれぞれの部屋の写真が掲載されてるんで、ぜひご覧を。

面白い。

入口から奥へ行くに従って、だんだん「格式」が上がっていくのがわかります。
一番奥の、多分、大名の部屋は、御簾がかかり、中を覗き込むと、上段が設置されていて、床の間なんかもやたら豪華。
個人的に面白かったのは、大名用の雪隠っすね。
いわゆる、「ぽっとん」なんですけど、下に箱が設置されていて、その中に「モノ」は落ちることになってます。

この「モノ」は、毎回処理されたとか。

つまり、大名の雪隠は、臭くなかったんでしょうね。

台所もいい感じ。
たくさんのかまどが並んでいて、往時の活気が想像されます。

これで入場料200円なんだから、絶対入ってみて損はないですよ!!

草津ではランチ~妖怪~本陣~とこなして次に向かったのは、彦根です。

築城当時のまま天守が残っているのは、日本ではもう姫路と彦根だけなんですよね。
でも、彦根城は、姫路城に比べると、華美さには欠けます。

築城の時代が違うしなぁ。
姫路城は、南北朝時代の武将である、赤松氏の築城であるとされてますが、彦根城は江戸時代。
姫路城には、派手好き羽柴(豊臣)秀吉も居住してるけど、彦根城は井伊家。
その辺りの違いかもしれません。

でも一番の理由は、やっぱあれですかね(^^ゞ
孫娘(千姫=家康の孫娘)の嫁ぎ先と、一家臣の城では、力の入れ方も違うってやつですかねぇ(^^ゞ

0822hikonejou.jpg

なんていうんだろ。
「でかめの蔵?」
って感じですよね(笑)

琵琶湖に面している分、景色は綺麗なんですけどね。

0822chikubu.jpg

これは天守頂上からの景色です。
遠くに竹生島が見えますね。
のどかで綺麗な湖が一望できる、良い場所ではあります。

中もそんなに広くないし、姫路城のように、お女中たちの生活の場なんかも残ってない。

国宝だけど、世界遺産じゃあない。

なのに姫路に負けず劣らず観光客が多い理由は……。

0822hiko.jpg

ひこにゃんなんですよね~~~(笑)

ひこにゃんの登場は、一日3回。

15時の登場の際は、それに合わせてお城の中がガラガラになりましたよ(^^ゞ
みんな、目当ては城じゃなく、ひこにゃんなわけね(笑)

私たちが天守から降りたのは15時10分ごろだったから、ひこにゃんはまだ博物館にいたはずです。
でも、写真を撮るための列が、とぐろを巻いてるのを見て、
「今日はもういいや」
とさっさと帰りました(^^ゞ

おととし、まだひこにゃんが登場したてのころ、私は一緒に写真撮ってもらってるし、ひこにゃんともへろんさんを巡る騒動では、私はもへろんさんを応援してるんですよね。

次に向かったのは、戦国丸というお店。

今、彦根では、「ひこにゃん」の他に、「しまさこにゃん」「いしだみつにゃん」「おおたににゃんぶ」という三人のキャラクターが公認されてるんですが、これをとりまとめているのが、ここ「戦国丸」というお店なんだそう。
もともとは、キャラクターグッズではなく、戦国武将のグッズを扱ってたお店のようですね。

さて、しまさこにゃん、いしだみつにゃん、おおたににゃんぶって言われても、わからない人はさっぱりわかんないと思います。

さすがにいしだみつにゃんはわかるかな。
石田三成ですね。
近江佐和山領(彦根市内)主であり、豊臣の重臣であり忠臣。
関ヶ原で潔く散りましたが、徳川家康にとってはかなり手ごわい相手だったようです。
そのため、三百年続いた江戸時代に、石田三成は不当に貶められてしまい、あまり良い印象を与えるに至ってません。
でもつまりそれは、裏返せば、彼がどれほど戦上手で頭がよく、人柄に秀でていたかということを示すものだとも言えるわけです。

そんな理由か、今、石田三成はかなり見直されてきているらしいですね。

で、「しまさこにゃん」は、島左近。
石田三成の軍師です。
智にも勇にも秀でており、彼を抱えたがった領主は山ほどいたみたい。
でも、その中でただ一人石田三成だけが成功したんですよね。

「おおたににゃんぶ」は、大谷吉継。
その地位から、大谷刑部(ぎょうぶ)という呼ばれ方をしていますんで、「おおたににゃんぶ」となるわけでしょう。

越前敦賀城主であった大谷吉継が、なぜ彦根に関係あるの?
と不思議に思う方もおられるでしょうが、彼は石田三成の盟友なんですよね。

大谷吉継は、ハンセン氏病を患っていて、白い頭巾で顔を隠して戦ったことでも知られています。
当時、ハンセン氏病は、業病であり、感染力の強い病だと誤解されてました。

だから、あるお茶会で、大谷が参加したとき、彼の後に座った武将は、誰もお茶わんに口をつけなかったんですね。
一説では、彼の顔の膿が、お茶に落ちたからとも言います。

でも、ただ一人だけ……そう、末席に座っていた石田三成だけは、涼しい顔で茶を飲み干し、
「良いお茶ですな」
と微笑んだそう。

それから、二人は親友となり、敗色の濃い大阪・江戸の戦いにおいても大谷吉継は大坂方につき、関ヶ原に散ったのでした。

ま、そんなわけで、彦根には直接関係ないけど、「おおたににゃんぶ」が彦根のキャラクターとして公認されてるわけですね。

ちなみに、ひこにゃんが一番関係深いのは、「井伊直弼」でございます。
生まれは1815年、江戸時代末期の大老ですね。

そんなわけで、ひこにゃんだけ、他のキャラクターと関係がまったくないとも言えます(笑)

とはいえ、現在の彦根城は、石田三成の佐和山城にいることを嫌った井伊直政が、1606年に築城したものだから、彦根城と一番関係が深いのはひこにゃんで、他のキャラはまったく無関係とも言えるんですけどね。

あぁややこしい(笑)

ただ、彦根のお殿様って言えば、普通の人間は、石田三成を思い出すんじゃないですかねぇ?
どうでしょう?

ってことで、ひこにゃんを無視して、いしだみつにゃん、しまさこにゃんを求めてやってきたんであります。

お店の前にやってくると、なんか着ぐるみが(笑)

0822otani.jpg

おおたににゃんぶだっ!!!!!!!!

なんか可愛い。
男の子っぽくない(笑)

でも、暑いだろうなぁ(^^ゞ

写真を撮影してもらい、お土産などを購入し、やっと帰路につきました。

大阪駅に着いたのは18時30分ごろでしたから、結構な長旅だったなぁ。

でもこれで、この夏の遠出は全部消化してしまいました。

あとは、水都大阪2009のイベントと、選挙ぐらいか……。

よっしゃ!!!
そんじゃ次は、秋に向けて、計画バシバシ練るぞ!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。