スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コピーはオリジナルに劣るらしい

ときどきあるんですよね(^^ゞ

過去の記事を参考にするため、過去記事を上書きする形で原稿を書き、
集中して、バババッ!!と原稿を書き上げて、「うぉしゃ!!」と……

そのまま上書き保存しちまうってことが(T_T)

元の原稿が、すでにクライアントに提出済みのものならば、なんてことはないんですが、それが提出前のものであった場合、

「ぎゃぁああああああああっ!!」

つぅて書きなおすことになります。

そして、そういう場合、大概は、
「元の原稿の方が、いい出来だった……(>_<)」
ということになります(^^ゞ

オリジナルとコピー。
両方とも同じ人間が書いても、なぜかオリジナルの方が出来は良いような気がします。

ましてや、他人のコピーなら……

あ、こないだ、大槻ケンジが、井上陽水の「氷の世界」をコピーしてるって聞いたんですが、これはすっごく聞いてみたいです(笑)
でも、この場合は、厳密には「コピー」じゃないですよね。

「コピーバンド」って言い方しますが、その場合も、大概は「コピー」じゃなく、単に、誰かメジャーな歌手の歌を使ってライブをやってるだけで、そのバンドにはそのバンドの個性があることが多いと思います。
そうじゃなきゃ、コピーバンドに人気がでないと思うし。


ってことで、昨日気になった記事は、これです↓↓↓
「ライ麦畑」続編、出版はダメ=サリンジャー氏の主張認める-米地裁

つまり、他人が、作者になんの断りもなく、「ライ麦畑でつかまえて」の続編を書いちゃった、と。
んでもって、作者がご立腹!!

という話ですね。

「続編」の作者(J.D.カリフォルニアだそうな、バカにしとんなぁ(^^ゞ)は、「パロディーだ」って言うてるらしいけど、内容は、「つかまえて」の主人公・ホールデンの60年後を描いたような内容だってことだし……。
なにより、「続編」のタイトルは、「60年後 ライ麦畑を通り抜け」だそうだから、そりゃいかんやろ(^^ゞ

つぅか、私はこの主人公、25歳ぐらいで死ぬんだと思ってました(←勝手に続編書くよりひどいかも(笑))

ただ、この記事を読んで、ちょっとひっかかって思い出したことがあります。

子どもの頃、シャーロック・ホームズが好きだったんですよね。
大人になって読み返してみると、
「ハビバ?!」
と、北斗の拳の悪役並みの奇声を発してしまいそうになるぐらい、チャチ……もとい、単純な話に思えたりしましたが、小学生にとっては、「角砂糖のような綺麗な細工箱に針がねが仕込んであって、その先に毒が塗ってある」とか、「呼び鈴をひいたらそこから毒蛇が」とかが、ものすごくスリリングだったんですよね。

だから、図書館で、
「ルパン対ホームズ」
という本を借りて、そこに描かれているホームズが、やたらと俗っぽく、つまんねぇ男だったときには、

「なんじゃこりゃぁ?!」

と、松田優作してしもたです。

その上、作者名をも一度確認してみたら、

「モリス・ルブラン」

だった日にゃぁ……

「おどりゃどこのガキじゃ、ワンパターンにいつもいつも金髪美人かこのこのボンジュール野郎が!!」
と、意味不明の罵倒とともに、地団太踏んでしまっても仕方のないことでございましょう。

当時は知らなかったのですが、この作品は、当然のように、ドイル氏の逆鱗に触れ、厳重な抗議を受けたそうです。

で、ルブランがどうしたか。
主人公の名前を変えたそうです。
エルロック・ショルメ(Herlock Sholmes)に。

シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)と、エルロック・ショルメ(Herlock Sholmes)。


……………………………………

うぉほほほほほほほほほほほほほほほほ!!!!!!

でも、なぜかこれで、ドイルは沈黙したそうです。
なんでや(^^ゞ


ルブランはこの作品を書いた当時、まだほぼ無名に等しかったと言います。
そして、この作品のせいだけではないでしょうが、その後、「怪盗ルパン」は人気キャラクターになっていくんですよね。

フランスとイギリスって、100年戦争してますからね~~~……。
でも、こんなところで喧嘩せんでもええやんねぇ(笑)

ちなみに日本では、ルブランが主人公名を「ショルメ」に変えてからも、「ルパン対ホームズ」のまま翻訳されてます。
理由は、「日本人はアナグラムに慣れてないから」とか、「古くからの慣習だから」とか、「その方が売れるから」とか……いろいろ言われてますが、多分、三番目のが正解だと思います(笑)

そんなわけで、私は「ライ麦畑」よりも、「ルパン対ホームズ」の方が気になって仕方ありませんねんわ。

だって、「ライ麦畑」の場合もですよ?
もし、この「続編」の作者が、タイトルを、
「大麦畑を通り抜け」
に。

主人公の名前を、
「ボールデスネン」
に変更したら、サリンジャー氏は許すんでしょうか(^^ゞ

そんな問題じゃぁ、ないよねぇ?????
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。