スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆめとうつつ

誰でも、
「おしっこが漏れそうなのに、どのトイレも満室で、探し回っている夢を見て目が覚めたら、実際におしっこが漏れそうだった」
というような経験をしたことがあるんじゃないかと思います。

私は、寝る前に旦那と一緒にDVDなどを見ながら、なんやかんやと口にしますんで(だから太るんだっつの)、こういう経験は人より豊富かと思います(笑)

ただ私の場合は、
「トイレがどこも満室!」
というパターンもあるけど、どっちかっつぅと
「何度出してもまだ残ってる」
なことが多いです。

で、「満室」というような単純なものよりも、
「むちゃくちゃ汚れてて、そこでするのはためらわれる」
「幽霊がでるトイレなのに、私の他に誰もいない」
というようなパターンが頻出だったりします。

で、幽霊に見つめられながらやっと用を足して出てきたのに、まだ残ってるという。
う~ん、悲惨(>_<)

今朝は、トイレと、風の複合パターンを夢に見ていました。

「扇風機の風が寒く感じるので、止めようとしているのに、どのボタンを押しても止まらない!!」
「おまけにトイレに行きたいのに、どのトイレも幽霊がでる!!」



うわぁあああああああああん(>_<)


という夢を見ていて、目が覚めると、眼の前のDVDデッキについている時計は4時44分。

……やな数字だぜ(T_T)

とりあえず、つけっぱなしで寝てしまったらしい扇風機をとめ……ようとしたら、まだ暗いもんだから、ON/OFFボタンがまじでわからない(^^ゞ

ポチ……ゴーーー(風が強くなった)
ポチ……ゴースースースーゴゴゴゴゴー(いわゆる1/Fゆらぎリズムのスイッチが入った)
ポチ……グールグールグール(首ふりスイッチかよ)
ポチ……ピ・ピ・ピ(タイマーのスイッチが入ったらしい)

ウガァ!!!
ってことで蛍光灯をつけて、ボタンの位置を睨みつけるようにして把握し、やっと止めることができました。
ふぅ。

……でも、止めたら暑い(^^ゞ

まぁそれはいいとして。

とりあえず、風の方は解決。
次はトイレの方なんですけど……。

昨日の夜は、旦那が仕事で帰ってこない日でして。
夜寝るまで退屈なんで、なんとなく投稿系サイトを見ていたら、そこに怖い話しがあって、ついつい読んでしまったんですよね(←救いようのないアホ)。
しかもそれは、いわゆる「伝染系」の怖い話しで(T_T)

「この話しを聞いた人のところに、その幽霊がやってくる」
ってやつです。
ひ~~~ん(>_<)

バッチリ思い出してしまうわけですよ。
怖がりだから。

う~ん。
ちょっと考えて、まず座る(←なんでやねん)
周囲を見回して、武器になるものを探す(←だから幽霊相手になんでやねん)
武器になりそうなものはなかったので、とりあえず携帯を握って、階下のトイレへ……。

夜中のトイレって、扉を開けるときに勇気がいるんですよね。

ほらほら、トイレの扉を開けたら、目の前の便器に自分が座っててどびっくり!!
ってな話しがあったりするでしょ。
怖いよね~(←普通の人は怖くないです、多分)

つぅことで、意を決して扉を開けると、中は無人でホッ(←当たり前だ)

用を足して、そういや咽喉が渇いてるな……と冷蔵庫の中のお茶を5口ほど。

玄関を見ると、物音に起きだしたアホ犬が、尻尾を振っているので、なんとなく心強くなり、頭をひとなでしてから布団に戻る。

エアコンは、28度のドライにしてあるので、布団をかぶると暑いし、布団から飛び出して寝ると寒いという絶妙の気温に部屋は保たれています。

お腹だけ布団をかけて、手足を布団から出すっていうのが一番快適なんだけど……。

布団から出した足に、冷たい手が触れたらどうしよう!!!!!
ってことで、布団にくるまって再寝。

すぐに意識を失って、また夢を見てました。

なぜか肩にチュリーを乗せて外出してる夢でした。

チュッチュは、私の手の上とか、太ももの上とか、足の上なんかにも好んで乗っかってきたものですが、チュリーは肩オンリーです。
ときどき、腹のところに降りてきて、Tシャツにプリントされた文字などをかじってたりしますが、すぐに肩に戻ってきてくつろいでいます。
腕を降りてきて、手の上から他のものをかじってたりすることもありますが、じきに飽きて肩の上に戻ります。

肩の上はチュリーの、「指定席」のようです。

文鳥のチュッチュは、割と誰の手にも乗りましたが、文鳥の3倍ぐらいのオカメインコであるチュリーは、少しは人の見分けがつくらしく、いつも一緒にいる私が一番安心みたいです。
旦那が手を出すと、泡食った表情でバタバタと逃げます。
だけど、私がチュリーを指に乗せて、旦那の肩に近づけると、さほど抵抗のない様子で肩に乗ってます。

私に関しては、指でも肩でも進んで乗ってくるけど、旦那に対しては、肩しか乗ってこない。
そういう風になってるみたい。

つまり、
私>旦那
肩>>>指ほかの体の部位
っていう感じかな~と思います。

ってなことで、平日の午後、掃除や用事が終わった私がパソコンの前に向かって仕事したり調べ物をしたりしている間、チュリーはほとんど肩の上に乗っています。

でも、よく飼育書に書かれている通り、オカメインコは、種として臆病なところがあるみたい。
チュリーも驚くとすぐにバタバタ飛んで逃げようとします。

なので、いくら肩の上から動かないとは言っても、肩に乗せたまま外に出すなんてことは、絶対ダメ~~~。

なんかに驚いて飛んだらどうすんですか。
まだ飛ぶのが下手だから、何かにぶつかるかもしれないし、カラスや猫に狙われても怖いし。

現実ならば、そういう判断は容易につきます。

でも夢の中では……外に連れ出してしまうんでしょうかねぇ(^^ゞ
でも、夢の中で私は焦ってます。

「早く家に連れて帰らなきゃ」
って思ってます。

でも、家まで遠いし、鳥かごを買って入れた方がいいかもしれないと迷ってます。

んで、鳥かごを探す旅に(笑)
ここからは、トイレに行きたいのにトイレがない!!のパターンですな(笑)

「あ、ペットショップだ!!」
と思って勇んで入ったら、おもちゃ屋さんでがっかりしたりとか。

「もうむし籠でもいいや」
とおもちゃ屋さん内を探してたら、なぜかファンシーショップに変わってて、よくわけがわからないけれども、「プラスチックでできた鳥の翼(人間用)」を発見して、「もしチュリーが空高くに逃げたらこれをつけて追いかけよう」と決心したり(笑)

こんな苦労をしてるってのに、チュリーは私の肩から何かを発見すると飛び立つ。
すぐに戻ってはくるんだけど、心配だっつの。

ハラハラしてたら、「チリンチリンぎゃぁ」な声で目が覚めました(-"-)

おもちゃの鈴で遊んでるうちに、興奮したらしく、ぎゃいぎゃい叫んでおりました。

そんなわけで今朝は……肩の上でまったりするチュリー君が、なんとなく、憎たらしいのでした。

苦労したんだから、もう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

起きられないという夢

学生の頃、一回だけあったんです
怖い夢でした・・・

おはようございます

多分、疲れて金縛りにあっていたんだと思うのですけど
寝ている間に見ている夢が
何度も何度も
目覚めようとする自分が認識できるんですけど
起きられないという夢でした
寝ている世界が、自分を拘束しようとしている感じで
それから、だんだんと、脳が覚醒してきて
これは、夢だと判断している夢を見ている感じになって
ちょうど、この世とあの世をさまようってこんな感じなんだろーな
と、あきらめ、受け容れかけた瞬間に、その夢から追放されました

敷布団が、汗でベトベトになってた
怖い夢は、くわばらくわばらです
なんり、深感恩

起きられない夢

私は、うっかり昼寝をするとよくその状態になります。

多分、生理的なものだと思うのですが、そのときは焦りますよね。

私はその場合、割り切って、「飛び」ます。

意識を空に集中させると、吸い込まれるような感じで体(夢の中の、ですよ、あくまで(笑))が上昇していきます。
充分上がったなと思ったら、平泳ぎの要領で手足を動かして好きな方向へ。
「スイスに行きたい」
と思えば、スイスらしい場所へ行きますし、
「海に行きたい」
と思えば、海らしい場所に着きます。

自分の夢なので、あくまでも「スイスらしい場所」「海らしい場所」で、そこに個性がでてしまいます、どうしても(笑)

例えば、スイスでは、ハイジがブランコ漕いでました(^^ゞ

でもそうやってるうちに疲れて本当に寝てしまい、次には体ごと起きられますよ。

次に同じ夢を見た場合は、おためしあれ(笑)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。