スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれ変わりと魂

面白い、面白いな~と思ったニュースがこれ↓↓↓

「魂でお金貸します」=新手の商法に宗教界激怒-ラトビア

つまり、「担保は魂」という書類にサインをすれば、返済能力があるかどうかの審査なしに、
しかもしかもしかもしかも!!名前も明かさずに、お金を貸してくれるっていうんですっ!!
最大9万2000円までっていうけど、ラトビアの経済状態はあまりよくないようなので、多分、日本人の感覚ではもっと高いお金を貸してくれるってことなんでしょう。

で、業者は、「お金を返済しないときには魂をいただくが、暴力的なとりたては一切しない」と言うてるらしいっす。
これに対して、カトリック、ルター派、正教会などの宗教者は大激怒。

ってのがこのニュース。

……う~~~~~~~む、わかんね(^^ゞ

ラトビアは、記事にある、カトリック、ルター派、正教会の信者が多いようですが、これらの宗教の中で、魂はどういうようなものだと定義されてるんでしょうね?

っていうか、どうやって魂を抜くんだろう(^^ゞ??

キリスト教的小説の中で、魂を取引の担保にするのは、悪魔ですよね。
ファウスト博士は、悪魔メフィストフェレスと契約して、魂と引き換えに、この世でのあらゆる栄華を手に入れる……とドイツの伝説ではなってます。

「魂と引き換えにこの世の栄華を」
ってのはドラマティックですが、
「魂と引き換えにお金を」
ってんじゃあ、漫画にもならへんのではないかしらん?

う~む、この辺、宗教観の違いなんですかねぇ。う~んう~~ん、う~~~~~~~ん。

そんなわけで、「魂ってなに?」なんてことを改めて考えてしまったのでした。

ところで、日本の昔話においては、有名な「生まれ変わり」の話しがあります。

「花咲か爺」。

おじいさんが可愛がっていたポチは、殺されて樹木になり、焼かれて灰になり、そのときどきでおじいさんを助け、富をさずけます。

ポチの魂は、犬から樹木へ、そして灰へ、と生まれ変わったんだと言いかえることができるわけですね。

犬、樹木・灰って、全然形は違いますが、変わらないものがあります。
「優しいおじいさんを幸せにする」という貫かれた意志。

そして、おじいさんが充分に幸せになったとき、この魂は、もう生まれ変わることをやめます。

なんてことを言いだすと、ある種の、「輪廻転生感」が導き出されるかもしれません。

「すべての魂は、なんらかの目的を持って生まれてきて、その目的を達成するまで何度も生まれ変わるのだ」

などと。

まぁ、生まれ変わりがあるのかどうかは、現世を生きる私たちにはわかりませんが。
私は、個人的に、「ある」と信じています。

だってさ~、同じ魂なのに、不公平だと思うんだもん。

とりあえずは衣食住が足りててさ。(いろいろあったとしても、とりあえずは)70歳以上まで生きる人間と、
生まれてすぐに飢餓のために死んじゃう子ども、
親から虐待されて死ぬ子どももいます。
もっと言えば、生まれてすぐに車に轢かれてしまう子猫とかを見ると、

「こりゃ~、生まれ変わりがないと、あんまりにも不公平だよな」

って思ってしまうんですよね。

そんなわけで、私は、「生まれ変わりはある」に一票を入れてますが、実際のところはわかりません。

だって、自然って不公平だもんね(^^ゞ

ただ、私は、自分で選んだわけではないかもしれないけれど、すべての魂の中の、「幸せな、上部1%ぐらい」のところに……いや、「0.000001%ぐらい」かもしれない。
シラミとかダニとかにも魂があるのならば。
……とにかく、ごくごく幸せな環境に生まれてきたので、そこに安穏としていることに、なにがしかの罪悪感みたいなものを感じてしまうわけで。

だから、「生まれ変わりを信じる」ことで、その罪悪感から逃げてるのかもしんないですね。
卑怯かしら(^^ゞ

キリスト教では、多分、生まれ変わりっていう概念はないと思いますから、魂をとられたとしても、天国に行けないとか、地獄に落ちるとかそういう話しになるんだと思いますが。

上記、「魂を担保にした金貸し屋さん」は、商売になるんでしょうか(^^ゞ?

まず、国民のほとんどが、「魂をとられる」ことを恐怖してないとダメだしさ~。
んでもって、そのうちのほとんどが、「この業者は魂を抜くことができるんだ」って信じてないとダメなわけでしょ?

商売になるのかなぁ???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいニュースですね。

ホントに魂なんて、どうやって???????

私も生まれ変わり信じます、派ですが、友人が今回の一生は、そう望んで生まれてきた、と言ってたのにはちょっと疑問。

70歳まで生きる人がいれば、虐待されて死ぬ子どももいる。
でも、生まれるときにそういう人生を選んで生まれてきたんだって、友人が言ってました。

いや、選べるなら、そりゃ長生きにほうがいいやん!です。

望んだ人生

輪廻転生については、いろいろな考え方があるみたいですね。

以前、「あなたの前世は白犬でした」って言われたことがありますが、「人間は人間以外には生まれ変わらない」って言う人もいます。

Keikoさんのお友達みたいに、「生まれてくる前に、次の自分の人生を選べる」っていう人もいるようですし、「まったくランダムに生まれ変わる」っていう考え方もあると思います。

ちょっと話は変わりますが、
「本気で望めば、その願い事は必ず叶う」
っていう説がありますね。ジョセフ・マーフィーでしたっけ。

でも、満足な栄養を与えられずに死んでしまう子どもに対して、そんなことを言ったら怒られてしまいますよね。
「お腹いっぱいご飯を食べたいっていうのが、本気の願いではないというのか?」
って。

自分の意志や希望で変えようのない人生もあるわけで、すべての生き物が、何度も何度も生まれ変わるのだとしたら、こういう本当に過酷な人生を一度は経験せずにはすまないのかなとも思います。

一度は選ばなくてはいけないのならば、「早い方がいい」とか「遅い方がいい」ってぐらいは決められるかもしれないですね(^^ゞ

なんにせよ、もし生まれ変わりがあったとして、やり直しが効くのだとしても、今のこの人生も、精いっぱい生きたいなと思ってます(#^.^#)
そして、私たちは少なくとも、「真剣に願えば叶えられる」と信じることができる人生を与えられていると思うので、自分たちの人生が、最上の幸せな人生になるよう、力いっぱい、祈りましょう!

Keikoさんも、私も、この先もずっと幸せに生きていけますように!
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。